北陸キャラバン五日目 越前から城崎経由で広島に

京丹後の小町の湯で一息入れて城崎温泉へ

京丹後の小町の湯で一息入れて城崎温泉へ

越前松山から福井の永平寺に寄り、舞鶴若狭道を走り宮津を経由して城崎温泉に、連休最後の日の渋滞にも巻き込まれましたが無事に20:30に帰宅、2150kmを一人で運転
KGAさんとは広島駅でお別れ

永平寺

永平寺


城崎温泉を巡ります

城崎温泉を巡ります


»続きを読む・・

北陸キャラバン四日目 金沢

千里浜でコーヒーを飲んで しばらくのんびり

千里浜でコーヒーを飲んで しばらくのんびり


高岡市の五位から宝達山を抜けようとしたが雪で閉鎖、少し遠回りで千里浜へ
昼食は金沢で能登牛のステーキ、金沢城、兼六園を歩き、夕方、金沢駅でOGAとは別れます
その後は越前松山で宿泊
千里浜で焼き貝をいただきます

千里浜で焼き貝をいただきます


越前海岸の夕焼け

越前海岸の夕焼け


»続きを読む・・

北陸キャラバン三日目 能登

能登の最先端 禄剛崎灯台 周囲の景観がきれい

能登の最先端 禄剛崎灯台 周囲の景観がきれい

氷見温泉から能登半島東側の海岸を北上する・・・和倉温泉、能登島、穴水、能登、珠洲、狼煙、輪島と回る
ランプの宿の周辺は聖域の岬となり青の洞窟パワースポットとして観光地化されていた
昼は海鮮丼とサザエのつぼ焼きで堪能

ランプの宿

ランプの宿

青の洞窟

青の洞窟

»続きを読む・・

北陸キャラバン二日目 富山

高岡市の国宝に指定されている高岡山瑞龍寺へ

高岡市の国宝に指定されている高岡山瑞龍寺へ 法堂から国宝の仏殿、右は禅堂

砺波から北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅でOGSさんと合流、宇奈月温泉のとちの湯に行くが、なんとまだ休業、仕方なく黒部川の日本海海岸で一息いれて金太郎温泉へ
滑川でホタルイカを堪能して、高岡の瑞龍寺、凧温泉とめぐり、氷見温泉のうみあかりで宿泊

海灯りの露天風呂

海灯りの露天風呂

金太郎温泉

金太郎温泉

曹洞宗 高岡山 瑞龍寺は加賀藩2代目藩主前田利長公の菩提樹として三代藩主利常公によって建立され、20年の歳月をかけて1663年に完成、江戸初期の禅宗寺院建築として評価されている
国宝は山門、仏門、法堂であり、重要文化財に総門、禅道、大庫裏、回廊、大茶道が指定されている。
»続きを読む・・

北陸キャラバン一日目 広島から砺波

庄川狭 長崎温泉 北原荘

庄川狭 長崎温泉 北原荘

一日目は広島駅でKGAさんと落ち合って山陽道、舞鶴若狭道、北陸道で砺波まで
山陽道では志和トンネルで多重事故で大渋滞、急遽・・広島東ICから志和ICまで下道で
高速道は車が多かったが、北陸道では空いている
天気もドライブ日和だったが一部で雨がパラパラ

福井の南条SA

福井の南条SA

快適なドライブ

快適なドライブ


予定通り砺波ICには16時過ぎに到着、少し離れた高台にある砺波ロイヤルホテルにチェックインして、温泉を探して出かける
庄川温泉郷に行ってみたが、もう一つなので更に山を上がって大牧ダムの上流にある長崎温泉へ

