娘とランチに

母の一周忌も終わったので三連休の中日にはランチに出かける
ワインを飲みたいので車ではなく、JRで八本松まで行き後は徒歩
久しぶりに八本松のフランス料理に、食事とワインを楽しみます

八本松のフランス料理ウッドハウス
娘二人とランチに ワインも一本
八本松までJRで行く
Continue reading

吾郷(美郷)の墓参り

昨年は亡き母が吾郷の飯田屋の墓に参りたがっていたが、雨で行くことはできなかった・・・今年は次男家族と一緒にお参りに
凄い夏草でたどり着くまでがたいへんだった

昨年には亡き母を連れてこれなかった 今年も夏草でたどり着くまでがたいへん

夏草で道が無い 隣の敷地は太陽光発電となっていた
飯田屋の墓に到着
Continue reading

2階の庭の雑草をとる

昨日は4回目のコロナワクチンで微熱があり、一日中寝ていた
今日は少し調子も戻ったので、家族全員で(娘二人とTAM)で2階庭の草むしりに挑戦・・・暑い、暑い、10時ごろから昼まで草を抜いたがすっかりバテてしまった
東側のアパートが解体されたので、庭が汚いのが丸見えとなった

我が家の東側は3階建てのアパートで見ることはできなかったが、アパートは解体されて更地に
庭は雑草で歩けないほどになっていた
少し草を抜く 娘たちと三人で昼まで
Continue reading

SAdの葬儀

参議院選挙に行く
ラムのロックで一杯

今日は徹子さんの葬儀が12時半から、その前に参議院の投票を済ませる
12時半から葬儀して火葬に行き骨上げをして、お寺で初七日を済ませると夕方だ、家に帰り一人でラムのロックを飲みながら冥福を祈る
北海道キャラバンに行っていたら参列出来なかったな
天候も良くなかったし、また計画しましょう

SAdの通夜

近くの花屋で献花をつくってもらう

遠い親戚のSAd徹子さんが急死された、まだ60歳過ぎだったのに、昨晩大雨の中、兄弟さんが知らせに訪ねてきてくれた
娘二人はお茶でお世話になっていたのだが、隔離中なので参列出来なかった

家の近くで通夜がおこなわれた

整理

母の部屋もその後、大きな変化はない

母の旅立ちから早くも4か月以上となってきたが、ようやく整理を始めた
まだ、最終の申告が終わっていないので確定はできないが、ざっとまとめが終わる

母の遺産関係を申請のために整理する

部屋の主が居なくなり時間が止まっている

Continue reading

法事

法事の後に福屋の2Fで食事

少し遠い親戚となるが、娘のお茶の先生で、親が世話になっていた遠い本家に当たる家の三回忌の法事にゆく・・・かなり冷え込んで雪がちらほらする
私もこの本家筋で知った人はいなくなり、法事の関係で知った子供たちとなる
コロナの中なので法事の後の会食(お斎)は無くお弁当であった・・法事の大切なことは、普段会うことのない人との出会いとお話であると思うと、やはり少し寂しい
法事の後に、娘二人と昼食を福屋の2階のパーラーですることにしたが、値段が高いのはびっくりした

徳栄寺の前で

サンドイッチは美味しかった

Continue reading

墓掃除と資源ごみの片づけ

墓掃除に行き正月花を生けておく

母が集めていた包装紙類も・・資源ごみに

昼に花を買って墓掃除に徳栄寺に行く、12月は忙しく墓参りにも行っていなかった
その後は、洗濯場で雪崩が起きそうになっていた段ボール類をまとめてリサイクルセンターに持って行く、18時ごろ帰るころにVFKさんが野菜をもって訪ねてきた
食事が終わってから少しヒデの写真を整理したら寝つきが悪かった

まとめた段ボール類をリサイクルセンターに

母の折り鶴とキーボード

母が折り鶴を折って作っていたオブジェ

居間のTV用に購入したキーボード

検査入院から午前中に帰宅する・・あまり体調は良くない、しばらくは運動などはしない方が良いようだ
余りのんびりとできないので、来週の仕事の資料などを

母が折り鶴を折ってオブジェにして知り合いに配ってた・・・9月に入るとあまり折らなくなり、配布する人には配り終えていたようだ
残ったオブジェたちを居間に飾っている

居間の大型のTVは、最近はPCのモニターとして使っているが、どうもマウスの動きが悪い、新しいマウスとキーボードを購入してみた
エレコム キーボード 【マウスセット】‎TK-FDM091SMBK ワイヤレス (レシーバー付属) メンブレン ミニキーボード ブラック

