東北温泉キャラバン 仙台から姥湯へ

久しぶりの姥湯はあまり変化はなかったが、露天風呂は少し変わっていた

福岡空港9:10初の仙台行きのJALで飛び立つ、仙台空港には11時に到着して、トヨタレンタカーで車を借りて、磐梯吾妻の北側にある姥湯を目指す
国道4号線で福島の手前まで走り、国道13号で米沢に向かい、板谷から林道に入り、峠駅を経由して、滑川温泉からさらに上った場所が姥湯温泉、姥湯は、標高が1300mの山の中で、途中の林道はかなり険しい、運転の自信のない人は要注意
姥湯は単純硫黄泉で乳白色、PH2.6 源泉温度51℃ かなりの秘湯である

姥湯 枡形屋 駐車場からは少し上って歩く


朝は博多空港で朝食 量が多い

仙台空港に定刻で到着

途中ラーメン屋で昼食 辛しラーメン

林道をかなり走って標高を稼ぐ

駐車場に車を置いてこれからは歩きとなる

吊り橋を渡ると枡形屋が見えてくる

姥湯の露天風呂(混浴)

気持ちが良いですね

外来入浴は15:30まで

入浴が終わり体がポカポカ、二つ露天がある

川は温泉の源泉が垂れ流し

姥湯の枡形屋に宿泊したかったが、タッチの差で予約できなかった
14:00頃に訪問して、14:30には、今日の宿泊宿の滑川温泉に下る
姥湯の外来入浴は9:30~15:30までなので注意が必要、入浴料金は¥600
どうも、営業は11月上旬までのようだ

 

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。