小屋浦から天狗岩を経由して絵下山に

10:35 天狗岩への最後の登り

春霞のような良い天気、高陽町のお兄さんと久しぶりに山歩きを
今回は小屋浦~天狗岩~天地峠~子の岳~絵下山~二艘木~小松尾山~中天狗~天狗城山~天応で約6時間ほどのコースでした

カイも一緒です


小屋浦から絵下山、二艘木、天狗城山、天応 マップ

車は下ってくる天狗城山の下に一台駐めておきます
小屋浦の呉道路の下に駐車して階段になった遊歩道を上ります
きつい階段を200m登ると尾根に出て少し楽ですね
どうやら体も慣れてきたようです
天狗岩で少し休憩、ここからせんこう頭部への登山道を歩き、途中から天地峠の方面に下ります
天知峠からは急な登りが続き息が切れる頃、ようやく絵下山への登山道と合流
尾根を登ると504mピークの子の岳です
ここから大きく下り、再び一気に登ると絵下山の車道に出ます
TV塔の横で良く見晴らしが利いている広島を見ながらおにぎりを食べて、スープを作って一息
ここから谷筋に下って二艘木に出ます

10:38 天狗岩で

12:28 絵下山のTV塔横から

13:39 二艘木

カイが出発するのを待っています


絵下山から二艘木に下る道は標識がないのでわかりにくい
途中から絵下山のTV塔を回り込むような登山道があります、焼山の下る登山道らしくしっかりとした道です
山をトラバースしたあたりで二艘木への分岐があり、道は少し荒れてきます
渓流の沿って谷筋を下ってゆくと集落の跡に出ます
二艘木は昔は集落があった場所ですが、今はすべて建屋もなくなり畑の跡が残っている場所です
ここから再び登って、小松尾山へ

小松山から中天狗、天狗城山と大きなアップダウンを繰り返して
ようやく瀬戸内が眼下に広がる蛙岩に帰ってきました
ここからの下りは岩が多く足が痛くなります
登山が終わったら宇品のほの湯で汗を流します
ほの湯は一部改装されて、炭酸泉が出来ていて、源泉場のお湯も熱くなり気持ちが良かった

14:02 小松尾山頂

14:43 中天狗から天狗城山を見ます

15:04 天狗城山 蛙岩

蛙岩より瀬戸内

ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. この時期はやっぱり晴れているのが気持ち良いですね

  2. やはり6時間も歩くと疲れた、今晩はもう寝ましょう
    海が見えるコースなので気持ちが良かったよ

  3. ピンバック: AWL温泉ざんまい

  4. 6時間だと、なかなか歩き甲斐がありますね~
    AWLさんは温泉が楽しみで歩くのですね。
    自分はやっぱりビールが楽しみです♪

    尾瀬の水芭蕉が待ち遠しくてたまりませんヾ(´▽`;)ゝ

    • 尾瀬の水芭蕉は5月後半でしょうか
      なかなか人が多いのでちょっと落ち着きませんでしたが
      水芭蕉だけならば東北にも自生地が多くありました
      周囲の風景と一緒となるとやはり尾瀬ですかね
      山歩きは温泉も楽しみですが、ビールも良いですね
      山小屋には生ビールがだいたいありますね・・高いけど

  5. はじめまして。kinseyと申します。山の好きな中高年の女性です。
    不躾な質問で恐縮ですがご容赦戴きたくお願い申し上げます。
    先日天狗城山に行きました。初めてで登山口周辺の様子がよくわからなかったので電車を利用しましたが、次回は車利用を考えています。下山するまで長時間置くことになりますし、もちろん有料でもいいのです。小屋浦駅から西谷遊歩道入口までの間に、安全確実に置ける場所がありましたら教えていただけないでしょうか。
    それから、縦走されたルートのなかで、絵下山⇔二艘木分岐(中国自然歩道との出合)は、しっかりした道と書かれていますが、30人程度の団体で歩く場合支障のある箇所はないでしょうか?
    先日は、天狗城山→中天狗→小松尾山→二艘木分岐→砥場分岐→絵下山→砥場→天知峠→せんこう分れ→天狗岩→西谷登山口を歩きました。次回は、絵下山から二艘木経由で小屋浦へ下山するルートの確認のために行きます。
    よろしくお願いいたします

    • kinseyさんこんにちは
      絵下山から天狗城山の登山道は良いですね、私も良く歩いています
      車の件ですが、天狗城山の天応からの登山口には数台は駐車できるようですが、本当において良いのかはわかりません
      小屋浦から天狗岩への登山道には、やはり数台のスペースがあります(かなり登った場所です)
      二艘木から小屋浦への下りは長い間下っていないので記憶が定かでありません
      砥場遊歩道、天狗岩遊歩道または明神山から絵下山を歩くときには坂にある平成が浜の駐車場を使います(ここは一番確実です)
      絵下山への登山道は道幅もあるので多くのパーティでもそんなに迷惑はかからないと思います
      どうもうまく説明はできませんが楽しんできてください

      • tamさん
        早速のお返事ありがとうございました。
        押し詰まらないうちにもう一度歩いてみるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。