新しいソールの登山靴で黄金山へ

夕闇迫る広島市内 宇品地区 すこし霞んで視界が悪い

家から黄金山へのコース

登山靴が修理から帰ってきたので、夕食後、黄金山の山頂まで往復します
やはり、慣れた靴は履き心地がよい
夕方で日は落ちましたが、まだかなり蒸し暑い
登りは森の中の直坂を登り、一気に標高221.7mの黄金山山頂に
さすがに新しいソールの登山靴は、急な登りを確実にグリップ、やはり歩きやすいですね

黄金山が見える この地区は区画整理中、南町から大河にかけて

黄金山の山頂 海は霞んでいる

ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 良かったですね♪

    富士山に登るにあたって、トレッキングシューズを
    物色中です♪♪

    • やはりトレッキングシューズより、登山靴のほうがよいのでは
      早めに購入して足に慣らさないと
      靴が合わないと悲劇です

  2. やっぱり履き慣れたのは安心して歩けますね
    あれもこれも張替えできればと思うけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。