三滝の宗箇山登山

宗箇山の山頂でSDK、ヒデ、そのたん、TAM

SDK夫妻と娘、ヒデを連れて三滝寺から宗箇山を登ります・・・甲斐犬のカイも一緒です・・三滝山縦走(三滝寺から宗箇山、大原山を経由して三滝寺に帰ります)

ヒデも頑張って登っています

孫のヒデと娘とTAM

三滝山登山マップ

三滝山登山マップ

ヒデはお疲れ

mitaki01
今回はSDKさんと娘と孫そして甲斐犬のカイと一緒に登ります
三滝の駐車場は満杯でした、何とか駐車して三滝寺の参道を登り始めます
登山道には手造りの標識があり、良く整備されています
参道が終わり山道になります、参道は孫のヒデは歩いていましたが、山道からは背負子に乗せていきます

mitaki02

堰堤から本格的な山道に、カイは少し先行して待っています
坂道は緩やかでハイキング気分ですね

mitaki03

mitaki04
ちょっと登山道がきつくなり、尾根道に到着します
ここまで出発地から700m歩いてきました、ここから宗箇山までは後、900mです
曇ってきました、ちょっと雪がちらちらしてきました しばらく歩くと己斐の奥畑へ下る分岐です、あと400mで頂上です・・・約1時間で頂上に到着しました
背中のヒデが結構重く、寒いのですが汗が吹き出ます 頂上からは広島の市内が見渡せます、瀬戸内の海が光っています・・・さて昼食にしましょう

mitaki05

頂上には広島浅野藩の家老で「宗箇」と号した上田重安が茶室の借景としてこの山に赤松の木を植えた由来の看板があります いま3代目の松が植えてあります カイも山道をたっぷりと歩いて満足のようです
さあ、下りましょう

mitaki06

mitaki07
宗箇山から多宝塔に下る山道はかなり勾配がきついですね
時々左側に長束の町が見えます
長束への分岐が2カ所あります、最後の分岐から大原山への登りになります
一気に上ってみましたが、大原山の頂上は見晴らしがききませんね、すぐ下り三滝寺の多宝塔に下ります 14:26にスタート場所に帰ってきました、汗を流しに宇品の”ほの湯”に行くことにします、途中SDKさんのXさんを拾っていってみましたが、駐車場に入る車の列ができています、すぐあきらめて半兵衛温泉に変更します ちょっとしたハイキングでしたが足が痛くなってしまいました

甲斐犬のカイは元気いっぱい

甲斐犬のカイは元気いっぱい

草むらが大好きですね

草むらが大好きですね

宗箇松の由来

宗箇松の由来

宗箇山の説明

宗箇山の説明

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。