ジープの荷台にテント用のベース組立て

寝床はコットを使用 合板は5.5mmの仮の寸法裁断用

引き続きジープの荷台にテントベースのための架台を製作、5.5mm合板で色々と型を取って最適な板を決める・・迷ったが剛性を求めて9mm合板にすることにするが、針葉樹の構造用合板が安くて軽いので、こちらをチョイス・・5.5.mm合板でトライした型を正式にカットして19mm角パイプの骨に止める
かなり、スペースは合理化できた、これから軽量化や、補強などを追加してゆく

ジープの荷台にテントを張る セットしてみるとまだ少し前方にテントを寄せることができそうなので、変更する

仮組したベースにテントを設置

ベースの固定方法は幌骨を使う 寝床にはコットを使用するので床面は平坦である必要はない

ベースを色々と検証してみる

もう少し前側に詰めることができそうなので改造

新しい9mm合板(針葉樹の構造用合板)を購入して本番のベースを組む 三回目となると色々とノウハウが出てくる

5.5mmの合板で型を取っていたので本番は間違えない

最終的なベースの組立、これから軽量化

ワンポールテントを試みたがやはりドームテントがセットしやすい

テントの端部に穴をあけポールを差し込む

入口部は外側にロープを張る必要があるな?

床はコットの足が取り付けられればOK

後部のオーバーハングブラケット部分

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。