甲府Jeep運搬キャラバン

広島から甲府までVFKさんの4tトラックでQPJさんのOld Jeepを運搬します
時間が余り取れないので二日間で往復することに
VFKさんとの二人旅
昔の知り合いを巡ったり・・・・・ウロウロ
二日間でしたが1週間旅をしたような気分です
またリフレッシュして・・・いろいろと

Old Jeepを4tトラックで運搬(広島~甲府) 中央道の駒ヶ根SAで

伊吹山を見て

2010/03/14 2時半に出発、甲府には14:30に到着
Jeepを引き渡してから蓼科高原へ
2010/03/14 10:00

夕日が見えて気持ちがよい

蓼科高原の小斉の湯でちょっと温泉
25010/03/14 18:30

ペンション”ひこう船”

蓼科高原のピラタスの丘にあるペンションひこう船で14日は泊まります
2010/03/14 20:00

おはぎざんまい

15日は安曇野の陽子さんの家にちょっと寄って
2010/03/15 10:00

お湯では眺められない

中央道の伊那Icを出て、みはらしファームに寄り道
みはらしの湯です
2010/03/15 14:00

タイヤ交換の準備

なんと雨の山陽道で前輪タイヤのバースト
もうすぐ広島なのに
事故がないのが一番
2010/03/15 22:00

雨の高速道路でタイヤがバースト

雨の中の高速道路

22:10頃に山陽道で4tトラック(Hino レンジャー)の前輪が轟音とともにバースト
甲府から中央道、新名神、山陽道と走り、岡山を過ぎて早島ICの手前でした
今までの大雨が少し小雨になっていたときです
なんとかトラックをコントロールさせて路肩に、すぐ非常電話で連絡し、自力でタイヤ交換は無理なのでレスキューを頼みます
しばらくすると道路パトロール車が通りがかりしばらく待機してもらいます
23:10レスキュー車が到着、雨の中無事にタイヤ交換が終わり帰ることが出来ました
大事故にならずにホッとしました、タイヤのバーストは初めての経験です
»続きを読む・・

広島から甲府へ

12:50 中央道駒ヶ根SAで

12:20 中央アルプス空木岳を見ながら走行

QPJさんのOld Jeepを甲府までVFKさんの4tトラックで輸送します・・・朝、2時半に起床、3時半には山陽道広島東ICを通過、名神から中央道を走り、14:30頃には甲府昭和ICに到着、輸送先の駐車場に
しかしこのJeepは気まぐれ、エンジンが快調に起動しませんね
相手先のお店で少し話をして、16:30甲府から蓼科の友人のペンションに向かいます

16:44 八ヶ岳を見ながら蓼科へ

»続きを読む・・

オールドJeepの運搬

QPJさんはJeepの前で名残惜しそう

今週末にはどうやら仕事も一段落、落札されたJeepは普通の人はやはりエンジンをかけることが出来ず、キャリアカーと船とを乗り換えながら甲府まで運送するのは無理のようなので、VFKさんの4tトラックで運搬する予定
今日は事前にチェックに行きます、やはり少しエンジンはかかりにくいですね
長い間ほっておくと燃料が少し下がっているようです
ようやく始動させて暖機運転、念のため6Vバッテリーを充電するため持ち帰ります
金曜日の夕方にN自動車からAbe駐車場にJeepを移動させます
土曜日(3/13)の夕方にトラックに積込み、日曜日(3/14)の早朝に出発の予定
たぶん夕方には甲府に到着するでしょう
運搬にはVFKとTAMの二人で行きます
日曜の夜はどこか温泉で泊まりたいですね、月曜日(3/15)には広島に帰ります
明日はTAMは下関に移動して仕事
»続きを読む・・

Jeep CJ3B燃料ポンプ部品

年式不明の古いCJ3B

取り寄せた燃料ポンプのダイヤフラム

Jeepの燃料を送るダイヤフラムが老朽化して燃料を送らなくなりました
いろいろ手を尽くしましたが、なかなか改善しない
しかし、なんと三菱の部品部門に問い合わせると、S32頃のJeepの部品がありました
さっそく取り寄せて修理を依頼します
»続きを読む・・

