1 / 9123456789

天狗城山の夕焼け

18時前に陽は沈む

18時前に陽は沈む

夕方から天狗城山にカイと登る
久しぶりだが今日は頂上まで40分でまずまずの調子
カエル岩でしばらく陽が沈むのを待つ
暗くなった山道を下って

帰る岩でカイが天応を眺めている

カエル岩でカイが天応を眺めている

まだ日は高いようだ

まだ日は高いようだ

»続きを読む・・

烏帽子岩へ

烏帽子岩からの瀬戸内の残照

烏帽子岩からの瀬戸内の残照 正面の島は江田島 眼下の街は天応 4年ぶりに登る


天気が回復した三連休の最終日、15時頃から天応にある烏帽子岩を登る
長い間登っていないが急峻な岩山にはさすがに疲れた
前は1時間ほどで登っていたはずだが、1:20もかかってしまった
急峻な岩山を登る

急峻な岩山を登る


山頂は木々が茂って

山頂は木々が茂って


»続きを読む・・

久しぶりの山歩き 宗箇山から丸山

山から下って車に乗るとカイはぐったり・・・主人よりかなり疲れていたようで

山から下って車に乗るとカイはぐったり・・・主人よりかなり疲れていたようで

3D 登山マップ

3D 登山マップ

天気も良さそうなので足慣らしにNGIさんと山歩き
竜王運動公園に車を停めて、
己斐大迫団地から高峠山→宗箇山→丸山→竜王公園と回ります

3ヶ月ぶりの山歩き
子持ちの良い時が過ごせました
»続きを読む・・

あけましておめでとう

夜明け前に海から雲海が発生 烏帽子岩から初日の出です

夜明け前に海から雲海が発生 7:32烏帽子岩から初日の出です

あけましておめでとうございます
穏やかに2016年が明けました
昨日の雨も止んで素晴らしい快晴の元日となりました
少し早起きをしてカイと天狗城山に初日の出を見に登ります
広島地方の日の出は7:10でしたが、烏帽子岩から日が上がったのは7:30頃

夜明け前はよく見えていましたが

夜明け前はよく見えていましたが

一気に雲が広がりました

一気に雲が広がりました


»続きを読む・・

暑い天狗城山

天狗城山の裾野には黄色い花が満開

天狗城山の裾野には黄色い花が満開

午前中は報告書を作成して、病院に見舞い
昼からはその足で天狗城山に登ります
暑かった、汗が目に入り歩きにくい
甲斐犬のカイもまいったワン

カイも日陰で一休み

カイも日陰で一休み


ろうそく岩で1/3登山

ろうそく岩で1/3登山


»続きを読む・・

快晴の天狗城山へ

眼下に天応の街を見下ろしてカエル岩で一休み 瀬戸内が素晴らしい

眼下に天応の街を見下ろしてカエル岩で一休み 瀬戸内が素晴らしい

昼までに何とかデスクワークが終わったので、昼食をしてから久しぶりにカイと天狗城山に登る
西天応ICを出たところに車を停めて登る、いつもの心臓破りの階段がきつい・・・実質標高差は265mほど、30分で登ればまあまあのタイムだが、何とか29分で登り切った

カエル岩は崖から突き出ている

カエル岩は崖から突き出ている


天狗城山の山頂 293.4m

天狗城山の山頂 293.4m カイもお疲れ


»続きを読む・・

久しぶりの呉婆々宇

岩谷観音の大岩から市内を眺めるカイ

岩谷観音の大岩から市内を眺めるカイ 陽射しは暖かかったが風は冷たい

久しぶりの山歩き、寒気が流れ込み冬型だが海側は天気は良い
NGIさんと甲斐犬のカイと2二人と1匹で、水分峡の駐車場から高尾山、呉婆々宇、籐ヶ丸山と歩き、帰りは林道を歩いてみる
呉婆々宇の林道を端まで歩いて、駐車場には2:45に到着、近くの安芸の湯で汗と疲れを取ります
久しぶりにしっかりと歩いた気分、疲れました
甲斐犬のカイもダイエットに役立ったかな

