別府・小国・久住温泉キャラバン

いつもの明礬温泉の高台にロデオを駐めて

秋の九州温泉キャラバンにはTAM,SEO、ITOの三人で九州に、 いつもより少し早く18:30に横川に集合
九州に向かってロデオキャンパーはスタートです


2006/10/13(金)
広島18:30==山陽道==九州道==小倉東IC==10号線を南下==11:00別府明礬温泉、鍋山温泉
夜食:ダイコンと筋肉の煮込み、フランスパン、チーズ


2006/10/14(土)
鶴の湯→大分→七里田温泉赤川温泉小国温泉 万作の湯満願寺温泉
朝食:ベーコンたまごご飯、 味噌汁、漬物 昼食:イカズミパスタ、イタリアンサラダ 夕食:豊後牛ステーキ、イタリアンサラダ、 ポテトチーズ


2006/10/15(日)
小田温泉 万作の湯岳の湯 地獄温泉 裕花命の湯 高塚温泉→天瀬IC==大分道==九州道==山陽道==広島
朝食:パン、ポタージュ、目玉焼き、サラダ 昼食:しょうゆラーメン、カレーパン

さてこれから鶴の湯へ行きましょう

鍋山温泉の野湯に、真夜中ですが鍋山温泉のカラスの湯は先客がいました
星がいっぱいの夜空を眺めながらまずはゆっくりと・・・・別府の町並みの夜景が谷間から見渡せます
持参のビールで乾杯です・・・夜の山道を歩いてキャンピングカーに帰り、別府の町並みが見渡せる高台で、夜中の宴会ですね
・・・・何時まで飲んでいたのか・・・かなりのビールが空になっていました
翌日は日が高くなるまで朝寝です・・・
高台から草を掻き分けて崖下の鶴の湯に、鶴の湯はかなり混雑していましたが、しばらくすると多少空いてきました
鶴の湯は源泉がそのままでかなり熱いお湯です、がまんぐらべで入浴

高台から草をかき分けて

ようやく鶴の湯に到着

熱いお湯でアルコールを汗とともに出して、目が覚めますね
また背丈以上の草を掻き分けてロデオに戻り、朝食です
ゆっくりコーヒーを飲んで出発準備をするころにはもう11時を廻っています
SEOさんのリクエストで別府と大分のテニスコートを見学
特に大分は新しいスポーツ競技場がナビに無くて探すのに苦労しました

別府三大野湯の一つ鶴の湯 青白い熱いお湯が湧いている

赤川温泉の白濁した硫黄泉 かなり冷たい

少し遅れてしまいましたが、混雑する大分市街を抜けて長湯に
七里田温泉下湯の強烈な炭酸泉に・・・ここで少し遅い昼食
さて次はあの硫黄がたっぷりの赤川温泉へ
滝を見ながら冷たい源泉に入ります

ちょっと町の真ん中にある洗濯場の湯

17:00に今晩の宿となる”万作の湯”のロッジにチェックイン
さて日が暮れるまで万願寺温泉の洗濯場のお湯に
ここは正面の道路から丸見えですが、見つめる人も無いようで・・・・入浴します
おばさんが選択に来て隣の浴槽で選択を開始、お湯はちょうど適温ですね
川と同じレベルのお湯は護岸の押しの間から湧いているようです
帰るころは日は落ちてすっかり暗くなってきました

ロッジでの夕食は豪華に

今晩のディナーは豊後牛のステーキと決めていましたので、久住町にある豊後牛を販売しているAコーポで調達します
¥960/100gの特上の肉を450g購入
ロッジは露天風呂と隣り合わせです
部屋の中にも大きなお風呂がありましたが、上は熱いのですが下が水です
隣の大きな露天風呂でゆっくりと・・・・・ さての夕食は赤ワインと豊後牛ステーキイタリアンサラダ添えです
さすがにこのお肉はおいしい、ワインがおいしいですね・・・・・ パンとチーズもかじりながらワイワイとお腹が一杯ですね
お風呂上りにはベンチで星いっぱいの夜空を鑑賞・・・・ 9時半にはバタンキューと熟睡です

宿泊したロッジ 万作の湯 お湯もよい、施設もよい

夜明けと同時にカイを連れて近くの田んぼのあぜ道を散歩
朝湯に入って、汗を流してすっきりとして朝食・・・9:30に万作の湯を出発します

裕花の露天風呂の雰囲気は最高です

山川温泉共同湯に寄ってみましたが、お湯の工事中で入浴できませんでした
岳の湯の裕花でちょっと紅葉が始まった木々を眺めながらゆっくりと
いつ訪問してもここの露天風呂の雰囲気は最高ですね
熊笹の茂みと木々がなんともいえません
さてこれから、 天ヶ瀬温泉に急なヘアピンカーブを何回も廻っていってみましたが、お目当ての河原の露天風呂はポンプの故障でカラブリ

命の湯 峠にある家族風呂

大分道、天ヶ瀬ICに向かう峠に家族風呂の命の湯があり、ちょっと寄り道
お湯は無色透明あまり特色はありません
13:00に大分道に入り広島に帰ります
広島には17:20横川に到着、解散します
キャラバン中はずーと良い天気で、どこの温泉も心地がよく、ゆっくりと秋の九州が楽しめました

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。