急に思いつき四国キャラバン(1989)

面河渓で ちょっと散策 日付は2/2になっているが服装からすると夏のよう

AWLのクラブを設立当時に、なんとなく高須のVFK宅で、急に話がまとまり四国にドライブに行くことになった

TAMのボンゴで四国の高松に渡り、とりあえず1泊・・・良く覚えていないが.松山の堀江から山に入った権現温泉ではなかったかと思う
次の日は松山は通り過ぎ、砥部によって石鎚山の登山口となる面河渓にゆく
ここから南下して、四国カルストにあるバンガローで1泊
翌日は四万十川を延々と南下して宇和島に.海岸に沿って松山に帰りフェリーで広島に

お袋が昔の写真がいるというので、写真を整理すると懐かしい写真が出てきた
1989/02/02と日付があるが、服装からすると冬ではなく5月頃のようだ、バンガローで泊まったときもあまり寒くはなかった
»続きを読む・・

湯來の伏郷にある団栗亭で(1988/11)

AWLのキャップを被ったメンバー JSW、QPJ、SDK、USB、GYC、TAMが写っている JSWのパジェロが新車

1988/11/25吉和に建設したAWLの山小屋からの帰り、湯來の伏郷にある団栗亭で食事をしたとき、偶然にJSWさんとお会いする
この頃はまだJSWさんはAWLには所属して間もない頃
店の前で写真を撮った
左の乗用車はSEIのスバル LEONEだと思う
しかし、写真に写っていないのでSEIが撮影したのだろう
そこには、今は亡きUSBさんの笑顔が

ちょっとスキャンの品質が良くない

篠原林道トライアル(1988/09)

篠原林道の途中で JeepはTAMのHJ-58 電動ウインチは外してスノウプララウ取り付け用のステーがバンパーに

1988/09/25三次のTRY-Xのメンバーが広島に遠征してきたので、AWLのメンバーと一緒に、吉和から佐伯に抜ける篠原林道を走る
途中には橋が2個所落ちていたり、林道は雨でかなり荒れた場所が多くウインチも多く使うことになる
当時は絶好のオフロードコースだった
写真からTAM、QPJ、SEI、SDK、JND、KHBなどが確認できる

篠原林道MAP

»続きを読む・・

勝手口の前でチロ

捨て犬だったチロ 勝手口の前で

捨て犬だったチロ 勝手口の前で 懐かしい洗濯機が写っている

今の家を建てる前の古い家
勝手口の横が駐車場
その横にチロが繋がれています

古い二槽式の洗濯機が懐かしい

チロの表情を見ると甲斐犬のカイそっくり
やはりよく似るのでしょうかね

1996年 我が家の庭

庭にはモミジや楓など多くの木々が茂っていた

今の我が家はTAMが25年目に建て替えしたもの
以前の家は親父が建てた木造で、裏には大きな庭があった
多分、この写真の後、建屋は解体して新築したものと思う
庭には木々が生い茂り、豊かな庭だったが、その頃は余裕がなくほとんど処分してしまった
写真を見るとその頃が思い出され、ちょっと悔やんでいる
解体の直前にVFKさんに移設してもらった木々もあったが、どうなっているやら・・・1996年06月頃

芝生だった庭は、木々だけが茂っていい感じだった

»続きを読む・・

三倉岳の水晶山

三倉岳を右手に眺める谷間でお弁当を食べます

三倉岳の北側の谷に入り込む林道があり、そこには水晶が良く見つかりました
小さな子供たちをJeepに乗せて良く行った場所です
両親を連れて子供たちとチロを連れてお弁当をつくって水晶探しに行きます
1986/05の時代です・・・古い写真を整理

愛犬のチロも一緒に

»続きを読む・・

Jeepでびっくり橋(1983)

びっくり橋を渡ったところで 子供たちも小さい、Jeepの荷台にしがみついて乗っていた まだ30代の前半

湯來からも吉和のもみの木森林公園に通じる道には、我々がびっくり橋と呼ぶ橋があった
Jeepでちょっとスピードを上げて走ると、橋を通り過ぎるときにちょっとジャンプをしてびっくり
この頃はまだ、もみの木森林公園はなく、競走馬を飼育する東山牧場が広がっていた
牧場はもう営業をしていなかったのでJeepingには最適の場所であった
この道を登って、吉和へ抜ける峠にAWLの山小屋があった

AWL 雨の匹見にJeeping

雨の中 匹見の駐車場で

雨の中 匹見の駐車場で


雨の匹見にJeeping
TAM,VFK-X,UBS,SDK,SMI,QPJ,SEI

スノープラウで山小屋に

USB,GYC,SDK.TAM 背景はAWLの山小屋

USB,GYC,SDK.TAM 背景はAWLの山小屋


初めて試作のスノープロウでSDKさんと佐伯町を経由して吉和側から山小屋に向かいます
スノープラウの固定は単管とクランプで仮設の状態
ちょっと固くなった雪は気持ちがよいぐらいに除雪してあっという間に山小屋に
そこにはUSBとGYCがスキーで来ていました

