大崩山登山と温泉キャラバン

久住高原のヒゴタイ公園から噴煙の上がる阿蘇連山を眺める

宮崎県にある大崩山登山をして温泉キャラバンを計画・・・高陽町のお兄さんと二人でロデオキャンパーを転がして出かけます
4/14(土)の9:30広島を出発、ゆっくりと高速を走って大分に着いたのが15:30頃・・・ところが、インターを一つ早い大分光吉ICに出てしまいます
本当は次の大分米良ICにに出ると10号線バイパスで順調に南下できたのですが・・・・・光吉ICから、また間違ってR210に入ると、そこは大渋滞・・・大規模な郊外店があって大混雑・・・・・・ようやく抜けて走っていると何かおかしい、R210は湯布院へと抜ける国道で北西に走っています・・あわてて、引き返しますが渋滞でなかなか思うように進まず、1時間以上ロスをしてようやくR10のバイパスの終点に合流
R10を南下して、犬飼からR326で南下、この周辺は道がわかりにくい、県境から宮崎県に入り北川発電所を過ぎた下赤から、大崩山方面への林道を走り、延岡に出て再び北上するのに比較して、かなりのショートカット
もう、18:30で日が沈んだ頃、目的地の祝子川美人の湯に到着・・・まずは一風呂浴びましょう

御前の湯の露天で

ここで、大崩山の情報を聞いて、大崩山登山口への林道を走り、今晩は登山口の林道でP泊します
翌朝は5時に起床して弁当を作って朝ご飯、6:50登山開始。15時に大崩山から下ってきました
すっかり疲れた体を、美人の湯で癒して、長湯に向かいますが、途中から竹田への県道を選んだのが大失敗
山の中で通行止めにあって林道を長時間あっちこっち・・・すっかり時間を浪費・・・長湯に着いたときはもう真っ暗、長湯の道の駅でP泊
ここには全国から多くのキャンピングカーがP泊していました
翌朝に長湯の御前の湯、次は七里田温泉、赤川温泉と巡ります
久住連山と阿蘇連山が晴れた空に綺麗ですね

小国町のそば街道で、手打ちそばを食べてから
帰りは日田ICから大分道~九州道~中国道~山陽道と帰ります
広島には18:30到着

祝子川温泉に山越えでゆく林道で

夕闇の迫る18:30祝子川温泉美人の湯に到着

まずは美人お湯で運転の疲れをとりましょう

翌朝は大崩山に登ります

甲斐犬のカイも大崩山の登山

登山の後は、再び美人の湯で体を休めて

次の朝は長湯の御前湯で朝湯

長湯の露天風呂でゆっくり

七里田温泉下湯の炭酸泉

下湯は内外とも改装されて綺麗になっていた

久住連山を眺めながら久住高原をドライブ

久住高原でロデオを駐めて写真でも撮りましょう

赤川温泉の露天風呂

ここでもゆっくりと温泉を楽しみました

久住高原でカイと記念写真

ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 縦構図でも、雄大さが伝わってきますねぇ。
    青空と白い雲。
    そして阿蘇、いいな…

    • 久住高原はいつ行っても良いですね
      もう少し天気がはっきりしていると、観光写真としては良かったのですが
      運転の疲れも忘れて感激です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。