»続きを読む・・

北陸キャラバン

いよいよ明日から北陸キャラバンに
寒波の影響で北陸側は雨と雪のようですが、舞鶴道、北陸道は冬タイヤ規制は無いようです
週末にかけて天気は回復する様子ですね

2017/03/16(木) KGA 小倉 07:26→のぞみ6号→08:16 広島 広島駅新幹線口(北口)で待合せ ¥7740(JR)
 広島東IC 8:40==山陽道==11:40 神戸JCT=吉川JCT==舞鶴若狭道==13:50 敦賀JCT=北陸道187km=16:00 砺波IC  ¥12900(NEXCO)
砺波ロイヤルホテル 富山県 砺波市安川字天皇330 (TEL: 0763-37-2000)  ¥5500
 2017/03/17(金) OGA上野 06:34→はくたか551号→08:58 黒部宇奈月温泉駅で待合せ
砺波高岡スマートIC 08:00=40km=黒部IC==08:40 黒部宇奈月温泉駅
¥11650(JR)
¥1210(NEXCO)
黒部宇奈月温泉=18km=10:00 小川温泉 10:40=22km=11:10 宇奈月温泉 12:40=20km=13:10 金太郎温泉 14:10=北陸道40km==15:10 富山=42km=16:10氷見
その他の温泉 天然温泉海王(富山県射水市鏡宮361)/ 陽だまりの湯(富山県高岡市江尻478)/凧温泉 (富山県高岡市岩坪93) / 鯰温泉(富山県富山市今市3339)/庄川温泉(富山県砺波市 庄川町金屋3531)/城南天然温泉(076-491-300)
高岡山瑞龍寺
氷見温泉郷 くつろぎの宿 うみあかり   富山県 氷見市宇波10-1 (TEL:0766-74-2211) ¥14600
2017/03/18(土) 氷見09:00=30km=9:30 和倉 ひょっこり温泉 島の湯 10:10=90km=見附海岸=12:00 ランプの宿=禄剛崎=能登丼 今新=千枚田=50km=14:00 輪島 14:30=ヤセの断崖=義経舟隠し=増穂浦海岸==104km=16:30 高岡市
和倉温泉総湯 / ひょっこり温泉 島の湯( 石川県七尾市能登島佐波町ラ部29−1)/ ねぶた温泉 海遊 能登の庄/ のとじ荘 /
とやま・ふくおか家族旅行村 ロッジ山ぼうし 富山県 高岡市福岡町五位57-2 (TEL: 0766-65-1177) ¥10000
2017/03/19(日) 高岡市 09:00=千里浜=70km=古墳の湯=12:00 金沢市内観光16:00 金沢駅解散
古墳の湯(石川県羽咋郡宝達志水町石坂リ16-1)
ウェルネス能登路
OGA 金沢 16:09→はくたか570→19:06 上野
金沢 16:00=金沢西IC=北陸自動車道=72.8km=金津IC==17:30 越前松島
¥13910(JR)
リゾートホテル&レストラン なぎさ 福井県 坂井市三国町梶福井県 坂井市三国町梶(TEL: 0776-82-1031)  ¥5000
 2017/03/20(月)  越前松山 9:00=32km=09:50 福井IC=北陸道==509km=====17:00 広島  ¥10400(NEXCO)
KGA 広島17:23→さくら563→18:12 小倉  ¥7740(JR)

キャラバンの準備

乗員は3人なので、スタッドレスタイヤを後部座席に固定

乗員は3人なので、スタッドレスタイヤを後部座席に固定

晴れたり小雨が降ったりはっきりとしない天気の一日ですが、まだ寒波の影響があるようです
午前中はヒデの高校用体育衣類を注文しに観音へ、昼から娘二人に確定申告書の提出に基町クレド会場へ

紙屋町から帰ります 天気はくるくると変わる

紙屋町から帰ります 天気はくるくると変わる

買物をして、明日から北陸キャラバンの準備
北陸道は冬タイヤ規制ではありませんが、検討の結果、雪が心配なのでスタッドレスを積んでゆくことにしました

北陸キャラバンの計画(3/16~3/20)

うみあかりSCCの仲間と温泉キャラバンを計画、ようやく日程が調整できたので宿の予約を終えました
とりあえず、検討してもらって、適当に調整しましょう
3/16小倉から山陽新幹線で広島まで来て、合流して車で砺波へ向かいます
3/17東京からは北陸新幹線で黒部宇奈月駅に、ここで合流して車でキャラバンです
3/19金沢で解散して、北陸新幹線で東京へ・・・車は越前松島で一泊します
3/20福井から広島まで車で移動、広島駅から山陽新幹線で小倉に
»続きを読む・・

曹洞宗永平寺によって広島に

長い階段を上がって各建屋に行く

長い階段を上がって各建屋に行く


ぐるりと回ると時間もかかる

ぐるりと回ると時間もかかる


庭も良く手入れがされている

庭も良く手入れがされている


金沢からは福井の永平寺によって帰ることに
久しぶりの永平寺への訪問となった
帰りは京都、大阪の混雑を避けて、昨年(2014/07)に開通した若狭自動車道経由で吉川JCTから中国道へ神戸JCTで山陽道に出る
予定より早く16時過ぎに帰宅した
»続きを読む・・

金沢の夜

居酒屋で食事

居酒屋で食事


立山登山を終えてから急遽、宿を探す
盆の真っ最中なので当然どこも満室、なんとか金沢の駅目のホテルを予約、ベットも3つあり条件はピッタリだが、程度はあまり期待できない
さすがに北陸、魚はうまい

