北海道から広島に帰る

青森の上空 北海道は雲が多く下り坂 東北は晴れていたが広島は雨

3時にに起きて昨日の資料をまとめてメールが終わると外が明るくなってきた
スロージョギングに出かけて朝風呂が終わり、帰る支度をする

ようやく2週間にわたる放浪が終わった
新千歳空港を11:30のジャンボで東京へ、羽田で乗り継いで広島空港に
広島は雨だった
重い荷物を担いで久しぶりの自宅・・・カイはいつものように熱烈歓迎をしてくれたが、どうも主人は娘に移っているような雰囲気
帰ると机の上には大量の郵便物、さっそく整理して・・・出かける前までに片付けることが多い
明日は大雨の中、VFKさん主催のAWL芋煮会ですね
どのような段取りになるのか
ちょっと心配です

ともあれ、すべてはVFKさんにお任せして、今日は早めに寝ましょう

2週間の放浪は疲れました
日曜の夕方からは・・・またまた、週末まで関西方面を放浪です

札幌で仕事 二日目

紅葉した木々がある大通り公園を走る

大通公園を西端 円山公園近く

札幌の二日目も天候は快晴
6時前には明るくなるのでホテルからスロージョギングにでかける
気温は5℃、札幌駅から大通りまで行き、大通公園を西に走り円山公園の手前まで行きぐるりと回る
今日は一日中、現場
今日で北海道の仕事は終わるが、広島には帰る便がないので、もう一泊して明日の便で帰る
海産物を探して二条市場に行くが、5時前に店はもう閉めている
しかたなく、駅前の地下でお土産を物色して夕食
ホテルに帰ってから北海道最後の酒盛りを缶ビールで
不要な衣類を宅急便で送ってから
9時前には寝てしまった

札幌で仕事 一日目

札幌市内の中島公園 紅葉がきれい iPhone4で撮影 ちょっといまいち

今日は久しぶりに札幌の朝をジョギング・・・ホテルに帰って朝湯をして気を入れて、今日は昼からなので、それまで中島公園をブラブラ・・・撮影はiPhone4で・・・次は仕事ですから・・・昼からは現場に、夕方は仲間と鍋を囲んで情報交換・・・・明日は一日中現場で、北海道の仕事は最終日です

中島公園には白樺と紅葉した木々

池にはビルも紅葉も映しています

»続きを読む・・

北海道 道南温泉キャラバン 四日目

ニセコにある秘湯 薬師温泉 下の岩から湧いている

貝取潤温泉のあわび山荘は8時過ぎに出発、R299を北上してせたな町に、ここからR230で今金町、ビリカと経由して国縫ICから道央自動車道で北上、黒松内JCTから黒松内振動でR5に入り羊蹄山とニセコの間にある温泉郷へ・・・・・看板に秘湯薬師温泉とあるので狭い林道を2kmゆく、山の中にある温泉はまさしくあばら家・・・しかしお湯は素晴らしかった、濁り湯と透明なお湯がある
今日の朝は寒気が入り羊蹄山とニセコは雪が降っている・・・R5を走り余市から小樽へとゆく、小樽運河を見学して、再び高速に乗り札幌には3時に帰り、レンタカーを返却して、ホテルに・・・走行距離860km、ガソリン60l
北海道庁がすぐ近くなので、ちょっと見学に行き、ラーメンを食べてホテルに帰る・・・・明日は昼から仕事、明後日で仕事が終わるが、その日では広島に帰る便がないので、翌日に広島に帰る予定

ニセコのスキー場も雪が積もっている

夕闇の北海道庁 北海道の夜は早い

»続きを読む・・

北海道 道南温泉キャラバン三日目

大沼国定公園の小沼に虹がかかる

濁川温泉の新栄館で朝湯でゆっくりとして、10時前に出発
R5を南下して駒ヶ岳が見える森町からR278で鹿部温泉に向かう
鹿部には海の横には間欠泉があるので¥300でしかべ間歇泉公園に、10分おきに熱いお湯が噴きあげる
近くにある共同湯の亀の湯でひと風呂、番台には誰もいない
鹿部から駒ヶ岳の南裾野を走って大沼公園に・・・紅葉した木々がきれい
大沼公園では急に天候が変わり小雨が降ってきた
小沼に虹がかかる、R5で函館に入り、函館山に登り、江差に向かう
江差から日本海側を北上して貝取潤温泉のあわび山荘へ到着
褐色のお湯で疲れを取る

