母の具合が悪い

救急者で梶川病院に、頭のCTとMRI

昨日の土曜から百一歳になっている母の具合が少し悪い、手と足が震えて良く歩けなくなった
日曜日にも回復しないので、脳を疑って脳外科に救急搬送してのを検査してもらいが、特に異常はなかったが、腰が痛いというので、行きつけの総合病院で日曜だが診察をお願いした
脳外科病院から総合病院への移動時には、車椅子から立ち上げれない状態となった
総合病院で腰のレントゲンでは圧迫骨折の疑いがあるので、入院することになり、夕方遅くまで手続きをする
家に帰ると折り返し病院から、自力呼吸ができなくなったと連絡があり、駆け付ける

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。