呉婆々宇 登山 MAP

呉婆々宇 登山 MAP


»続きを読む・・

宮島の東端 革篭崎を目指して

宮島はほとんどが原生林で険しい山々が続きます

今回は宮島にはフェリーで渡りm大砂利までは車でゆきます 大砂利から革篭崎を目指します


梅雨の中休みの土曜日、久しぶりの山歩きです
暑い一日でした

暑い一日でした

当初は県北の山を予定していましたが、山沿いは雨模様なので、宮島へ
宮島のほとんどは手の入っていない原生林で厳しい山並みが続きます
西海岸の青海苔浦から先端の革篭崎まで、有志に寄って最近登山道が開設されました
今までこのコースは、海の海岸を歩くしかなく、潮によっては通行ができません

出かけようと思ったらNKSさんから電話、FaceBookを見たので同行するとのこと
宮島口で一緒に、TAM、NGI、NKSとカイで出発

»続きを読む・・

SEIさんと天狗城山へ

天狗城山のカエル岩の上で

天狗城山のカエル岩の上で 朝は晴れていたが、昼からは花曇り

昼時にSEIさんが来たので、天狗城山の岩の上で食べることに
ちょっと渋るSEIさんとカイを連れて天狗城山へ

天狗城山から広島の市街地を

天狗城山から広島の市街地を

»続きを読む・・

大竹の忠四郎山から大鉢山へ

大鉢山から宮島を望む

大鉢山から宮島を望む 宮島の先には広島市内

久しぶりの山歩きをNGIさんとご一緒、天気が少し悪そうだが瀬戸内付近はよさそうなので、大竹の忠四郎山に登る
以前にチャレンジしたがタイムオーバーで登れなかった
今回は三石川方面から登る

忠四郎山付近の3Dマップ

忠四郎山付近の3Dマップ

大竹から弥栄ダムへのショートカット道を走り、三ツ石集落から山に入る
狭い道を走るとやがて林道になり錦竜公園分岐付近で車を駐車
真っ直ぐ谷筋を登ると茅野原から谷和への古い道だが、今はかなり荒れている
入山禁止の看板の分岐を左方面の比作方面へ歩き、しばらく行くと忠四郎山への分岐を右に登る
これからは急坂で岩場のすべりやすい道が続く
見晴らしは良く、眼下に瀬戸内と大竹、岩国工業地帯が広がる
朝のうちは良い天気だったが、このころから雪が降り出した
展望台の分岐からは、見晴らしの効かない藪の中を歩き忠四郎山に到着
忠四郎山も展望はない
すぐ引返し林道の分岐から荒れた林道を茅野原方面に下る
茅野原への林道に合流して牧場のほうに北上
大鉢山への登山道を登る
途中で昼食を、湯を沸かして豚汁で暖を取る
笛吹山を越えて大鉢山への尾根道は緩やかな下りとなる
しかし、枝や雑木が多く歩きにくい
大鉢山からの眺めは最高だ
このころには天気が回復して青空が見えてきた
大鉢山から三石への下りは渓流に沿った荒れた急な道
振り返ると大鉢山のロックガーデンが見える
撮影はPENTAX K-5にパンケーキレンズ(40mm)で
»続きを読む・・

可部冠山縦走コース

雨で緑が映える尾根道を歩く

雨で緑が映える尾根道を歩く

三連休の最後の日は、出張みなとマルシェだったが、会場のグリーンアリーナの搬入路にはロデオキャンパー高すぎてが入れず断念
高陽町のお兄さんを誘って山登りにゆくことにする
8:30に南原峡の駐車場で待ち合わせたが、急に大雨
レインスーツで出発する
今日のコースは、南原峡から中倉峠まで林道を歩き、ここから尾根を登って、小掛山を経由して可部峠に、可部冠山の登って、堂床山を回って帰る予定であったが、少し時間不足と気力不足で可部冠山から可部峠経由で南原峡の駐車場に帰る

可部冠 小掛山 中倉峠 のコース

可部冠 小掛山 中倉峠 のコース

ちょっと最近は山歩きからご無沙汰
蒸し暑いせいもあり体が重かった・・歩幅を狭くして歩きペースをつかむ
高陽町のお兄さんは快調だった
登山後は可べの湯で汗を流す
甲斐犬のカイも雨模様に助けられて何とか全行程を走破
夏での毛皮はちょっと苦しそう
最近サボっていたので、すっかり足が痛くなった
夏の北アルプスに向けて鍛錬しなければ
»続きを読む・・

