Gopro Hiro7 とケース

ケースに入れたGopro

北海道キャラバンのために購入したアクションカメラのGoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW、大きさは小さいが4K60ビデオが撮影でき、強力な手振れ機能がついている

購入したハウジングケースとGopro

SDカードケースを購入

今回、ハウジングケースを新しく購入、PULUZ Goproケースアルミニウム合金ハウジングケース 52mmUVフィルター&付き、このケースとUSBケーブルが取り出せる
また、SDカードとSDカードケースも購入SDカード:SanDisk 128GB microSD Extreme PRO microSDXC A2 SDSQXCY-128G-GN6MA
»続きを読む・・

動画の再編集

盆から8月の後半まで、久しぶりにのんびりとしました
かねてから気になっていた、北海道キャラバンや過去の動画の再編集してYouTubeにアップするために、更にいろいろと調べました
動画はやはり編集に手間取りますね・・・熱心に作成すると1本/日ぐらいかかる

»続きを読む・・

白寿のためのビデオ編集

新しくビデオ編集ソフトを購入

今週の日曜日は母親の白寿の祝を開催する・・バタバタと準備をするが、ビデオを上映することに、昔の写真や古い映像などを整理してビデオを作るが、時間が足りない・・・なんとか20分ほどのビデオにまとめ上げた

若い頃の写真を中心にビデオを作成

今まではAdobe Premiere Pro CS6を使っていたが、新しい4Kなどには対応していないので、Wondershare Filmoraを購入して編集、なかなか使いやすい

ビデオの編集

Adobe Premiere Pro CS-6 編集画面


iPhoneやカメラで綺麗なビデオが撮影できるので、久しぶりにビデオの編集をしてハロン湾のクルーズを編集してみた
形式や品質などは大きく変わって、最近はHDから4Kと変化しているが、古い編集ソフトでは追いつかない
Adobe Premiere Pro CS-6でどうやら編集が出来た
ビデオの編集にはいつももながらかなり時間がかかる

夕方から比治山のクライアントで日報ソフトの導入説明会をする

アナログキャプチャーのためWindowsXPのPC組立

テストベンチ台でのマザーP43-ES3G に取り付けたCanopus DVStorm-rt の巨大なビデオ編集ボード

アナログのHi8の8mmビデオフィルムをキャプチャーするために、安いキャプチャー用の機器を購入しましたが、映像がお粗末で見るに堪えられない
しかたなく一度退役させた、カノープスのDVStorm-RTを復帰させることに、この編集ボードは優秀でしたが、元々はWindows98のもの、XP用のドライバーは提供されましたが、安定性に問題がありました・・・当然、Windows7では使い物にならない

手持ちのマザー(Intel DG965SY)とCPU(Core2Duo E6400)を使って、テスト用のHDDにWindowsXPをインストールしますが、何故か安定しない・・・しばらくすると起動しなくなったので、マザーの故障を疑い、中古のマザー(GIGABYTE P43-ESG)を購入してセットするが、起動せず
原因は電源(Antec Neo HE500)でした
別のサブ機の電源を交換してWindowsXPをインストールして、DVStorm-rtのXP用のドライバーをインストール・・・アプリケーションもインストールするが、なかなかすんなりと認識しない ・・・四苦八苦してどうやらアプリの編集画面が表示されました
»続きを読む・・

ELMOの8mm映写機を修理

ようやく動いて映像が見えた映写機 スクリーンが不要で明るい場所でも、TVのように鑑賞できる

落札した映写機は予想通り(?)、プーリーを回す二つのゴムベルトが腐って切れていた・・・古いベルトはコールータールのように引っ付いて真っ黒・・・プーリーを掃除したいがうまく行かない
新しいベルトはゴム紐を半田ゴテで熱して熔着させて、二つ作成、セットして、にわか試写会

リールのプーリーへ作ったベルトをセット

»続きを読む・・

ELMOの8mm映写機を落札

落札したELMO映写機 スクリーンが無くても映写できるプロジェクターがついている珍品

遠い昔の8mmフィルムがまだ残っている
ある程度はDVD化が終わっているがまだまだ大量のフィルムが残っている
珍しいELMOのプロジェクター型の映写機がオークションにあったのでなんとか落札(¥7125)
今日で三日間のセミナーは完了
来週はようやく予定が無い・・・また趣味の世界に・・・・

まだ残っている大量の8mmフィルム

»続きを読む・・

古いHi8ビデオフィルムをパソコンにキャプチャー

アナログのHi8フィルム編集機 左がPCのモニター、右がTVモニター

手持ちのDVテープをパソコンにキャプチャーすることがほぼ完了したので
思い切ってもう20年前の、Hi8ビデオフィルムをキャプチャーすることにします
倉庫にお蔵入りしていた、アナログのHi8編集機を引っ張り出して清掃・・・動くかな?
内部を少し清掃、異音は出ますがなんとか片側(Player)は再生できそうです
使える(Windows7)アナログのビデオキャプチャーが 無いので、¥2900でUSBタイプを購入・・・mpg形式ですが、綺麗にキャプチャーできました