さすがに北陸、魚はうまい


ホテルにチェックインをして食事に出かけるがどこも満席(3店断られる)
ようやく、居酒屋に
»続きを読む・・

日光・那須・会津温泉ざんまいキャラバン

まじすかさんと再開

2007GWは昨年のリベンジで東北の玄関となる会津までキャラバンです
会津板下ICから5kmR252を走った処にある”道の駅柳津”で宮城のまじすかさんと再会します
まじすかの温泉キャラバン

キャラバンマップ

巡った温泉— 湯沢温泉-山の湯日光湯元-ゆの香奥塩原新湯-中の湯塩原温泉-岩の湯那須温泉-元湯鹿の湯甲子温泉沼尻元湯猪苗代アルカリ温泉布森山の湯西山温泉-老沢温泉滝沢温泉松の湯大塩温泉-共同湯松代 まつだい芝峠温泉-雲海宇奈月温泉-とちの湯|魚津-金太郎温泉
»続きを読む・・

上関共同浴場 雲母温泉 関川温泉ざんまい

共同湯はちょっと見た目にはわからない・・道の駅「関川」の次の信号の先70m、左に入っていく小路の角

関川には道の駅の前に入浴施設また雲母(きら)と上関に共同湯があり、今回は上関を探しますが、なかなか見つけられません
ようやく地下道の出入口近くに 発見、・・・・たっぷりの熱いお湯が迎えてくれます
いや~~いつもながら朝湯はいいですね

温泉 ★★★★
共同湯であるが分かり難い、熱い透明なお湯です、たっぷり豊富ですね・・・温まります
温泉データ
泉質:低張性-弱アルカリ性-高温泉 69.0℃
営業時間:6:00~21:00
入浴料金:¥100
場所
新潟県岩船郡関川村上関
TEL:
訪問履歴
2005/04/29
関連リンク
安達太良山温泉キャラバン(2005/05)

»続きを読む・・

白馬三山縦走と雲上の温泉ざんまい

猿倉のヘリコプター基地
背景は初冠雪した白馬岳

猿倉の駐車場にキャンピングカーを駐車して、いよいよ出発

鑓温泉から大出原で一休み 鑓温泉への登り

後ろに鑓ヶ岳を背景に
2,932m白馬岳山頂で
いっきに温泉を楽しんでついでに三山縦走
 猿倉~白馬鑓温泉~白馬鑓ケ岳~杓子岳~離山~白馬岳~大雪渓~猿倉のハードなコースですね(^^)/~~

9/21(金)広島発20:40~山陽道~名神~東名道~中央道~豊科IC~R147~白馬 9/22 5:40
9/22(土)白馬温泉極楽の湯 ~猿倉8:00~朝食~9:26出発 
9/22(土)9:26猿倉 登山出発~小日向ノコル11:45 昼食12:15~ 白馬鑓温泉 14:00 
9/22(土)とりあえず 露天風呂で一息(^^)/~~¥800のビールで乾杯  その後夕食の17:30まで熟睡
9/22(土)夕食後、寒くなった体を再び露天風呂へ18:30にはもう蚕棚で安眠となりました
9/23(日)朝4時45分起床、すぐ露天風呂に 東の空が朝焼で明るくなっていく中でゆっくりと朝風呂を楽しむ
9/23(日)5:30から朝食 6:30出発~天狗平尾根9:10~ 白馬鑓ヶ岳 10:00~杓子岳~離山~白馬山荘手前12:30
9/23(日)昼食13:00~白馬山荘13:20~ 白馬岳 13:40~白馬山荘14:00~14:15~ 大雪渓 ~白馬尻小屋17:50
9/23(日)白馬尻小屋17:50~猿倉18:40~19:00猿倉出発~19:30 第一郷の湯 20:30夕食21:30~小谷温泉 22:20 一泊
9/24(月)5:30起床 露天風呂へ 6:30~雨飾山キャンプ場7:00朝食8:00~糸魚川IC~北陸道~小松IC12:00
9/24(月)小松IC12:00~赤穂谷温泉 12:30~温泉リハビリー13:00~加賀IC~北陸道~名神~山陽道~広島20:30
さてさて今回の湯巡り道中記」は、前回の「白山」に並ぶ名峰、「 白馬岳」に挑戦致すことと相成りてかなりの高低差を踏まなければならず、相当の苦戦を覚悟しなければとの意気込みにて参ったのであります。
此度は清水城の元城代家老?「永井高陽の守」様をお迎えしていつもの顔ぶれ、皆実町奉行 福原骨折りの守、介添え役りえ姫様、そして従者の忠則助さん、只?憲格さんの総勢5名の「湯巡り道中記」の旅立ちと相成りました。
9/21(金)夕刻横川の集合場所へ集い、飲食料等を仕入れ途中城代家老様をお迎え致し一路山陽道を東へ信州信濃路へと「移動式野営旅籠車」は快調に飛ばしたのでありました。(途中略)

