湯来町の阿弥陀山登山

ひのきの中の急坂を登る

ひのきの植林の急坂を登る

土曜と日曜はちょっとカロリーオーバー
昼前に湯来町と広島市の境にある阿弥陀山を伏谷から登ってみます
9月に入りだいぶ涼しくなったので少し登りやすいかな
伏谷から山頂までは急な山道が続き、かなり厳しい、阿弥陀山から阿弥陀山西峰まで往復します
湯来のハイランドはすっかり寂れて上の分譲地はもう山に戻りかけています
分譲地の一番上まで道を上がると、ようやく標識がありましたが、登山口は分りにくく、入口は草に覆われて標識がなければ分りませんね、これでは登山者は少ないでしょう
11:00夏草が茂る道を登り始めます、標識では山頂まで70分と書いてありましたが、約55分で到着
山頂には似つかわしくないコンクリートの展望台がありますが、展望台の上でもあまり見晴らしは良くありません
展望台からは無線中継所の鉄塔が見えますので、ついでに西峰まで登ってみることに、西峰まではあまりきついアップダウンではありませんが、1時間ほどかかりましたが、熊笹の薮こぎもありあまり快適ではありません
阿弥陀山西峰は木々が多く見晴らしはまったく利きませんね
おにぎりを食べて来た道を引き返します

阿弥陀山MAP

阿弥陀山MAP

11:05 標識のある場所を出発

11:05 標識のある場所を出発 これがないと分らなかった

少しくだった場所に登山道の標識

11:07 少し下った場所に登山道の標識

11:08 標識には遊歩道となっています

11:08 標識には遊歩道となっています

11:10 水タンクがあります

11:10 水タンクがあります

11:12 植林の林は倒木が多い

11:12 植林の林は倒木が多い 倒木をくぐって登る

11:26 折り返し場所に標識

11:26 折り返し場所に標識 植林の林は荒れています

11:38 林道で登山道は分断

11:38 林道で登山道は分断 この先は工事中

11:38 林道工事をしていました

11:38 林道工事をしていました

林道の横から登山道

林道の横から登山道 林道の上部はちょっと危険

11:41 林道の上には標識がある

11:41 林道の上には標識がある

11:55 林道からはきつい 岩が見えるともう少し

11:55 林道からはきつい登り 岩が見えるともう少し

12:00 阿弥陀山山頂

12:00 阿弥陀山山頂 崩れそうなRCの展望台

展望だからは西峰方面に無線中継所

展望台からは西峰方面に無線中継所

南側には少し視界が広がる

南側には少し視界が広がる

12:15 無線中継所への林道

12:15 無線中継所への林道に出ます

12:16 NTT無線中継所

12:16 NTT白砂無線中継所

12:17 林道から西峰への分岐

12:17 林道から西峰への分岐

12:23 鉄塔の下を下る

12:23 鉄塔横を下る 登山道が良くわからない

12:47 黒谷分れからまだ登る

12:47 黒谷分れからまだ登る

12:54 阿弥陀山西峰は何もない

12:54 阿弥陀山西峰は何もない 大山への道は薮となっている

14:22 車に帰ってきました

14:22 車に帰ってきました

阿弥陀山への登山者はあまりいないようです
登山道は少し荒れ気味ですね、標識は立派なのですが、テープがないと間違えそうな箇所が多くあります
阿弥陀山も西峰も昔は登山者が多かったのでしょう
しかし、伏谷からの登山道はかなり急坂です
西峰への途中に黒谷への分かれがありますが、薮で分岐は分りませんでした
月曜日でもあり、登山者には出会うことがありませんでした
林の中なので暑い夏には陽ざしが遮られて歩きやすいかもしれません
登山道からの見晴らしは山頂を含めて期待できませんので、登って楽しい感じではありませんね
昔、JEEPで阿弥陀山の林道を仲間と走りましたが、どの道だったのか良くわかりません

ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 山に不要な「林道」あり
    山で観たい「リンドウ」なし

    • こんな林道を造っても何も役には立ちません
      かえって植林などは山を荒廃させます
      地元建設業者へのサービスですね
      選挙対策か
      民主党で変わるかな??

      • この林道は太田川林業地基幹線ですよ。阿弥陀山から延々と伸びて吉和まで工事が進んでいます。
        今は、阿弥陀山周辺と青笹山周辺で延伸工事中みたいです。

        • miyaさんこんにちは
          書き込みありがとうございます
          この林道は吉和まで続くのですね
          湯来は山の上を抜けてゆくのでしょうか
          青笹山とどのあたりかちょっと調べてみます
          本当の森林事業に役立てばよいのですが

  2. ピンバック: AWL温泉ざんまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。