1 / 3123

姥乃湯の自炊部で宴会

ビールの後はワインで乾杯

ビールの後はワインで乾杯

鳴子温泉で異なった源泉が四つある姥乃湯の自炊部に宿泊、いわゆる湯治宿ですね、でも食事つきのプランです・・・さっそく温泉を堪能してから部屋で宴会、ビール、ワイン、ウイスキーと最後は良く分からなくなった
気がつくと布団の中に、翌日は喉が痛かった

硫黄泉

こけしの湯 硫黄泉

»続きを読む・・

素泊りの宿 きらく温泉 妙見温泉ざんまい

きらく温泉の朝湯 今日も素晴らしい一日になる予感

きらく温泉の朝湯 今日も素晴らしい一日になる予感

20年ぶりの訪問になりました・・山の斜面に大きな露天風呂があり、お湯が豊富に注がれています
山の中腹にある露天風呂は鉄分を含んだ硫黄泉で露天風呂は鉄分の結晶でギザギザ・・良いお湯でした
施設は鉄筋の古い建屋ですが、何も変わっていません
部屋にはコタツがあって、自炊のための共同の台所があります
宿泊は素泊まりで¥2960と格安、湯治には良いですね

温泉 ★★★★
妙見温泉郷の中心部で国道に面しています 1Fが駐車場になっています
温泉データ
泉質:炭酸水素塩泉で特にカルシウム、ナトリウムカリウムイオン・マグネシウム・アルミニウム含有量多し営業時間:10:00~16:00
入浴料金:¥500(露天風呂)
場所
鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4385
TEL:0995-77-2337
訪問履歴
1992/11/21
2013/02/20
関連リンク
ブレーザーで九州キャラバン
霧島野湯キャラバン(2013/02)

»続きを読む・・

元湯 丸山温泉 市比野温泉ざんまい

浴室の中央に湯船がある、お湯は掛け流しで熱い 横には川が流れている

市比野温泉は昔ながらの温泉町のようだが、今風の旅館やホテルはないようだ
共同湯は下湯と上湯がある、今回は川の横にある古い湯治旅館のお湯に惹かれて、湯治といっても宿泊施設らしきものはない

橋の横にユニークな看板と駐車場があるが、どこが入口かわからなかった
なんともいえない温泉の雰囲気・・・TAMは大好きな温泉だが、好みはかなり分かれるとこだろう・・・いつまでも残ってもらいたいお湯だが・・・

温泉 ★★★★
駐車場にある看板がすごいが、湯屋がどこにあるかわからない、小さな道を下った、川の横に廃屋のような湯屋がある
浴室は古いが浴槽は清潔で熱いお湯だった
温泉データ
泉質:単純泉 緩和性低張高温泉 52℃
営業時間:7:00~22:00
入浴料金:¥150
場所
鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野2295-6
TEL:
訪問履歴
2012/06/28
関連リンク
Audit薩摩温泉キャラバン(2012/06)

橋の横の駐車場にある看板

»続きを読む・・

般若温泉 吉松温泉ざんまい

浴槽は二つある奥は浅くてぬるい 多く地元の人が入浴 ガラス越しの浴室

宮崎から鹿児島に入ると吉松温泉郷となるが、周囲は田園風景で温泉場の雰囲気ではない
数少ない湯治場の温泉が般若温泉
他の、共同湯が¥250であるが、ここはちょっと高い¥300
奥にぬるくて浅い浴槽がある
窓が大きくて明るい
施設はかなり年季が入っている

温泉 ★★★
吉松温泉にある湯治もできる温泉
お湯は茶褐色でなかなかよさそう
浴室には多くの注意書きの札がぶら下げてあり、雰囲気をそがれる
温泉データ
泉質:炭酸水素塩水 55.5℃
営業時間:7:00~21:00
入浴料金:¥300
場所
鹿児島県姶良郡湧水町(旧吉松町)般若寺
TEL:0995-75-2334
訪問履歴
2012/02/18
関連リンク
宮崎Auditキャラバン(2012/02)