CJ3Bの修理

無理をお願いして修理中  写真は携帯のカメラなのでボケボケ

CJ3Bは無事にオークションで落札されたのですが、キャリアカーに積み込むときに、やはり燃料ポンプの不調でエンジンが始動しません
不動車の運搬は通常価格の3倍もかかるとのことで、置かせていただいたN自動車さんに無理をお願いして、燃料ポンプを取り外してもらいます
ハリケーンエンジンについている燃料ポンプはエンジンのマウント金物に近いため通常の工具ではボルトを回すことができないのであきらめていました
さすがに整備工のプロですね、工具を作りながら1時間かかって取り外していただきました
これからゴムが疲労している、ダイヤフラムの修理をしなければなりません
パーツは簡単に手に入らないのでゴム板を見つけて自作する予定
ダイヤフラムは繊維入りの耐油ゴムですので、同じような品物をゴム専門業者に探してもらうことにします
またJeepのパーツで似たようなダイヤフラムがないか確認することに
明日と明後日はTAMは大阪に出張なので探しをSDKさんに依頼
»続きを読む・・

6Vバッテリーが手に入りました

EC-133 GERMAN 6V VINTAGEタートップバッテリー77A

QPJさんのCJ3BのJeepは電源が6V電装です
2年前にBOSCHのバッテリーをかなり無理して手に入れたようですが、今回急に不調になってしまいました
見てもらうと、どうやら三つある槽の一つが電圧が出ないようです
ネットを探してようやく販売している店を見つけたので購入しました
ドライバッテリーなので電解液を注入すると反応が始まります
しかし、充電は十分ではないと言うことなので充電をします
お店はFLAT4さんですhttp://www.flat4.co.jp/

木炭車のJeep

後ろに大きな釜を積んでいます

なかなか程度は良く実働車ですね

岩国の錦帯橋がある公園から岩国城にロープウエイがありますが、その横に2台Jeepの木炭車が置いてあります
保存状態は可なり良く実働車のようです
ちょっと珍しいので、Jeepクラブのメンバーとしては興味をそそられます
»続きを読む・・

ウィルスジープCJ3Bの修理

排気管の左下が燃料ポンプ

年期が入った左ハンドル

CJ3Bは燃料ポンプのダイヤフラムがひび割れて燃料を送らなくなっています
昨年、ゴムを上にカバーして燃料が遅れるようになったのですが、耐油性のゴムシートでないため、またも不調に・・・今回再びゴムシートをシリコンシートに交換してみます
結果は失敗です・・・シリコンシートは変形に弱く、すぐ働かなくなりました・・・・やはり耐油のゴムシートを購入しなければ

»続きを読む・・

カイとJEEPで散歩

生産最終型のJEEP インタークーラーターボ

生産最終型のJEEP インタークーラーターボ


今朝はVFKさんのJEEPで元宇品の森に散歩です
TAMのMPVは忘年会の見送りに使いましたので、しばらくVFKさんのJEEPに
今週から寒波で寒くなるとのことでしたが、そんなには広島は感じませんね
カイはJEEPの大きなエンジン音におっかなびっくり
カイは助手席で不安そう

カイは助手席で不安そう

オールドJeep CJ3Bがついに起動

CJ3Bはお疲れ

CJ3Bはお疲れ

QPJさんのCJ3Bはなかなかエンジンがかかりません
原因は分っているのですが、燃料が送られてこない
日曜日にSEI、SDK、TAMで燃料系統の整備にチャレンジします
一番の原因と思われる燃料ポンプの配管を外してチェックしますが、どうも配管が詰まっているようですね
仕方なく運転席の下にある燃料タンクを取り外して清掃とチェックをしまが、さすがに年代物かなりの傷み状況
タンクにはなぜかタール状の不純物が堆積、燃料の吸引口が詰まっています