9/22(土)朝方白馬村に入り、まずは目覚ましの湯へと以前にも使ったことのある「極楽の湯」へ漬かり、ひと時の疲れをいやして、登山口の猿倉へ旅籠車を泊めて、朝食の後各々登山支度を整えて、いよいよ本日の目的地「白馬鑓温泉小屋」へ出発したのでありました。初秋の空は快晴で、まだまだ山肌は青々しく背負う荷物の背中は早汗ばんで来て、標高1200mの猿倉から2050mの温泉小屋まで約4時間半を大半を登りばかりの道中で、予定よりも少々早く着いて今日はここで早々と荷を解いて、 まずはともあれお望みの湯へ一目散と漬かり、硫黄の臭う熱いお湯と雲上に遠く穂高連峰やそのまた奥に富士山を見つけ、このシーンは最高の景観なりと我等一同只形容の言葉が見つからず、湯上りに麦酒にて乾杯し夕食までの暫し午睡を楽しんだのでありました。
とにかく雪の降る前には解体される山小屋とかで、寒くて布団も薄く冷たいばかりでホッカイロを付けても寒いので我輩は深夜にも湯に入り暖を取ったのでありました。
そこで一句、  「満天の星空冴えて白馬の湯」    寒がり屋 男爺

9/23(日)まだ暗いうちから起き出して、まずは一風呂浴びて目を覚まし登る朝日が稜線を赤々と染め始め、雲海と山並と大空のコントラストがまさしく大自然の美しさと映え絵もいえぬ感嘆符。我等も色んな湯巡りを致したが、 日本一標高の高い露天風呂に入ったのは初めてであった。
本日も快晴にて、山小屋には昨日泊まった客は少なかったようだが今日泊まる予定の人が多いのかも。さあ、今日はいよいよ「白馬岳」を目指して頂上2930mにアタックしなければならない、「白山」に較べれば行き交う登山客はずっと少なく、時期もあろうがこちらはいささかハードコースである理由かも知れない。
「鑓温泉小屋」を出て暫くは登りばかりで、だんだんと下界が開けるに従い麓の白馬村の様子や周りの峰峰がくっきりと現れ、やがて「白馬山荘」が見えて来たが、なかなか見えても遠いのが山道にて到着したのが1時半頃になりました。そこから頂上まで又登りを20分位かかりやっと大パノラマのピークにて遠くは能登半島、佐渡島、日本海、富山平野と絶好のお天気にも恵まれ、登頂を果たしたのでありました。

ここでも一句、
  「快晴の白馬三岳富士も見ゆ」
                雲上亭  男爺

白山登山とスーパー林道温泉ざんまいの旅

7/19 20:00広島出発→福井北IC→R43→勝山→R157→白峰村→白山温泉
7/20 市ノ瀬 仮眠 6:00 朝食事 弁当用意 市ノ瀬→バス→別当出合
7/20 別当出合8:45→砂防新道→中飯場→甚之助避難小屋→黒ボコ岩 昼食
7/20 黒ボコ岩→阿弥陀が原→14:00室堂→14:45御前峰(20702m)→15:30室堂→トンビ岩コース→17:00南竜ヶ馬場
7/21 南竜ヶ馬場7:00→南竜道→甚之助避難小屋→砂防新道→10:00別当出合→バス→市ノ瀬
7/21 市ノ瀬→白山温泉(展望の湯)→手取川サイト 昼食→新岩間温泉→中宮温泉(にしやま旅館)
7/21 中宮温泉→スーパー林道→姥ヶ滝温泉(露天風呂)→白川郷→平瀬→大白川温泉
7/22 大白川温泉→平瀬→荘川IC→東海北陸道→東名高速→山陽道→18:00広島IC

白山スーパー林道・能登半島キャラバン

白山スーパー林道にある滝を見ながらの野湯

白山スーパー林道にある滝を見ながらの野湯

TAM,SEI,QPJ+α、NGIで白山のスーパー林道から飛騨、そして奥能登へ
10/8~10/10、ランプの宿も良かった(風呂だけだけど)
その外で味わったタンシチュウと千里浜でのスパゲッティ、今回は料理が評判良くなんとなく満足、帰りは赤穂城によりました
»続きを読む・・