»続きを読む・・

北海道 道南温泉キャラバン二日目

オフレロ峠からの景観 山は紅葉して峠から上の木々は枯れている

登別での朝は早い、本館に朝湯に、外に出ると間欠泉が大きな音を立てて噴き出していた
朝食をいただいて、出発のころには大雨になっていた
登別温泉の上にある大沼に行くが、すごい雨で撮影もままならない
カルスト温泉を経由して洞爺湖に向かう・・・・途中に標高930mのオロフレ峠を越える・・・・天候は風は強いが一気に晴れてきた・・・洞爺湖温泉に入るが入湯意欲が湧くようなお湯がない
ここには昭和新山のトレッキングコースがあるが入場料が高いのであきらめる
今日の宿は濁川温泉の新栄館が予約できた・・・・ナビをセットすると高速道路を選択するが、海沿いの国道を走る
豊浦町にあるしおさいの湯で昼食と温泉、お湯は褐色のいいお湯
長万部までの海岸沿いの国道は何キロもまっすぐで北海道らしい雰囲気、車を駐める場所が少ないのでなかなか撮影はできなかった・・・・海岸から離れてしばらく走り15:30に濁川温泉に到着、入口にあるにこりこの湯でひと風呂
新栄館には16時に到着、またひと風呂
新栄館の今日の泊まりはTAMだけ・・・貸切ですね
温泉宿の御主人のおじいさんと食事をしながら歓談

登別温泉 大沼 大雨でたいへん

»続きを読む・・

植木屋旅館 兎口温泉 松之山温泉ざんまい

高い天井に、明治39年に創業時から受け継がれてきた湯舟  庚申の湯

湯沢から山を二つ越えて、松之山温泉郷の兎口温泉 町営の翠の湯へ来たが、あいにくポンプの故障で入浴できず植木屋旅館の内湯に入浴
昔からの木の湯舟は風情があって素晴らしい 

温泉 ★★★★
明治39年から守り続けている浴槽がある
古い湯治場の雰囲気を残した素朴な旅館宿 

温泉データ
泉質:含ホウ酸アルカリ食塩泉 赤渋色 37℃ PH8.0 地下300mから噴湯
営業時間:?
入浴料金:¥500
場所
新潟県十日町市松之山756-3
TEL:025-596-2040
訪問履歴
2011/08/20
関連リンク
公式ウエッブサイト
志賀高原温泉キャラバン(2011/08)

ちょっと濁ったお湯が注がれる 左は源泉 右は加熱

»続きを読む・・

栗野岳温泉 南州館 霧島温泉ざんまい

石造りの竹の湯

石造りの竹の湯

霧島から栗野岳温泉に、まずは裏山の八幡地獄に行ってみますが、雨の霧で視界が悪い
周囲全体が霧に包まれてぼんやりしています
まるで南州館全体が湯気の中のようですね
このような天気でも多くの入浴客が訪れていますね
南州館には二つのお湯と蒸気サウナが一つあります
今回は竹の湯と桜湯に入浴、AGAは蒸気サウナにも入ってきました
ここの温泉は西郷さんも湯治に来た歴史のある湯治湯です
転園の蒸気で蒸した鶏の地獄蒸しも美味しいらしい

温泉 ★★★★
西郷さんも逗留したという歴史のある湯治の宿
営業時間:8:30~21:00
入浴料金:湯 ¥500 1湯 ¥200
温泉データ
泉質 桜湯:硫黄泉 竹の湯:明礬緑礬泉
場所
鹿児島県姶良郡栗野町木場6357
TEL:0995-74-3511
訪問履歴・関連リンク
2002/02/09
2002/11/03
2002/12/23
2004/11/20
2009/04/04
南九州・指宿温泉キャラバン(2002/02)
霧島登山温泉キャラバン(2002/11)
AWL忘年会九州地獄キャラバン(2002/12)
霧島野湯探索キャラバン(2004/11)
アガと鹿児島温泉キャラバン(2009/04)

»続きを読む・・

霧島湯之谷温泉 湯之谷山荘 霧島温泉ざんまい

湯之谷山荘の玄関

湯之谷山荘の玄関

雨の中湯之谷温泉への林道を登って湯之谷山荘にゆく、玄関と駐車場に入るには、手前に大きなヘアピンカーブがあり、ロデオキャンパーでは数回切り返しが必要
多くの人達が入浴していた、やはりここの白濁した硫黄泉は素晴らしい
露天風呂の天狗の湯は外来入浴は不可となっていた
外来入浴の時間も大幅に制限されていた、また入浴料金も値上げされている

温泉 ★★★
湯治場の雰囲気がある温泉です
温泉データ
泉質:単純硫化水素泉46℃  炭酸硫黄泉(硫黄ラムネ泉)30℃の 2本で450L/mの湯量
営業時間:10:00~14:00(時間も大幅に短くなっていた)
入浴料金:¥500(2006年は¥400であった)
場所
鹿児島県姶良郡牧園町高千穂4970
TEL:0995-78-2852
訪問履歴
2006/05/03
2009/04/04
関連リンク
霧島野湯キャラバン(2006/05)
AGAと九州温泉キャラバン(2009/04)
公式ウェッブサイト

