久住山 周遊登山

扇ヶ鼻の岩の間から久住山を 良く歩いたな

扇ヶ鼻の岩の間から久住山を 良く歩いたな

久住山を赤川温泉の登山口から登るコース、二人とも山歩きは久しぶり、ロートルは少し自信はないが、かなりの強行軍

箱庭のような久住山 中岳から

中岳から御池を中心に箱庭のような眺め 左から久住山、扇ヶ鼻、天狗ヶ城

久住山を巡る 天気が良くて気持ちが良い

久住山を巡る 天気が良くて気持ちが良い 正面は中岳

朝は、素晴らしい天気、朝湯を楽しんでから8時に登山開始・・・赤川からのコースは久住の中でも特に辛い
久住山から中岳、天狗ヶ城、扇ヶ鼻とまわり赤川温泉に

久住荘の朝風呂 お湯は白濁

久住荘の朝風呂 お湯は白濁 国民宿舎だがなかなか立派

これから登る久住山が見える

これから登る久住連山が見える かなり遠いし、高そう

7:56 赤川登山口の駐車場

7:56 赤川登山口の駐車場 建屋はトイレです 静かで誰もいません

8:06 赤川を渡る

8:06 赤川を渡る

8:09 赤川温泉の源泉が湧いている

8:09 赤川温泉の源泉がボコボコと湧いている ここから赤川温泉に引き湯

8:55 灌木帯を登る ちょっと休憩

8:55 灌木帯を登る ちょっと休憩 灌木帯は歩きにくい

9:17 灌木帯が終わると少し見晴らしの良い草原に

9:17 灌木帯が終わると少し見晴らしの良い草原に

9:30 少し休んでから出発、一気に険しくなる

9:30 少し休んでから出発、一気に険しくなる これから正念場

10:00 久住荘が米粒のように

10:00 久住荘が米粒のように 久住高原が綺麗です

10:26 辛い登りが続く

10:26 辛い登りが続く 景色は良くなりましたが、見る余裕はない

10:35 雲が出てきた久住山山頂

10:35 雲が出てきた久住山山頂 だいたいコース時間通りでした

コースタイムを1:30と計画したが2:30の間違いだった

コースタイムを1:30と計画したが、2:30の読み間違いだった・・(*_*;

10:57 久住山から稲星山方面へ下る

10:57 久住山から稲星山方面へ下る 左が中岳、中央は立中山、右は稲星山

11:08 久住高原からの表登山道分岐に

11:08 久住高原からの表登山道分岐に 正面の中岳に向かう

11:21 白口岳登山道合流点 白口登山道は禁止だった

11:21 白口岳登山道合流点 白口登山道は禁止だった 正面は立中山

11:22 ここから中岳に登ります

11:22 ここから中岳に 中岳には一気に登ります

11:37 中岳の登り

11:37 中岳の登り ちょっと鎖場

11:43 中岳(1791m)九重連山最高峰

11:43 中岳(1791m) 久住連山の最高峰

中岳山頂で素晴らしい景色を楽しむ

中岳山頂で素晴らしい景色を楽しむ

三俣山とぼうがつる

三俣山とぼうがつる 法華院温泉は手前の山に隠れて見えない

久住山と避難小屋

久住山と避難小屋 右は御池

天狗ヶ城と奥に星生山、噴煙の硫黄山

天狗ヶ城と奥に星生山、噴煙の硫黄山

12:03 天狗ヶ城に向かいます

12:03 中岳を下って天狗ヶ城に向かいます

12:07 真下に御池を眺めながら登る

12:07 真下に御池を眺めながら登る 後ろは久住山

12:11 天狗ヶ城に ここで昼食

12:11 天狗ヶ城に ここで昼食

目の前に硫黄山

目の前に硫黄山

三俣山も良く眺められます

三俣山も良く眺められます

12:51 天狗ヶ城を下って久住別れに

12:51 天狗ヶ城を下って久住別れに 正面は肥後ヶ城

13:00 肥後ヶ城の下を通過 西千里浜に

13:00 肥後ヶ城の下を通過 西千里浜に

13:13 星生山は今回はパス

13:13 星生山は今回はパス

13:20 扇ヶ鼻分岐 右は牧ノ戸峠

13:20 扇ヶ鼻分岐 右は牧ノ戸峠

13:53 扇ヶ鼻到着

13:53 扇ヶ鼻到着

13:59 遥か彼方に久住山

13:59 遥か彼方に久住山

扇ヶ鼻の岩から久住山

扇ヶ鼻の岩から久住山

15:12 扇ヶ鼻からの下りは辛い 良く滑る

15:12 扇ヶ鼻からの下りは辛い 黒土で良く滑る 背丈もある草の連続

15:16 少し緩やかになり後ろを振り返る

15:16 少し緩やかになり後ろを振り返る

左が扇ヶ鼻 あまりお薦めのルートではない

左が扇ヶ鼻 あまりお薦めのルートではない あまり整備がされていない

15:35 ようやく赤川登山口まで降りてきた

15:35 ようやく赤川登山口まで降りてきた この登山道は疲れる

16:00 赤川温泉露天風呂 これは冷泉

16:00 赤川温泉露天風呂 これは冷泉

極楽だ~~

極楽だ~~  やはり硫黄泉は最高

疲れも吹っ飛んで

疲れも吹っ飛んで

2 comments to 久住山 周遊登山

Leave a Reply