大竹の傘山に登る

反射板の手前のピークから瀬戸内を望む

反射板の手前のピークから瀬戸内を望む

昨日の雨はあがり、今日は一転暑い夏空・・今週は梅雨の中休み
朝に広陽町のお兄さんと宮島SAで待ち合わせて、大竹の傘山に登る

傘山登山MAP

傘山登山MAP

大膳川砂防提の手前にある空地に車を駐車
9:10から歩き始める、ここから傘山までは高低差、約560m
今日は暑い、錦龍ノ滝から憩いの森に、ここから道がわかりにくい標識もない、道路まではゆっくりとした谷筋の登り
道路の登山口から本格的な登りに入る、一度、ピークに登り、下って登ると見晴らしの良い岩場
反射板の手前にある岩場が景色が良く、風が心地よい
もう一度下って登ると反射板のピーク、更に下って登ると、傘山の山頂
傘山は見晴しはきかないが、次の無線塔のピークが眺めがよくおすすめです、錦龍ノ滝からここまで約3時間の登り
尾根を下ると、谷筋と尾根筋の分岐
尾根筋を選択しますが、木々の枝が茂り歩きにくい
»続きを読む・・

久しぶりの天狗城山

天狗城山の蛙岩から呉方面を望む

天狗城山の蛙岩から呉方面を望む

今日は朝から素晴らしい五月晴れ
7:30に娘を宇品に送って行ったあと、久しぶりに天応の天狗城山に登る
瀬戸内海が綺麗に見える
すがすがしい気分・・・帰ってから朝食

甲斐犬のカイも元気に登る

甲斐犬のカイも元気に登る

天狗城山の天狗様

天狗城山の天狗様

»続きを読む・・

大竹の大鉢山に登る

展望岩が眼下に 瀬戸内が良く見える

米小屋山への尾根道を登る 展望岩が眼下に 瀬戸内が良く見える

高陽町のNGIさんとご一緒に大竹の大鉢山に
当初は、大鉢山から忠四郎山に縦走する予定であったが、途中で何回か道を間違えタイムオーバーとなる
大鉢山から大竹のコンビナート、宮島の瀬戸内海は絶景だった

9時ごろから登り始める、米小屋山までは標識があり、間違うことはないが、下った尾根の分岐から標識は谷筋に下るようになっている
谷筋に下ると、やがて登山道が無くなり、テープも見当たらない
何回か行ったり来たるすると、下りの登山道はあったが、登りの登山道は、はっきりしない
渓流に沿って藪漕ぎ状態で登ると、尾根から下ってくる登山道と合流した
帰りは、この登山道を登ったが、この道も途中で消えてしまった

少しウロウロして、ようやく出た林道から大鉢山へと登るが、この登山道も途中の分岐がわかりにくい
まっすぐ歩いてゆくと再び林道に戻ってしまう

この山塊には標識はあるが肝心な場所でテープなどがあまり見当たらず、かなり注意が必要
また再び、ゆっくりと時間をとって登ってみたい

大竹から大鉢山への登山地図

大竹から大鉢山への登山地図

»続きを読む・・

雪の東郷山にある四本杉を見に行く

巨木100選の四本杉

巨木100選の四本杉

広陽町のお兄さんと久しぶりの山歩き
広島市と湯来の境にある東郷山へ登り、四本杉を往復してみます
朝は良い天気ですが、予報では雨70%、広島から湯来への国道433号線の途中、伏谷から林道を走り、登山口から10:05出発

東郷山の登山地図

東郷山の登山地図

東郷山への登山路は鉄塔に沿って登り、急坂が続き、一気に977mまで登る・・・山頂はあまり見晴らしは効かない、リュックをデポして直ぐ四本杉まで下るが、それでなくても急峻で荒れた登山道は雪で道が分からない
何度も間違えそうになって、ようやく四本杉に到着した
だれも最近は歩いた踏み跡は無かった・・帰りの登りも、雪の中でかなり疲れた

雪の中四本杉へ下る

雪の中四本杉へ下る

山頂で食事をして下る頃、山頂は雪が降ってきた・・・登山口では雨に変わって、本降りとなった
登山後は、湯ノ山温泉で疲れを取って帰ります
»続きを読む・・

五日市の小畑山に登る

倉重(佐伯運動公園)から小畑山のコース

倉重(佐伯運動公園)から小畑山のコース

五日市の病院に見舞いに行った帰り、カイの散歩を兼ねて佐伯運動公園の倉重登山口から小畑山に登る
今日は天気がよいので山歩きにはちょうど良い、倉重登山口は五日市火葬場の横である
久しぶりに行くと、倉重登山口から新道ができていた
さっそく、新道を歩いてみると、尾根に沿った明るい登山道、下の道は谷筋で暗くてあまり楽しくなかった
しばらくすると、今までの登山道と合流・・・急な道を上がると小畑山に到着、見晴らしはあまり開けていない
帰りは、途中の一枚岩尾根を通って中国自然歩道に出る