大沼から駒ヶ岳を望む

函館山から函館市を眺望

»続きを読む・・

北海道 道南温泉キャラバン二日目

オフレロ峠からの景観 山は紅葉して峠から上の木々は枯れている

登別での朝は早い、本館に朝湯に、外に出ると間欠泉が大きな音を立てて噴き出していた
朝食をいただいて、出発のころには大雨になっていた
登別温泉の上にある大沼に行くが、すごい雨で撮影もままならない
カルスト温泉を経由して洞爺湖に向かう・・・・途中に標高930mのオロフレ峠を越える・・・・天候は風は強いが一気に晴れてきた・・・洞爺湖温泉に入るが入湯意欲が湧くようなお湯がない
ここには昭和新山のトレッキングコースがあるが入場料が高いのであきらめる
今日の宿は濁川温泉の新栄館が予約できた・・・・ナビをセットすると高速道路を選択するが、海沿いの国道を走る
豊浦町にあるしおさいの湯で昼食と温泉、お湯は褐色のいいお湯
長万部までの海岸沿いの国道は何キロもまっすぐで北海道らしい雰囲気、車を駐める場所が少ないのでなかなか撮影はできなかった・・・・海岸から離れてしばらく走り15:30に濁川温泉に到着、入口にあるにこりこの湯でひと風呂
新栄館には16時に到着、またひと風呂
新栄館の今日の泊まりはTAMだけ・・・貸切ですね
温泉宿の御主人のおじいさんと食事をしながら歓談

登別温泉 大沼 大雨でたいへん

»続きを読む・・

元湯神泉館にこりの湯 濁川温泉ざんまい

あまり大きくない露天風呂 眺めは良くない

濁川温泉に入るとすぐにこりの湯がある
まずは、この湯を味わってから
褐色のお湯は心地が良い
内湯は三段階の温度の浴槽がある
大きな施設ではないが、濁川温泉のお湯が楽しめる 

温泉 ★★★★
褐色のお湯がたっぶりとかけ流し
露天風呂は大きくはない 周囲は虫が入らないようにメッシュで覆われて露天の雰囲気は感じられない
濁川温泉では新栄館と並んで古いお湯らしい  温泉開設 文化2年(1805)
温泉データ
泉質:ナトリウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (旧泉質名:含土類・食塩泉) 47℃
営業時間:10:00~22:00
入浴料金:¥500
場所
北海道茅部郡森町濁川85-1 (濁川温泉郷)
TEL:
訪問履歴
2011/10/15
関連リンク
公式ウエッブサイト
道南温泉キャラバン(2011/10)

»続きを読む・・

天然豊浦温泉 しおさい 豊浦温泉ざんまい

褐色のかけ流しのお湯でゆっくりできる

洞爺湖から噴火湾に下ると豊浦町に入る
豊浦温泉しおさいの看板を見つけたので寄ってみる
海岸に沿って公園が広がり、その中に大きな宿泊設備を持った温泉施設があった
館内は設備も充実してゆっくりできる
お湯は褐色な硫酸塩泉でなかなか良い
露天風呂は少し温度がぬるいが内湯の源泉が気持ちが良かった 

温泉 ★★★★
町営の大きな温泉施設、食事とセットで入浴券を購入すると割引
褐色のいいお湯がふんだんにかけ流し・・・オーシャンビューの露天風呂だが、ガラスのスクリーンで海は見えない
大きな露天でゆっくりできる
温泉データ
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
営業時間:10:00~21:00
入浴料金:¥500
場所
北海道虻田郡豊浦町字浜町109
TEL:0142-83-1126
訪問履歴
2011/10/16
関連リンク
公式ウエッブサイト
道南温泉キャラバン(2011/10)