吉和の山小屋完成

雑誌に掲載された山小屋

雑誌に掲載された山小屋


2年間かけてAWLが建設中だった吉和の山小屋が完成して
完成披露、雑誌も取材に、吉和村の村長さん、助役さん、教育長もご招待
山小屋で完成披露

山小屋で完成披露


個の床に使用した絨毯は竣工前の建物で水が溢れて濡らしたもの頂いて使用
でも、役員室に使用していた高価な絨毯でした
披露の写真はブレていますが、左から三人までは吉和町の三役、次は地主の土居さん、SDK、USB
手前の子供は誰かな?
TAMはHJ58で出来上がった山小屋に

TAMはHJ58で出来上がった山小屋に


Jeepの後ろはTAMの娘たち

Jeepの後ろはTAMの娘たち

吉和の山小屋にJeepで

J54の荷台で寒がっているUSB

J54の荷台で寒がっているUSB

吉和に建設中の山小屋にVFKのJ54をオープンにしていってみます
運転はTAMが、荷台にはUSBとQPJが乗っていますが、風が冷たくかなりさむがっています
湯来から吉和に向かう林道には曼珠沙華が満開でした
写真は古い8mmフイルムをビデオに変換したデータを画像に

VFKのJ54はTAMが運転して

VFKのJ54はTAMが運転して

山男のUSBさんは2005年に病死、荷台で笑いこけていた姿が思い出されます
山小屋はまだ基礎の部分が組立中
防腐剤を塗って1階の床面の墨出をします

QPJも荷台で寒さで震えています

QPJも荷台で寒さで震えています

J54で林道を飛ばします

J54で林道を飛ばします

山小屋に到着 さあ仕事だ

山小屋に到着 さあ仕事だ

JYCも遅れて到着

JYCも遅れて到着

TRY-X 雪中行軍 立烏帽子駐車場

立烏帽子の駐車場 MIYAKAKUの写真

立烏帽子の駐車場 後ろの山は立烏帽子(1299m)この山の裏側が池の段(1279m) MIYAKAKUの写真


三次のTRY-Xの雪中行軍が比婆山山系の立烏帽子駐車場で開催された
TAMもJeep(HJ-58)にD360のキャンピングトレーラーを牽引して参加した
日付は確か1/19(土)~20日(日)だったと思う
雪の中の雪中キャンプは、立烏帽子駐車場から1m以上の雪の中を歩いて立烏帽子を越えて、池の段にあった石室のような避難小屋で1泊するというハードなもので、TAMはキャンピングトレーラーで寝る予定なので寝袋は持って行かなかった
流石に石室は寒く、火を焚いても煙が多く寝れない
真夜中、大雪の中を歩いて駐車場まで帰り、キャンピングトレーラー(D360)で寝たがD360には暖房はなくかなり寒かった
翌朝はD360の内側の窓は氷で固まっていた
立烏帽子の駐車場からの下りは牽引のD360がJeepを押してジャックナイフとなり下れなかったので、先にD360のブレーキを手動でかけながら下った
その時にはXZBさんも参加していたことが、AWLをけっせいしてわかったが、帰り道の4WD軍団に何処ともなく参加していたのがQPJさんだった
MIYAKAKUの家に寄ってJeep談義で盛り上がった

TRY-X 雪中行軍 竜王山

立烏帽子駐車場で、Jeepは冬でもフルオープン MIYAKAKUの写真

立烏帽子駐車場で、Jeepは冬でもフルオープン MIYAKAKUの写真 左からMIYのHJ-58 VFKのJ-56 TAMのHJ-58 ランクル タフト

Jeepの愛好者が少しずつ広島にも増えてきて、三次のYRY-Xからお誘いがあり、広島からTAMとVFKが竜王山での雪中行軍に参加した
庄原に集合して比婆山山系の竜王山へ走りに行くことに
あまり雪は多くはなかったが、初めてのJeepの会合は大いに楽しめた
カラーの写真は8mmフィルムをビデオに変換してJPEGにキャプチャーしたもの・・・さすがに画質は悪い,白黒はTRY-Xのリーダーで写真家のmiyakakuが撮影
»続きを読む・・

子どもと正月

皆実町の庭で

皆実町の庭で


利枝

利枝


後ろは清二

後ろは清二

子どもたちと三滝寺に

長女由枝 4歳

長女由枝 4歳

子供を連れて三滝寺に

園枝と一緒

園枝と一緒

お袋のサニー

お袋のサニー


»続きを読む・・

由枝誕生

由枝誕生 朝日の神社に

由枝誕生 朝日の神社に


1971/12/04由枝が誕生
開けて1972年の正月に旭の神社に初参りに
車はマツダのルーチェでした

学生時代の清水寮の思い出

東京での大学生活は、小さなおんぼろ長屋での学生寮で生活となった
先輩たちの可愛がられた1年生の時代1965年

1965年12月頃

1965年12月

1965年12月

1965年7月

1965年6月

1966年3月

1966年3月

1966年3月

1966年10月

1966年4月

1966年5月