新燃荘 新湯温泉 霧島温泉ざんまい

混浴の露天風呂

混浴の露天風呂

霧島で硫黄泉といえば新湯ですね
みやま荘で朝湯をしてから立ち寄ります
新燃岳への登山口となる新湯は林道を少し入ったところにあります
ここも国民宿舎となっていて建物はいかにも湯治場といった雰囲気です
帳場で入浴料を払うと張り紙が・・必ずレシートを持っていてくださいと書いてあり、・無断で入浴する輩が多いのでしょうか?
・湯小屋は宿泊棟の前にあります・・内湯と大きな池のような露天風呂があります     

温泉 ★★★★★
白濁した硫黄泉がたっぷり
温泉データ
泉質:単純硫黄泉 57.3℃ PH5.4
営業時間:8:00~22:00
入浴料金:¥500
場所
鹿児島県姶良郡牧園町高千穂3968
TEL:
訪問履歴
1999/09
2000/08
2001/12
2002/11/02
2004/11/20
2008/12/22
関連リンク
高千穂登山温泉キャラバン(2002/11)
霧島野湯キャラバン(2004/11)
師走温泉キャラバン(2008/12)

»続きを読む・・

雲海閣 那須湯本温泉ざんまい

熱い白濁した硫黄泉が心地よい 旅館は古くからの湯治の湯らしい

那須湯本といえば鹿の湯の共同湯が有名ですばらしいのですが、あまりにも入浴客が多く落ち着けません
近くには外湯もあるようですが宿泊客しか入浴できないようです

鹿の湯のお湯を引き湯をしている旅館が何軒かあるようです・・そのうちの一つが雲海閣です
お風呂はかなり下った場所にあり浴槽は二つに仕切られて、片側は熱いお湯が多く注がれちょっと熱い 

温泉 ★★★★
白濁して硫黄がたっぷりの熱いお湯です
温泉データ
泉質:含硫黄カルシウム硫酸塩塩化物泉(酸性硫黄泉) 68.4℃ PH2.5
営業時間:8:00~21:00
入浴料金:¥400
場所
栃木県那須郡那須町大字湯本33
TEL:
訪問履歴
2008/09/23
関連リンク
那須登山温泉キャラバン(2008/09)

»続きを読む・・

清水屋旅館 柳沢鉱泉 那須温泉ざんまい

古風なタイル張りの浴槽に赤茶けたお湯

那須の裾野の深い森の中にある昔ながらの湯治宿
鉱泉だそうだがこのお湯はなかなかすばらしい
お湯の表面には白いカルシウムの膜が張っており入浴すると体にジンとくる、まさしく温泉という感じである
那須湯本温泉の乳白色の硫黄泉にも引けをとらないお湯だった
清水屋旅館もなかなか鄙びている
女将さんお話だと100年前から営業している湯治宿だそうだ

温泉 ★★★★★
カルシウムの膜が張っているお湯はすばらしい
温泉データ
泉質:含土類塩化物・重曹中性冷鉱泉
営業時間:10:00~16:00
入浴料金:¥350
場所
栃木県那須郡那須町高久乙1894-20
TEL:
訪問履歴
2008/09/23
関連リンク
塩原・那須登山温泉キャラバン
報恩温泉
那須湯本 鹿の湯
那須湯本 雲海閣

窓の外には彼岸花が咲いていた
こんなすばらしいお湯に誰も訪問しないとはもったいない
しかし柳沢鉱泉への道はわかりにくい・・林道のような道を走らないと行き着けない
那須の裾野は広くまだまだ森や林が多く残っていてわかりにくい
ナビが案内する道を無視して示す方向に向かって狭い農道や林道などを走り何とか到着できた
場所は別荘地として売り出されたが原野に戻っているような敷地の先にあった

»続きを読む・・

すずめの湯 清風荘 阿蘇地獄温泉ざんまい

すずめの湯の内湯は男女別です

すずめの湯の内湯は男女別です

すずめの湯に入浴、内湯で少し体を温めて、外の混浴となっている露天風呂に、白濁した硫黄たっぷりの泥湯は強烈ですね
あつめの湯は特に強烈に感じます、あとのお湯はぬるくゆったりと入ることができます

温泉 ★★★★
昔のよき時代の温泉宿の雰囲気が全体に漂っていましたが、最近雰囲気を壊してしまう新館が出来てちょっとがっかりです、泥湯が有名です
温泉データ
泉質:単純硫黄温泉硫化水素型
営業時間:8:00~20:00
入浴料金:¥400
場所
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327
TEL:09676-7-0005
訪問履歴
1996/04/28
1997/11/22(宿泊)
2000/02/13
2002/12/22
2003/09/13
2008/04/27
2009/03/30
関連リンク
公式ウエッブサイト
AWL忘年会南九州キャラバン(2002/12)
天草温泉キャラバン(2003/09)
AGAと九州温泉キャラバン(2008/04)
阿蘇桜キャラバン(2009/03)

