真夏の温泉キャラバン(美作から山陰へ)

大山の鏡ヶ成で夜霧が高原を覆う

大山の鏡ヶ成で夜霧が高原を覆う 標高1000mは涼しい

連日35℃を超える猛暑の中、TAMとSEIは岡山の美作(みまさか)から山陰(大山~島根半島)を温泉巡り
足は、エスティマを車中泊用にプチ改造、クーラーボックスに飲物と酒の肴を入れて出かけます
外は暑いけどエスティマの中は冷房が良く効いて快適
鏡ヶ成での車中泊は思ったより快適、一杯飲んで20時には睡眠
皆生温泉では唯一朝6時から営業の汐の湯へ
美保関の灯台では車中で朝食
ちょっと遅い昼食は松江で手打ちの割子蕎麦

島根半島の北側を奇岩を見ながら流す

島根半島の北側を奇岩を見ながら車で流す 道路はかなり良くなっていた

奥大山休暇村も夜霧に包まれる

奥大山休暇村も夜霧に包まれる

沖泊 多古の七つ穴

沖泊 多古の七つ穴

今回は中国道を走って津山の手前の鏡野へ、鏡野温泉が目当てであったが、15:00~開始でありまたもや入浴できず
ちょっと離れた場所にある、手作り感満点の瀬戸川温泉へ・・・ここのラーメンは美味しかった
さて、これから富栄山の富村ののとろ温泉天空の湯へ、雄大な露天風呂で解放感を味わって山沿いに津黒高原へ、津黒山をトラバースして、福山不動の滝
そして、関金温泉へ・・・大山の鏡ヶ成で車中泊

多古鼻でSEIとカイ

多古鼻でSEIとカイ カイはスリスリ

暑さは尋常ではない

暑さは尋常ではないが、日本海の海は綺麗だった

翌日は、皆生温泉で朝風呂、境港で水木ロードをウロウロ、美保関に渡り、島根半島の北側を走る
北浦、多古鼻、加賀潜戸、島根原発、鹿島の多久の湯、松江で割子蕎麦を食べて広島に帰ります

中国道を走り鏡野の瀬戸川温泉へ

中国道を走り鏡野の瀬戸川温泉へ

のとろ温泉 天空の湯

のとろ温泉 天空の湯

福山 不動滝 鎖場が続く急峻な遊歩道を下る

福山 不動滝 鎖場が続く急峻な遊歩道を下る

関金温泉 元湯

関金温泉 元湯

源泉は飲用ができる 無味無臭の源泉39.5℃

源泉は飲用ができる 無味無臭の源泉39.5℃

鏡ヶ成の高原に夕霧が迫る

鏡ヶ成の高原に夕霧が迫る

夕方には湿気が多くなる

夕方には湿気が多くなる

だんだんと霧が深くなる

だんだんと霧が深くなる

今夜はエスティマで車中泊

今夜はエスティマで車中泊

冷えたビールとウイスキーでカイと一緒

冷えたビールとウイスキーでカイと一緒

車中泊の寝床は快適でした

車中泊の寝床は快適でした マットレスはロデオのバンクベットを使用

カイは草原でスリスリ

カイは草原でスリスリ

鍵掛峠から朝日が受ける大山の南壁を望む

鍵掛峠から朝日が受ける大山の南壁を望む

ブナ林の大山環状線を走る

ブナ林の大山環状線を走る

大山環状線を早朝に走る

大山環状線を早朝に走る

皆生温泉汐の湯 朝6時から10時まで¥300

皆生温泉汐の湯 朝6時から10時まで¥300

江島大橋 堺港から美保関を結ぶ

江島大橋 堺港から美保関を結ぶ

美保関灯台 管理等は灯台ビッフェになっている

美保関灯台 管理等は灯台ビッフェになっている

雰囲気のある灯台ビッフェ

雰囲気のある灯台ビッフェ

小学生のころ泳いだ北浦海水浴場

小学生のころ泳いだ北浦海水浴場

多古の七つ穴

多古の七つ穴

天空の岬 マリンパーク多古鼻

天空の岬 マリンパーク多古鼻

コテージが多くあるキャンプ場

コテージが多くあるキャンプ場

加賀の潜戸 灯台から岩場に下る

加賀の潜戸 灯台から岩場に下る

先端まで3kmはエスティマで藪漕ぎをすることに

先端まで3kmはエスティマで藪漕ぎをすることに

松江で手打ちの割子蕎麦を食べる

松江で手打ちの割子蕎麦を食べる

4 comments to 真夏の温泉キャラバン(美作から山陰へ)

Leave a Reply