今日の午前中で、気なっていたQMS審査員の更新申請資料を送付する
悪い癖でギリギリまでやる気が起きない
更新には15時間以上のCPDが必要で、学習した論文が要求されめんどくさい、主任審査員となると維持手数料も高い
»続きを読む・・

安芸アルプス縦走(金ヶ燈篭山~原山)

洞所山 山頂 見晴らしは良くない

11月は忙しくて山歩きにゆけませんでした
12月の寒い日ですが、広陽町のお兄さんとご一緒に安芸アルプスを縦走します
車は2台で、1台を原山の無線中継所まで行く予定でしたが、雪なので途中で駐車・・・もう一台で、串掛林道の途中からの登山口から、10:00に金ヶ灯篭山へと登山開始
天候は晴れていますが、気温は低い・・・山からは時折、雪雲が下ってきます
昔は、かなり荒れた登山道でしたが、安芸アルプスなどしゃれた名前がついて、綺麗に整備された気持ちの良い尾根道に変わっていました

尾根道から広島市内の展望

金ヶ灯篭山で、甲斐犬のカイと一緒の広陽町のお兄さん

登山道からのスタートは少し遅くなって10:00
縦走路は長いので、16:00ぐらいまで時間がかかるかと思いましたが、以外と早く歩きました・・・林道の車には14:40到着、昼食を含めて4:40でした
屋根道はアップダウンが続く、気持ちの良い登山道ですが、洞所山から原山は少し道が荒れています・・特に、洞所山からの下りは分かり難い・・・原山は無線中継所があり、車で上ることができます
久しぶりの山歩きは心地の良い疲れでした・・・帰りは宇品のほの湯で汗を流します
»続きを読む・・

新しいソールの登山靴で黄金山へ

夕闇迫る広島市内 宇品地区 すこし霞んで視界が悪い

家から黄金山へのコース

登山靴が修理から帰ってきたので、夕食後、黄金山の山頂まで往復します
やはり、慣れた靴は履き心地がよい
夕方で日は落ちましたが、まだかなり蒸し暑い
登りは森の中の直坂を登り、一気に標高221.7mの黄金山山頂に
さすがに新しいソールの登山靴は、急な登りを確実にグリップ、やはり歩きやすいですね

»続きを読む・・

クマン岳~古鷹山を周遊

小用からクマン岳、古鷹山と江田島の峰を縦走 海を見ながらの快適な尾根歩きができる

梅雨がちょっと中休み・・・高陽町のお兄さんと江田島のクマン岳と古鷹山を、海を見ながらの縦走です
広島からはフェリーで行くのが最短コースですが、甲斐犬のカイは車両ですと乗せられますが、旅客では連れて乗れません
車で天応から切串に渡る予定でしたが、天応ではまだ1時間待ち、呉、音戸大橋、早瀬大橋を渡って陸伝いで切串に行きます
切串からクマン岳を目指しますが、取り付きの登山道を間違えて時間をロス
クマン岳は江田島での最高峰、なかなか辛い
クマン岳から古鷹山へ縦走、古鷹山の登りも鎖場がありかなり急です
古鷹山で昼食をして、再び切串に下ります
帰りはちょうどフェリーがピッタリだったので、飛び乗って宇品港に直通
宇品のほの湯で汗を流します
»続きを読む・・

雨上がりの牛田山散歩

ちょっと遅い昼食をして空を見ると、夏空に   梅雨が開けると暑そうですね

1時間ほど牛田山散策

今日から早くも7月、まだ梅雨は続いているので、雨で湿気が多い朝だった

朝から部屋を掃除して、ようやく報告書の作成に取りかかると、もう昼前
昼頃には広島の雨は上がってきた
娘二人を饒津神社(にぎつ)まで送る、茶会があるらしい
そのまま、カイをつれて牛田早稲田の小学校横から牛田山に登る
雨上がりで蒸し暑い、サウナのような森の中を歩き、下ってくると大雨にあったように衣服は汗でびっしょり
家に帰ると、皆実町温泉にお湯を張って

