英彦山へ

炭坑節で歌われた、大きな煉瓦の煙突

炭坑節で歌われた、大きな煉瓦の煙突が残っている

土曜日の4/6から春のあらしで天気は雨続き
土曜日は、昼から研究会、今回はちょっと参加メンバーが少なかったが、夕方はいつもの居酒屋で

日曜日は、福岡と大分の県境にある英彦山目指して、NGIさんと出発
英彦山は何回か計画したが、いつも計画倒れとなっていた

 1909年(明治42)に完成した旧三井田川鉱業所の伊田竪坑櫓の前で

1909年(明治42)に完成した旧三井田川鉱業所の伊田竪坑櫓の前で

10時に宮島SAで集合して、山陽道を西に走るが、天気は悪い
明日は、天気予報では晴れとなっているので決行
九州自動車道の小倉南ICから、田川に着いても雨模様で気温は低い、明日登る英彦山は雪が降っていると放送されていた
石炭・歴史博物館から、道の駅 おおとう桜街道 天然温泉 さくら館で食事をして温泉に入る
最近できた新しい施設で、駐車場は車で満車だった
夕方に、英彦山のしゃくなげ荘にチェックイン

石炭歴史博物館の外にある竪坑櫓の前で

石炭歴史博物館の外にある竪坑櫓の前で

旧三井田川鉱業所の伊田竪坑櫓

旧三井田川鉱業所の伊田竪坑櫓

炭鉱住宅も展示

炭鉱住宅も展示 ここは炭坑節の発祥の地

坑内の様子を再現

坑内の様子を再現


大任の桜街道さくら温泉 道の駅に併設

大任の桜街道さくら温泉 道の駅に併設


しゃくなげ荘の和洋室を予約

しゃくなげ荘の和洋室を予約


窓の外には名残のサクラが

窓の外には名残のサクラが


夕食は竹、これにもう1品 十分でした

夕食は竹、これにもう1品 十分でした

2 comments to 英彦山へ

Leave a Reply