夕食は外食に

娘と二人で夕食  ワインを飲んでリブステーキ

日曜日は亡くなった母の7日毎の法要が終わった後、朝食に娘がアップルパイを作ってくれるが、出来上がったのは昼前・・・まあブランチで頂いて、今日は葬儀のお礼や、お返し、四十九日(満中陰)法要の案内など、諸々を手分けして作成する
夕方には近所にあるフランス料理煮込み家庭料理店に・・・ホホ肉の煮込み、アヒージョ、リブステーキを頂く
アヒージョは少し好みではなかったが、ホホ肉とリブステーキは美味しかった

ほほ肉の煮込み

朝はアップルパイを作る

静かな月曜日

静かに週が始まる 天気は下り坂

娘たちも出勤し、親戚も帰り、静かな月曜日となった
母は百一歳で、年齢的にはいつ別れとなってもおかしくはなく、いつもそのことは覚悟していたが
病院に入るわけでもなく、介護施設にいるわけでもなく、家で普通通りに暮らしていたので、やはりその存在は大きかった
母の交友関係も多く、関連する人達で賑やかな日常だった
静かな家の中で、母の部屋にしていた居間にいると、まだそこにいるような感覚になる

創っていた千羽鶴のオブジェ ほとんどは知人や関係施設に配り終えていた

家の中が静かになった

Continue reading

部屋の片づけ

母が面倒をみていた窓際の植木鉢に水をやる

昨日に引き続き部屋の片づけをする・・・このようなときは人数が多くないとやる気がしない
不要なものをゴミに整理して、残すものと仕分けをする・・午後過ぎには疲れたので終了、16時に東京から来ていた弟夫婦が帰る

母の部屋を片付ける 大きなベットが亡くなったので少しスペースが広くなる

居間も整理して

家の整理

レンタルしていた母の介護用品を返却

昨晩は弟夫婦と従妹と娘と6人で夜遅くまで思い出話などで話をする
少し睡眠不足だが、体を動かさないと落ち着かないので、全員でまずは母の部屋の片づけから開始する・・・大きな電動ベットを解体して半地下にあるTAMの寝室に移動することに、電動部分がかなり重く、一人ではどうもならなかった
色々と整理して、使っていたレンタルの介護用品は返却する・・・まだまだ片づけられそうもないが、従妹が昼過ぎに東京に帰り、午後には親戚で葬儀に出席できなかった呉の叔父さんが弔問・・夕方は食事を作る気がしないので、近くのフランス家庭料理の店に行く、¥4000弱のコースだったが、それなりに美味しくてワインも進んだ

母が気にかけていた果林の実が大きくなっている

夜は近くのフランス料理で

Continue reading

母の旅立ち

母の百歳写真集と掲載された「美婆伝」 99歳の時に「世界最高齢のビューティアドバイザー」として、ギネスに認定

母の葬儀を徳栄寺で、交遊が多いので本堂をいっぱい使って営む、大勢の関係者に送られて母が旅立った

徳栄寺で母、百一歳の葬儀

家に帰ってきました

母の通夜

通夜は菩提寺の徳栄寺で

仮通夜を終えて、翌日は銀山町の徳栄寺で通夜をおこなう
コロナのこともあり、家族葬も考えたが、母の広いコミュニティーの人々と盛大に送ってやりたかった
多くの人々の参加で多分母の希望に叶う通夜になったのではないかと思う、花道の小原流、ポーラレディとして現役を貫いた百一歳と六ヶ月の生涯、苦しむこともなく穏やかに旅立っていったと思いたい

遺体を寺に搬送する

悲しい別れ

数値は悪くなかったが・・・

母は昨日は意識が多少戻り少しだが話ができるようになった
東京や大阪から兄弟や親戚孫が到着する・・・今日は少し意識は朦朧としている状態が続いた
数値が良さそうなので、二晩は付き添いで泊まったが、今夜は18時過ぎに家に帰る
23時前に病院から電話があり様態が変わったの事、すぐゆくとしばらくして最後の別れとなった
葬儀屋に連絡をして、家に遺体を運び、4時過ぎまで処置をする

 

母の付き添いで病院に泊まる

母が最後に生けていた生け花

昨晩は呼吸停止となったが、強制的に空気を送って1時間続けていると、自力呼吸をするようになった
酸素の圧力を上げて処置をする、まだ意識は戻らないので、横に付き添いで朝10時まで病院に、朝には少し意識が戻り自分の名前などは話せるようになった
血中濃度も少し改善したが、血液中の炭酸ガス濃度が高いとのこと、一度家に帰り甲斐犬のカイを病院に連れてゆく

少し数値は持ち直したが

月下美人の萎んだ花、一晩の命