湯上がりに体重を測定したら69.8kg
こんな数字は30年来、見たことがない
»続きを読む・・

高鉢山から安駄山を縦走

高鉢山から安駄山への縦走マップ 手前は志和   白木山と高鉢山との間には芸備線が走る

6月に入り梅雨入りも間近なのですが、今日は曇り空ながら気温が高い
高鉢山と安駄山へとつながる尾根を縦走します
高鉢山は山陽道の上り線を走行すると、志和トンネル手間の左手にそびえる大きな山塊で、安駄山へとつながります・・・白木山との間には芸備線が走っています
このコースは全体的に木々に覆われて、眺望は高鉢槍( 763mピーク)しかありません・・・その他の山頂やピークは全く眺望は期待できません
尾根道は比較的になだらかで、歩きやすいですが、倒木が多くちょっと疲れます

狩留家から高鉢山への登りは急で、足下も悪くかなりハード (標高差650m)
あと、安駄山の前後もかなりハードです
»続きを読む・・

天狗城山にカイと登る

天狗城山の斜面の下は広島呉道路 オオキンケイギクが咲く

昼前はなかなか風邪が治らずすっきりしないので、病院に行く
昼からかなり時間が過ぎたが、久しぶりにカイをつれて天狗城山に登る
最近はカイはなんとなく調子が悪そうだったが、少し前から良くなっているような
ワンちゃんは話してくれないので、様子が獣医さんもわからない
天候は曇りですっきりしないし、ちょっと蒸し暑い
広島呉道路の斜面は、今年も黄色い花が満開

天狗城山 かえる岩から天応の街並みを見る

天狗城山 三角点293.4m 35分で到着

»続きを読む・・

カイと登る花曇りの天狗城山

天狗城山のテラスで一息の甲斐犬のカイ やはり暑そうですね、カイも水をしっかり飲みました

今日は11時からJSAの営業で竹原に
その前に、カイと一緒に天応の天狗石山に登ります
ちょっと時間に余裕がないので、駆け足登山
車を駐めて、山頂まで31分10分休憩して20分で下ります・・・ちょうど往復で1時間
天気は花曇りで視界は良くありません
あまり暑くもなく登りやすいですが、汗びっしょりとなってしまいました

SONY NEX-5ですがやはり少しメリハリがないような、天候も曇りで条件は良くありませんが
»続きを読む・・

水ヶ丸山へ笹ヶ峠から登る

水ヶ丸山頂に到着 後ろは八本松町が開けて、広島大学が見えます

連休の最終日も快晴ですね
GWでは白馬などで山の事故が続いたようです・・・3000mクラスの山はまだ冬ですから簡単に考えてはいけません
午前中はデスクワーク、4月の最終報告を纏めてメールで送信、昨年からの執筆の”見える化の”最終校正となる索品を選んで原稿を送付
昼食を食べてから、甲斐犬のカイをつれて山登りに出かけます

この前は瀬野川公園から水ヶ丸~曾場ヶ城山を縦走しましたが、今回は反対側の南側にある笹ヶ峠から水ヶ丸を目指します・・・水ヶ丸山から西へ続く尾根が歩けそうなので、帰りは西の尾根を歩き514mピークから大谷山林道に下るコースをチャレンジ・・・コースには標識やテープは、ほとんどなく、境界石が尾根にあります

標識はないのでiPhone4の1/25000地図とGPSで確認しながら歩きます

»続きを読む・・

久地の岳山(たけやま)に登る

見はらし台の山頂で 甲斐犬のカイは草むらをごそごそ

GW最初の土曜日は雲一つ無い快晴、まさしく行楽日和
午前中は庭の草取りと中庭の紅葉の剪定
昼の食事をしてから草とゴミの片付け・・・夕方近くになりましたが、安佐南区の久地にある岳山に登ります

岳山の登山口は、久地の中国道の連絡道となる広島自動車道側道にあります
ちょっと側道の入り口がわからずウロウロ
16:45から甲斐犬のカイを連れて登り始めます
登山口の標識には見はらし台まで1:40と説明してあります
広島市安佐南区久地の岳山の登山地図
»続きを読む・・

1 / 9123456789