»続きを読む・・

第一滝本館 登別温泉ざんまい

大きな露天風呂には登別のお湯らしい美肌の湯

第一滝本館の前には系列の滝本インがあり、ここに宿泊すれば本館の温泉が入浴できる・・・ビジネスホテルの形式だがリーズナブル

温泉 ★★★★
1500坪の3階建ての大浴場
七つの泉質と35の湯船
温泉をしっかり楽しめます
お湯は全体的に低い温度に調節
浴室からは地獄谷が良く見えます
温泉データ
癒しの湯:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉(中性低張性高温泉) 22号泉 旧泉質名/食塩泉
きずの湯:酸性ー含硫黄(ナトリウム)塩化物・硫酸塩泉 1号甲泉 旧泉質名/芭硝泉
熱の湯:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉) 20号泉 旧泉質名/食塩泉
万病の湯:酸性ー含硫黄・鉄(II)ー硫酸塩泉 14号泉 旧泉質名/酸性緑ばん泉
鬼の湯:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉(中性低張性高温泉) 19号泉 旧泉質名/食塩泉
美人の湯:ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー塩化物・炭酸水素塩泉 7号泉 旧泉質名/重曹泉
美肌の湯:酸性ー含硫黄(ナトリウム)硫酸塩泉 1号乙泉 旧泉質名/酸性硫化水素泉
営業時間:9:00~20:00
入浴料金:¥1500~¥2000
場所
北海道登別市登別温泉町55番地
TEL:0143-84-2111
訪問履歴
2011/10/15-16
関連リンク
公式ウエッブサイト
道南キャラバン(2011/10)

»続きを読む・・

東京から北海道 登別温泉へ

登別温泉 地獄谷 小雨なのが残念

今日は忙しいが、昨晩は飲みすぎで頭が痛い・・・多くの荷物をまとめてようやく赤坂のウィクリ―マンションを後にする
東京は小雨、時間がないのでタクシーで浜松町まで行きAirDo 019 便で札幌に・・・・空港からレンタカー会社まで送迎車でゆき、予約していたレンタカーを受け取る・・・札幌は小雨の状態で気温は14℃
車はホンダのFIT、四日間で¥17600・・・さっそく支笏湖に行ってみる

支笏湖への国道は紅葉している


支笏湖の温泉に入りたかったが、駐車場に¥400取られるので断念
支笏湖は霧で視界は良くなかった・・・朝から何も食べていないので一寸軽食を食べて、支笏湖から今日の宿泊地、登別温泉に行く
登別温泉に着いたが残念ながら雨でゆっくり観光もできない
宿泊は登別で一番大きな旅館の関連ホテルで、ここはリーズナブル、本館の温泉に入ることができる
チェックインして本館の温泉で汗を流し、登別温泉地獄谷を巡る

夕食をしてから浴衣と雪駄で本館に行き温泉を楽しむ・・・三階建ての大浴場・・・色々なお湯が豊富にあり、強酸性からアルカリ湯まで、お湯の種類が多彩

»続きを読む・・

東京で四日目 KNSさんと再開

赤坂にあるTBSの本社

朝のジョギングはTBSの周辺を軽く廻る
夕方は元の会社の上司であるKNSさんと京橋のレストランで食事と、続いて銀座のバーと御馳走になった
KNSさんも本当に久しぶり、ダイビングに夢中であったそうだが、心臓の具合でドクターストップがかかったのこと
しかしお元気そうなので安心、パソコンやオーディオで話が盛り上がる

京橋では元の会社が建物を建設中

二日目 朝はジョギング夜はイタリアン

溜池山王二ある日枝神社 山王タワービルの横

昨夜は少し飲みすぎ、しっかりと走って汗を流して
今日の仕事に備えましょう
赤坂から溜池山王、国会議事堂の裏まで往復します
スロージョギングで30分ですが、かなり回れます
国会議事堂の裏には大きな議員宿舎が建設中
こんなものに金をかけていたら、予算は無くなる

