Bloomberg Businessweek に母が掲載されました

オールドエイジは美しく輝く自分になれる可能性がある

日本の高齢者の化粧品に対する需要は急速に高まっています。
99歳の福原キクエは、化粧品を老人に販売することについて2つのことを知っています。日本のトップ化粧品会社の1つであるポーラで働いており、最近ギネスから世界最年長の美容顧問として認められました。彼女の戦略:自分の肌で商品をテストし「化粧のために、365日、休む日はありません」と彼女は言います。「個人的な外見を維持することは常に重要です」

Bloomberg Businessweek

オールドエイジは美しく輝く自分になる

99歳になるキクエは年配者に化粧品を販売し・・

記事の執筆者

50,60、およびそれ以上の年齢の女性にローションと化粧品を販売することは、世界の美容会社にとって絶好の機会です。リサーチ&マーケットによると、加齢に関連した製品とサービスの市場は、今後5年間で58%%からほぼ80億ドルに跳ね上がると設定されています。次の10年の間に、65の年齢を超える人々は、5歳を下回る人々よりも多くなるでしょう。「人口の高齢化は、世界中のすべての美容会社にとって重要な重点分野の1つになります」と、トレンド予測担当のビューティーストリームズの事業開発担当副社長、ステファニーガブリエルは述べています。
日本は、高齢者に優しい製品に関心のある化粧品メーカーにとって理想的なテストマーケットとなっています。 人口・社会保障研究所によると、日本の女性の約半数はすでに50歳を超えており、2050年には、その人口統計が女性人口のほぼ60%を占めています。
そのため、ポーラオルビスは、ライバルである資生堂や、45歳のケイトモスをブランドアンバサダーとして採用しているコセコーポレーションとともに、自分に合った製品で年配の女性をターゲットにしています。パウダーがしわを強調する傾向があるため、一部はクリームベースです。ワックスは目の周りの薄い皮膚を引きずらないため、アイライナーに最適です。そして資生堂は、白い毛の根元を着色するために、先端に少し黒い染料を塗ったミニコームを販売しています。
これにより、ポーラ、資生堂、その他の日本のメーカーは、中国などの60歳以前の2030人口の約1/4を占める場所で優位に立つことができます。そして、アジアをはるかに超えて多くの可能性があります:すでにイギリスでは、55歳を超える人々が化粧品への支出の44%を占めており、研究者Kantar Worldpanelによると、過去4年間で5%増加しています。「人々は人口の高齢化が日本だけでなく他の国にもあるという認識に近づいています」とガブリエルは言います。
日本市場は最近、政府がいくつかの抗しわクリームを市販薬として分類し始めたときに、レチノールやしわを促進する酵素と戦う化合物などの有効成分が含まれているため、後押しされました。 規制の指定により、一部の買い物客は製品が安全で効果的であると確信しました。 ポーラのリンクルショットセラムは、2017で指定を受けた最初の企業であり、同社の収益が12%増加しました。 それ以来、資生堂とコーセーは追随してきました。 現在、皺改善カテゴリに20製品があります。
高齢者向けの美容製品の製造には、独自の課題が伴います。 ラベルは読みやすいように大きな文字が必要で、ポンプ付きのパッケージはチューブよりも優れています。また、製品の上部には、握りやすいように山が付いています。 資生堂の50歳以上のお客様向けのビューティーラインであるプライア製のアイブロウペンシルは、キャップに小さなタブが付いているため、転がらず、年配の女性は額に汗をかく傾向があるため、防水性があります。
また、年齢によって明示的に年配の女性をターゲットにすることはできません。 「アンチエイジング」などの言葉はよく響きません。 悪いことを隠すことではなく、良いことを強調することではない、と河合は言います。 年齢の一部を強調するにはどうすればいいですか?」 」
現在のシニア向け製品は主に中価格帯にありますが、ジェフリーズグループLLCのアナリスト、宮迫美津子氏は、日本の化粧品メーカーはシニアビューティーグッズの需要から利益を得ることができると述べています。 「より多くのお金を持っているのは消費者セグメントです」と彼女は言います。
日本化粧品産業協会によると、日本の化粧品の輸出は500に2年間で4.6億円($2018億)以上にほぼ倍増しましたが、シニアセグメントのメーカーは海外進出に積極的ではありませんでした。つまり、地元の市場のライバルは、大手ブランドが参入する前に地位を確立するチャンスがあるということです。
オーストラリアのスタートアップ「リゲイズム」は、消費者が「ほてり」や「まぶたのゆるみ」などのフレーズを検索したときにポップアップするターゲットウエブ広告を使用して、年配の女性の化粧品を今年販売し始めました。 ポーラは、人々が美容製品を仲間に販売するエイボンのような直接販売ネットワークを使用することにより、より古風なアプローチを取っています。 社長の横手芳一氏によると、ポーラの営業担当者の約45%が50を上回っています。 中国で採用されているモデルである小さな店を開き、顧客との強力な関係を構築することが奨励されています。 「長年にわたって信頼関係を築きたいと考えています」と横手は言う。
広島原爆を生き延びた記録保持者の美容顧問である福原は、4人の息子を育て、週末に生け花を教えています。「顧客は私を信頼しています」と彼女は言います。「その信頼は何よりも重要なものです。」ーグレース・ファン
ボトムラインー2050では、日本の女性のほぼ60%が50を超えています。 そのため、化粧品メーカーには、古い肌に適した投球用美容製品があります。
ブルームバーグのためにリサ・デュによって書かれました

Leave a Reply