»続きを読む・・

千原湯谷湯治場 三瓶温泉ざんまい

ちょっとぬるいお湯をゆっくりと味わいましょう

千原温泉は三瓶山南麓の谷間にひっそりとある湯治場です、半地下のような浴槽からはブクブクと源泉が炭酸ガスとともに涌いています
久しぶりに、冬の寒い季節に訪問しました、土曜日でしたが最初は誰もいない・・・すぐ、県外からお兄さんが、そして親子連れと余り広くない浴槽はいっぱい
底板の間からポコポコとお湯が涌いてきます

千原温泉は昔から「切り傷・火傷・慢性皮膚病」に特効の「療養専門」の温泉として知られています
昔からの古い湯治場です、私の88歳になるお袋が子供の頃入浴したそうです

温泉 ★★★★★
三瓶のお湯は赤茶けたお湯です
このお湯も源泉そのまま・・温度は35度ぐらい、ゆっくりと入っていると温まる
古くからある温泉です
温泉データ
泉質:含二酸化炭素-ナトリウム 塩化物・炭酸水素塩泉 高張泉
営業時間:8:00~18:00
入浴料金:¥500
場所
島根県美郷町千原1070
TEL:
訪問履歴
2004/10/10
2004/10/24
2008/01/19
関連リンク
三瓶周辺の温泉ガイド
冬の三瓶温泉ざんまいキャラバン
三瓶山虫取りキャラバン
千原温泉キャラバン
公式ウェッブサイト

»続きを読む・・

熊谷旅館 小屋原温泉 三瓶温泉ざんまい

ちょっとぬるい炭酸泉のお湯でゆっくりと

ちょっとぬるい炭酸泉のお湯でゆっくりと

建物はお世辞にも綺麗とはいえませんが、お風呂はなかなかです
浴室は4つあり、貸切で入浴することになります
お湯は三瓶独特の赤茶けた炭酸泉・・湯の花がこびり付いた浴槽や床はなかなか味があります

温泉 ★★★★★
鄙びた温泉旅館と年代を感じさせる浴槽と床がすばらしい
温泉データ
泉質:含二酸化炭素 ナトリウム・マグネシウム・カルシュウム泉 37.6度
お湯は体に小さな気泡が数多く付く食塩性炭酸泉
営業時間:9:00~21:00 朝が早い入浴場所はこの付近では貴重です
入浴料金:¥500 風呂は貸切ですが一人で貸し切っても¥500のようです
場所
島根県大田市三瓶町小屋原
TEL:0854-83-2101
訪問履歴
2004/10/24 訪問しましたが入浴を待っている人が多くあきらめました
2005/08/27
2008/01/20
関連リンク
冬の三瓶温泉ざんまいキャラバン(2008/01)
三瓶山虫取りキャラバン(2005/08)
千原温泉キャラバン(2004/10)

»続きを読む・・

大沢温泉 自炊部 花巻温泉ざんまい

大沢の湯は混浴です 対岸にある藁葺屋根の菊水館が見えます

また久しぶりに大沢温泉を訪問しました・・・今回は自炊部に宿泊します
花巻駅からは花巻温泉郷へのシャトルバスが運行されています・・いかにも旅籠という雰囲気の宿の到着します
この温泉は有名な湯治場でお湯はさすがに良いですね
すぐに大沢温泉の各お湯を温泉巡りします・・やはり大沢の湯露天風呂が一番ですね
食事は別料金で好きなものを注文します、昔ながらの旅籠の雰囲気は落ち着いてゆっくりと寝ることが出来ました
翌朝は朝風呂をゆっくりと楽しみます・・・・料金は二人で¥5000ほど

ここは混浴ですが以前は脱衣場も男女の区別が無く、女性にはかなり厳しいなと思っていましたが、脱衣場は別な場所が設置されていました
昔からの湯治場のお湯はなかなか気持ちがよい
自炊部で入浴出来るお湯は大沢の湯、薬師ノ湯、豊沢の湯の三つ

温泉 ★★★★
昔ながらの混浴の湯治場のお風呂はとっても良い
脱衣場はお風呂に面しています、女性の脱衣はちょっと厳しいものがあります
しかし勇敢な女性も多い
温泉データ
泉質:硫化水素泉(弱アルカリ性単純温泉) 当然お湯は掛け流し
営業時間:8:30~20:30
入浴料金:¥400(500に値上げ)
場所
岩手県花巻市湯口字大沢181
TEL:0198-25-2021
訪問履歴
2001/10/22
2007/08/09
関連リンク
大沢温泉公式ウエッブサイト
東北温泉キャラバン(2001/10)
北海道へロビンソンで温泉ざんまいキャラバン(2007/08)

»続きを読む・・

1 / 3123