国会議事堂の裏側

仕事が終わってから赤坂にあるJSAに行き、IWAと一緒に食事へ
弟が東京駅大丸13Fにあるレストランでイタリヤ料理を御馳走してくれた
美味しいワインと料理で三人で語らい楽しい時間であった

八重洲にある高級レストラン

赤坂の朝

六本木ヒルズ

東京ミッドタウン

今日から赤坂での仕事
東京の朝は早い、5時過ぎると明るくなってくる
静かな赤坂を六本木までスロージョギング

仕事は予定より少し早く終わり
夕方は新橋でOGAさんと久しぶりに食事
OGAさんも色々と頑張っているようだ
今日は珍しくOGAさんに御馳走になった

東京は赤坂でしばらく滞在

田町の三田側の夜の風景

柏から千代田線で赤坂に
赤坂のウィクリ―マンションで15日まで滞在
部屋は広いし設備もホテルと変わらない・・・インターネットもあって不自由はない
裏側は衆議院議員の赤坂会館、ちょっと雰囲気が違う赤坂の夜です
明日は赤坂で仕事
ところで、皆さんと田町で前夜祭・・・いやいや情報交換
居酒屋で遅くまで話が弾みます
5名集まって喧々諤々・・・
東京の夜の焼酎はすっかり空に

大阪研修三日目

今日が研修の最終日
終了時には1:30の試験があります・・・IRCAの試験は厳しい、時間いっぱいまで筆記しつけないと書けないほどのボリューム・・・最後で三日分疲れました・・・終わったら手が痛くなっていました・・・たぶん、合格でしょう
最後の研修は、少し早く終わったので新幹線を予約変更しようと思ったが、連休の最終日は満席です
重たい荷物を転がして、東京に着いたのは20:30、柏の弟の家には22:00前に

大阪での研修二日目

ビルに朝日が反射しています

大阪の朝はホテル周辺を30分スロージョギング
ビルに朝日が反射して今日も快晴ですね・・・絶好の行楽日和ですが
一日中カンズメですね、(8:45~19:30)
研修はの議論は活発です
いろいろな分野の人たちなので経験が違い、なかなか面白い
昼食は釜飯でした

餃子店で生ビールを一杯 餃子は二つだが盛り方が悪い

今日も19:30まで研修
帰り道、餃子店で生ビールを
ホテルに帰ってから明日の試験の勉強
疲れますね

大阪での研修一日目

江坂の街はほどほどにぎやか

江坂の街はほどほどにぎやか

朝5時半に起きて、6:28の”のぞみ”で大阪へ
大阪の江坂で三日間はOHSASの研修で、最後の筆記試験を合格すると登録のための条件がクリアできる
朝は8:45から開講して夕方19:30まで、さすがにきついですね
ホテルはすぐ近くに予約、あまり良くはないが値段から仕方がないか

甲斐犬のカイはお留守番

甲斐犬のカイとはしばらくお別れです

ハンディルーターが御岳登山の時につながりが悪かったので、サポートに電話
サポートに出てきたのは、外人らしい女性のオペレーター、1時間半話して操作してようやく正常につながるようにはなったが、いまいち原因がしっくりしない・・・おかげで昼飯を食べ損ないました

昼からSEIさんが事務所へ久しぶりに・・・しばらく話して、次回の芋煮会でまた合う話に

さて、どうやら仕事の資料はなんとなく目処がついたので
キャラバンの準備と外出先から自宅サーバーへアクセスするためにセットをしなければ

明後日から長期出張ですので甲斐犬のカイとは2週間のお別れですね・・・大丈夫かな

長期出張と温泉キャラバンの準備

ACEのスーツケース

今週末から長期出張とキャラバンに出かけます
最初は新しい資格取得のための研修を受けるために、三日間大阪に行きます・・・いまさらこの年でとは思いましたが、まあチャレンジできるときにやっておきましょう・・・・研修と試験が終わったら大阪から東京に移動して、一日後に東京で三日間お仕事、次の日に北海道に飛び、四日間ほど道南を温泉キャラバン・・・終わったら札幌で二日間お仕事して広島に帰ります・・・・ちょうど2週間は放浪の旅です
東京では友人とも一杯飲まなくてはならないし、ホテルの手配や飛行機の手配でたいへん・・・資料もまだ残っていて、またまたたいへん