大量のHi8フィルム

長い間、使っていない編集機

»続きを読む・・

こどもの日はVideoのキャプチャー

夕方に太田川の護岸を散歩


良い天気のこどもの日ですが、どこも出かけず
夕方に川土手にカイの散歩・・・護岸は3月末で新しくなったが、あまり良いとも思えない、昔の草ぼうぼうがカイは喜んだのにね
さて、パソコンのキャプチャーが快調に動くようになったので、多くのDVテープをパソコンにキャプチャーします
ソフトはAdbe Premiere Pro CS4を使います
時間がかかりますね、今日は2001年代を重点的にキャプチャー
思いがけない映像があってそれが楽しみ

パソコンに映像を取り込みます

DVミニキャプチャーポート

DVミニポートが付いたアダプター

GWは家で部品の整理・・・実は物を探すと自然に整理することになる
ボックスにラベルを貼り、気になっていたPC部品類の整理をする・・・するとDVミニ接続用の端子が付いたアダプター(IEEE1394a  4pinポート:ミニDVポート)を発見
これを今まで店で探してなかったのに、家にあったとは・・・やはり、整理整頓、5Sは大切です
さっそく、サブPCに組み込んでDVカメラからVIDEOがキャプチャーできるかテスト
メインパソコンには、購入したDVミニキャプチャーボードを組み込んだが、最初は良かったが何故がその後、キャプチャーができなくなった
Windows7 64bitと相性が悪いのかもしれない
サブPCはWindows7 32bit、今回はどうやらキャプチャーができたが、操作をしているとキャプチャー用ソフトのAdbe Premiere Pro CS4がフリーズ
AdobeとWindowsは相性が悪いのか?・・・と思ったが、バックでデータを転送中のため、負荷が多すぎたようだ、その後は昔のテープ(2001)を快調にキャプチャーする
»続きを読む・・

古い映像をDVキャプチャーで取り込み

IEEE1394aボード 4pinポート(ミニDVポート)がある

日本の一大事に、どうも遊びに行くような気分にもならないので、なかなか整理ができていない、昔のDVビデオや8mmビデオを保管できるように完全にデジタル化することにする
まずDVビデオからキャプチャーをやり直しをすることに、以前はカノープスの編集用ボードで取り込み編集していたが、そのボードもWindowsXPまではなんとか動いたが、それ以降はOSに対応していないため、使えなくなる
そのときにキャプチャーしたAVIファイルはカノープスのコーディックなので、通常のプレイヤーでは見ることができない(Adbe Premiere Proでは可能)
編集ソフトはAdbe Premiere Proがあるので、ミニDVがキャプチャーできるボードがあれば良いが、Windows7に対応するようなボードは探してもなかった
IEEE1394aの6pin形状のボードは多くあり、マザーにも標準で装備されているのも多いが、4pin形状はなかなか見つからない、しかしDeoDeoの売り場で偶然1枚見つける、店員に聞いても無いということであったのに・・・・・
さっそくPCに組み込んでPremiere Proからキャプチャーしてみると、成功!!、PC側からカメラのコントロールも問題なくできる
・・・その後何故か、キャプチャーエラーが発生、真おらない Windows7 64bitは相性が悪いのかもしれない
»続きを読む・・

久しぶりに映像を編集

Adobe Premiere Pro CS4の画面

映像の編集ソフトのパーソナル使用では最高峰といわれるAdobe Premiere Pro CS4を入手したので、その使い方をマスタースするために、昔の映像を再編集してYoutubeにアップロードしてみました
Adobeのソフトは少し癖があるので慣れるまでには少し時間が必要ですが、さすがに細かくいろいろなことが可能です
コーディックはすべて完備されて所有の古いコーディックにも対応、さすがです
»続きを読む・・

Adobe Premiere Pro CS4で映像をエンコード

Adobe Premiere Pro CS4

Adobe Premiere Pro CS4

8パイプラインがフルロード

8スレッドがフルロード

Adobeの映像編集ソフトであるPremiere Pro CS4でエンコードをしてCorei7-860のCPU温度を計測視することにする
さっそく適当な映像を編集してエンコードするとCorei7-860の4コア8スレッドの処理パイプラインがいきなりフルロードとなり、エンコードの間フルロードが続く・・・・CPUのコアの温度はうなぎ登り・・・ちょっとベースラインの2.8GHzを3.3GHzのオーバークロックしていることもあって、エンコード開始から数分で85℃以上となり、慌ててエンコードを中止した
これはCPUクーラーの仕様とフアンを変更せねば・・・・と、また物欲の買い出しに・・
»続きを読む・・

Videoのテスト

昔のビデオを整理し直してブログへアップするためのテストです
YouTubeを使って映像を埋め込んでみました・・・ちょっと画像は粗いがまあ許容範囲か・・
使った動画変換ソフトが体験版なので3分までしかエンコードできませんでした(AVIファイル→mp4)
»続きを読む・・