燃料ポンプを解体

燃料ポンプを解体


»続きを読む・・

オールドJeep CJ3Bの修理

CJ3Bのハリケーンエンジンのキャブ

CJ3Bのハリケーンエンジンのキャブ

なかなか年期のはいった運転席

なかなか年期のはいった運転席

QPJさんのオールドジープのCJ3B改J10はようやくエンジンは廻りましたが(2009/09/13)、その後また回らなくなったので、今週また点検と修理をします

»続きを読む・・

オールドジープCJ3Bの整備

車庫から出して・・

車庫から出して・・WILLYXと打ち出しのフロントグリル

QPJさんのCJ3BをTAMの車庫で長い間預かっています
もう1年以上かな? 運搬中にエンジンの起動を試みましたが失敗、そのまま眠りについています
邪魔になると家族からのブーイングもあるのと、あまり長い期間動かしていないと本当にさび付いて動かなくなってしまうことになりそうです
今回は長い眠りから覚ますために、SDK、SEI、TAMでチャレンジします
すっきりとした秋晴れの日曜ですね
日の目を見たCJ3Bはやはりかなりおつかれのよう

さてJEEPの整備も久しぶりです

さてJEEPの整備も久しぶりです

»続きを読む・・

QPJのJ10を運搬

己斐の旧QPJ邸に放置してある、J10改J3Rもどきのエンジンを動かしに行きましたが、バッテリーが新品でも無理でした
キャブをばらして清掃する必要がありそうです
ブレーキシリンダーも錆付いてロックしてしまい、ばらして誤ってQPJさんがペダルを踏んでしまい、ブレーキオイルが漏れてアウト
動かすまではまだ時間がかかりそうですね
TAMの車庫まで牽引して帰ると、家にはVFK夫妻が
一緒に夕食をして遅くまで話が弾みました

JeepでR22のガソリンを運ぶ

R22の私設飛行場で

R22の私設飛行場で これから北海道に出発です

朝から広島空港でR22用のガソリンをドラム缶1本っ購入して千代田のVFK邸に
これからR22に燃料をついで北海道キャラバンに

ガソリンを積んで

H-J58にガソリンを積んで

»続きを読む・・

AWLメンバー最後のJeeping

3台のJeepはこれが最後


久しぶりにJEEPingを、豊平から大朝へ晩秋の芸北路を楽しみました
朝はちょっと寒かったけれど、11月にしては暖かい一日でした・・・・・・ 豊平の道の駅から龍頭山登山、大朝の天狗シデを見て熊の城山をちょっと登り、天狗の里の五千年風呂に、 遅い食事をして千代田のだいどう彫刻村でちょっとしたオフロードを楽しんで5時に広島に帰りました

»続きを読む・・

三瓶山キャンプと山陰温泉ざんまい

仁川キャンプ場で

仁川キャンプ場で

GWの前半はキャンピングカーで信州を走り回りましたので、後半は滞在型で楽しもうということで、八幡高原にある、すばらしい環境の 仁川キャンプ場で、ゆっくりと2日間滞在しようと計画、良い天気の下寝転んで本を読みながらSDK夫妻の到着をSEIさんと待っていました

仁川キャンプ場

仁川キャンプ場でのんびりと

臥龍山へ

臥龍山へ

さて夕方に遅れて到着したSDKさんのJeepで温泉(オークランド)でゆっくりして、翌日は臥龍山の山歩きにとゆっくりと過ごしましたが、
なんせ貧乏性が身に着いたのか腰が落ち着かず、3日目は時間を持て余し我慢できず次の場所に移動することに、

粕淵の江ノ川河原で昼食を

粕淵の江ノ川河原で昼食を

あてもなく山を越えて島根県に粕淵付近の江の川で河原に車を乗り入れ昼の食事を、静かでゆっくりとした時間を楽しみ三瓶山に向かいます

三瓶山の東の原から、三瓶山を縦走して、三瓶温泉で汗を流し、西の原にキャンピングカーをセット

三瓶山の東の原から、三瓶山を縦走して、三瓶温泉で汗を流し、西の原にキャンピングカーをセット

誰もいない広い草原で一泊、朝6時からすぐ近くにある簡保の宿で朝風呂です

鰐淵寺を散策

鰐淵寺を散策

さて翌日は三瓶山から出雲の日之岬へ、島根半島の日本海側をドライブして、鰐淵寺を散策し、帰りにオープンしたばかりの斐川美人の湯に入り帰りました
斐川の美人の湯は内湯が山陰産の来待石造りです、周りが林に囲われた、大きな露天風呂がありなかなかGoodでした