たっぶり収納できそうです

旅行用のバックが無いので購入しました
思ったより安くてなかなか軽い、日本製でなかなか良さそうです

キャラバン中は甲斐犬のカイが寂しがるでしょうね

VFKさんが新米を届けてくれました

TAMの事務所でコーヒーでも飲みながら

今週はTAMは来週からの長期出張でてんやわんや
調べる資料は多いし、ついでに温泉キャラバンをするつもりなので、遊びの予約や準備もたいへん
しかし、仕事の資料は手が抜けないので・・・
そんなとき、千代田からVFKさんが新米のミルキークイーンを届けてくれました
無農薬で化学肥料を一切使っていない、ミルキークイーン(コシヒカリと餅米掛け合わせた品種のよう)は、もちもちとして絶品です
冷えたおにぎりがまた美味しい
忙しい中ですが、一緒にお好み焼きを食べて、夕方まで話し込んでしまった

カメラのレンズ談義を少し・・・ニンニクを販売する方法を

今年はニンニクの良いのが採れたので、これからネットで販売計画を・・・
全くの泥縄商売ですが
これから販売用のウエッブサイトを構築する予定
ようやく百姓モードから商売人モードに変換したらしい
無農薬の素晴らしいニンニクは要りませんか

研究会

街の風景を試し撮り

御嶽山登山から帰った翌日は昼から研究会の開催です
ちょっと参加人数は少なかったですが、大いに議論が盛り上がり有意義でした
終わってから駅前でビールを・・・喉も渇いたためか・・・やはり黒ビールを飲み過ぎ

ところで登山の前に、PENTAX K-5をネットで落札してしまった
この値段ではとてもムリと思っていたのに・・・・
さっそく、街に撮影を・・・k-7とスタイルはまったく同じですが、中身はびっくりするぐらい違う
ミドル機とは思えない・・・新撮像素子CMOSセンサー、腕がついて行けそうもない
御嶽山の撮影はk-5を持って行きました・・・映像はRAWをそのまま現像してみた
調子の悪かったk-7は修理に出します・・・レンズのPENTAX DA★ 16-50 F2.8がまた故障、これも修理

白鷺の湯 下呂温泉ざんまい

窓際に檜の浴槽がある カメラのレンズはすぐ曇った

温泉 ★★★
下呂温泉を代表する共同浴場
街の中心街にあり、白い洋館風の建物が目立つ
二階に脱衣室があり、1回に下って大きな檜の浴槽がある
窓からは下呂温泉を流れる益田川が眺められる
お湯は無色透明で若干、つるつる感がある
温泉データ
泉質:アルカリ単純泉
営業時間:10:00~22:00
入浴料金:¥300
場所
岐阜県下呂市湯之島856-1
TEL:0576-25-2462
訪問履歴
2011/09/30
関連リンク
公式ウエッブサイト
御嶽山登山(2011/09)

»続きを読む・・

濁河温泉 市営露天風呂 下呂温泉ざんまい

大きな露天風呂は気持ちがよい

御嶽山の登山は木曽側の黒沢口から往復して、翌日は御嶽山の麓をぐるっと回って、濁河温泉に
あいにくと雨が降ったり止んだりで天気は良くない
朝も早いためか露天風呂は二人で貸し切り状態
お風呂はちょっとぬるぬるして滑りそうなので注意が必要
飲用したがあまり炭酸味はなく塩味が強い
昔、来たときは16時を回っていたので入れなかった
朝は早いほうだが、夕方は早く終わる 

