比婆山御陵とイチイ(あららぎ)の大木

比婆山の御陵 伊邪那美命(いざなみのみこと)の墓といわれている

比婆山(1264m)は古事記に「・・故神避けりまししイザナミ命は出雲国と伯技国との境、比婆山の国に葬しまつりき」と記され、イザマミ命(伊邪那美命)の御陵がある山として、古来より信仰を集めています
山頂のブナ純林の中に陵墓とされる巨石が、イチイの老木に囲まれています

イチイに囲まれた産子の岩戸

太鼓岩もイチイの大木に囲まれている

比婆山御陵の説明版

イチイの木の説明版

イチイが群生している

イチイは枝が下に下がっています

イチイが群生する登山道

イチイは門栂(もんとが)という

比婆山御陵にはお社があります

ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. ヒバゴンやツチノコいたぁ?
    定休日だったかなぁ~

    • 懐かしいですね
      ヒバごンにツチノコ、カイが探していましたが
      いなかったようですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。