吾妻山雪中行軍

東山の駐車場で雪中キャンプ

東山の駐車場で雪中キャンプ

三次TRY-Xの雪中行軍に参加しました、今回は吾妻山の駐車場で雪中キャンプ
我がAWLからはTAM、SDK、SEI、JSW、QPJ+1で参加
久しぶりに皆さんと歓談して楽しい夜を過ごしました
夜の雪の山道でロデオでテールスライド走行の果てに側溝に落としてしまい、福山のスタックスさんにウインチで救助してもらいました
»続きを読む・・

AWL雪中行軍

snow1999雪中行軍をしました、雪不足で十方林道を走破することができました
しかしあまり面白くありませんね
昼の食事のときにGYCが到着しました

日出生台と阿蘇のJeeping

今はもう入れない日出生台の自衛隊演習場で

今はもう入れない日出生台の自衛隊演習場で

AWLでは毎年九州の日出生台にJeepingをしていた
この年(1994)がすべてのメンバーでツアーを行った最後となった

日出生台で

日出生台で

思い切り走る

思い切り走る

»続きを読む・・

ナタリーにJeepで

広島ナタリーの駐車場で

広島ナタリーの駐車場で

VFK家族、SDK家族、TAM,SEIでナタリーで遊び、夜はプールで
Jeep三台でゆきました

夜はナタリーのプールで遊びます

夜はナタリーのプールで遊びます

AWL日出生台Jeeping ランクルで大谷渓谷

山下湖のススキの草原

5月連休の大谷渓谷発見の衝撃は大きく、さっそくクラブ員に宣伝して9月に再アタックすることになりました
今回はTAM/VFK/JSW/SDK/SEI/XZB/QPJが参加
なぜかQPJは人から借りたランクルにお供の女性2人を連れて参加
JEEPはVFKのJ57/SDKのJ58/SEIのJ59の3台
前回と同じように国東半島の竹田津港から大谷渓谷に向かいます
大谷渓谷とヤマナミハイウエイから山下湖畔のススキの草原の林道を走り回り、由布院で宿泊します
翌日は佐賀関からフェリーで四国佐田岬の三崎港に渡り出石寺を通過して松山からフェリーで広島に帰ります
»続きを読む・・

湯來の伏郷にある団栗亭で(1988/11)

AWLのキャップを被ったメンバー JSW、QPJ、SDK、USB、GYC、TAMが写っている JSWのパジェロが新車

1988/11/25吉和に建設したAWLの山小屋からの帰り、湯來の伏郷にある団栗亭で食事をしたとき、偶然にJSWさんとお会いする
この頃はまだJSWさんはAWLには所属して間もない頃
店の前で写真を撮った
左の乗用車はSEIのスバル LEONEだと思う
しかし、写真に写っていないのでSEIが撮影したのだろう
そこには、今は亡きUSBさんの笑顔が

ちょっとスキャンの品質が良くない

篠原林道トライアル(1988/09)

篠原林道の途中で JeepはTAMのHJ-58 電動ウインチは外してスノウプララウ取り付け用のステーがバンパーに

1988/09/25三次のTRY-Xのメンバーが広島に遠征してきたので、AWLのメンバーと一緒に、吉和から佐伯に抜ける篠原林道を走る
途中には橋が2個所落ちていたり、林道は雨でかなり荒れた場所が多くウインチも多く使うことになる
当時は絶好のオフロードコースだった
写真からTAM、QPJ、SEI、SDK、JND、KHBなどが確認できる

篠原林道MAP

»続きを読む・・

Jeepでびっくり橋(1983)

びっくり橋を渡ったところで 子供たちも小さい、Jeepの荷台にしがみついて乗っていた まだ30代の前半

湯來からも吉和のもみの木森林公園に通じる道には、我々がびっくり橋と呼ぶ橋があった
Jeepでちょっとスピードを上げて走ると、橋を通り過ぎるときにちょっとジャンプをしてびっくり
この頃はまだ、もみの木森林公園はなく、競走馬を飼育する東山牧場が広がっていた
牧場はもう営業をしていなかったのでJeepingには最適の場所であった
この道を登って、吉和へ抜ける峠にAWLの山小屋があった