温泉 ★★★★
濁り河温泉は人里離れた御嶽山の山麓で、標高は1800m
下呂から国道41号線を走り飛騨小阪から県道437号線で曲がりくねった山道を1時間以上走って濁河温泉に到着する
途中から分岐すると、反対側になる木曽福島まで出ることができる
大きな露天風呂に、ちょっと濁ったお湯が流れ込む
露天風呂が大きいので、湯量がちょっと不足気味であまり熱くはない
温泉データ
泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉 (低張性 中性 高温泉)
51.9℃ PH6.3
営業時間:9:00~16:00
入浴料金:¥500
場所
岐阜県下呂市小坂町落合2376-1
TEL:
訪問履歴
2011/9/30
関連リンク
御嶽山登山(2011/09)

久しぶりに濁河温泉に来たが、旅館は暇そうな感じであった
下呂から長い山道を走らないとたどり着けない
近くには高山トレーニング用のグランドや施設がある

»続きを読む・・

釜沼温泉 大喜泉 木曽温泉ざんまい

檜の浴槽に炭酸泉が掛け流し 屋根は透明の折板で浴室は明るい

釜沼温泉の大喜泉(だいきせん) は温泉療養と薬膳料理の宿である
お湯は鉱泉だが炭酸水素塩泉はなかなか効用がありそう
飲むと炭酸の泡が感じられる
ゆっくりと温泉治療をしたい人には良い宿かもしれない 

温泉 ★★★★
鉱泉であるが薬用に効果があるようで、多くの温泉治療の人達がやってくるらしい
今回は御嶽山の登山をして一泊した
お湯は炭酸泉で薄く濁って大きな檜の浴槽も心地よい
釜沼温泉は温泉療養と薬膳料理の宿である
宿泊は¥10000+税・サービス料
部屋は狭く上等ではないが、薬膳料理は美味しかった
温泉データ
泉質:炭酸水素塩泉(含二酸化炭素カルシウム、マグネシウム 炭酸水素塩冷鉱泉)
入浴する前に源泉を飲用して入る
長い間入っているとのぼせるので注意
営業時間:13:00~16:00
入浴料金:¥800
場所
長野県木曽郡木曽町三岳10869
TEL:0264-46-215
訪問履歴
2011/09/29-30
関連リンク
御嶽山登山(2011/09)

»続きを読む・・

御嶽明神温泉 やまゆり荘 開田高原 木曽温泉ざんまい

ひょうたん型の大きな露天風呂 お湯が気持ちがよい

御嶽山登山の後、汗を流しに開田高原のやまゆり荘に向かう
御嶽ロープウエイの場所から林道を走ればすぐだが、ゲートがあり走行できない
県道、越・木曽福島線に出て、大きく迂回をして別荘地の中にあるやまゆり荘に
可愛くて愛想の良い受付のお嬢さんに入浴券を渡して温泉に
内湯から見える露天風呂にはお湯はなかったので・・・あれ!!・・と、思ったがもう一つ大きな露天風呂があった
開田高原は蕎麦の名所・・・いたる場所に蕎麦屋があり、蕎麦好きにはたまらない場所 

温泉 ★★★★
開田高原の別荘地の奥にある日帰り温泉施設、交通の便は悪く、アクセスも時間がかかるが、大きくて立派な施設
R19からは御嶽山への道である元橋から、かなり車で入ることになる
施設のお湯はウグイス色の濁り湯で利用者も多い
内湯のお湯が褐色で濁り度が高かった、飲むと塩気がして飲みやすい
入浴客が多く、十分な撮影はできなかった
温泉データ
泉質:ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・硫酸塩温泉
泉温:47℃ 湧出量:170リットル/min
源泉掛け流しのお湯、飲用できる
営業時間:10:00~21:00
入浴料金:¥600
場所
長野県木曾郡木曽町開田高原西野6321-1211
TEL:0264-44-2346
訪問履歴
2011/09/29
関連リンク
公式ウエッブサイト(割引券がある)
御嶽山登山(2011/09)

»続きを読む・・