千原湯谷湯治場 三瓶温泉ざんまい

階段を数段下って奥に浴槽があります 右には男女兼用の五右衛門風呂があります

千原温泉は以前から気になっていましたので、今回84才の母と叔母をつれて雨の連休に入浴に出かけました
母の田舎はこの近くで、といっても数十キロは離れていますが、子供の頃連れられていった記憶があるそうです
母の妹婿は大昔に足の怪我の治療でここに良く通ったと車の中で聞きます

千原温泉は昔から「切り傷・火傷・慢性皮膚病」に特効の「療養専門」の温泉として知られています

温泉 ★★★★★
三瓶のお湯は赤茶けたお湯です
このお湯も源泉そのまま・・温度は35度ぐらい、ゆっくりと入っていると温まる
古くからある温泉です
温泉データ
泉質:含二酸化炭素-ナトリウム 塩化物・炭酸水素塩泉 高張泉
営業時間:8:00~18:00
入浴料金:¥500
場所
島根県美郷町千原1070
TEL:
訪問履歴
2004/10/10
2004/10/24
2008/01/19
関連リンク
三瓶周辺の温泉ガイド
冬の三瓶温泉ざんまいキャラバン
三瓶山虫取りキャラバン
千原温泉キャラバン
公式ウェッブサイト

川の横に湯治場はあります

建物の奥の半地下の場所に浴槽があります

入浴の料金を払っていると、女将が”前はいつ頃こられましたかと”尋ね84歳の母が”子供の頃に”と答えると、”ここはその頃から変わっていませんから”との返事でした
のれんで仕切ってある脱衣場から階段を下って半地下になった場所に浴槽があります
ちょうど人肌のような褐色のお湯はじっくりと入っていると温もってきます
昔は中央の仕切りは無く混浴だったそうですが、今でも男湯と女湯との間はカーテンで仕切られているだけです
男湯側に五右衛門風呂があり10月からは沸かしてあり男女兼用の上がり湯となっていて、最初の写真の右手の白いカーテンの中に五右衛門風呂があります
源泉の浴槽はちょっと深めの風呂の底には板が敷いてありその下から源泉が沸いて、小さな泡と時折り大きな泡が上がってきます
5~6人でいっぱいとなり、洗い場はありません、床や浴槽派は長い年月の温泉成分の結晶が堆積しています
治療専門なのでほとんど宣伝はしていないため口コミで訪問する人達だけですが、休日は混雑しています

今にも崩れそうな感じの古い建屋

この奥に源泉の汲み場があります

源泉を持ち帰られます

源泉の説明書

駐車場は7~8台停まれます、この旅館から先は未舗装の林道ですがちょっと行くと転回する場所はあるそうです
道路の横に源泉がありますので、静かに走行しましょう

古いですがいかにも湯治場の雰囲気

駐車場は5台ぐらい駐められる

ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. ピンバック: AWL温泉ざんまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。