病院で診察

日赤病院に、朝早くから

少しPSA値が高いということで、前立腺針生検を1泊の入院で検査を受けて、その結果からCT検査、MRI検査、骨シンチグラフィーの検査を経て、最終診断が下った
初期の前立腺癌(T1a)ということに、治療方法はいろいろあるようだ、手術をしたかったのだが私の前立腺は人よりかなり大きいようで、リスクがあるとのこと
色々と迷ったが、ホルモン治療をして放射線療法をすることに決めた・・・さっそく大きな注射を腹に打たれたが、これがかなり痛い
今夜はおとなしく寝ましょう

昼は松屋でステーキ定食¥830安い

治療方法

癌のレベル

色々と歳に従って病院との縁が続くようになった
前立腺癌は進行が遅く、10年生存率は90%以上と高い
治療方法は、監視療法、手術療法(開腹術、腹腔鏡下術、ロボット支援腹鏡下前立腺全摘徐術、放射線療法(3D-CRT:三次元原体照射、IMRT:強度変調放射線治療)、密封小線源永久挿入治療、粒子線両方、薬物治療(ホルモン療法、アンドロゲン遮断療法、化学療法などがあるが、今回はホルモン療法で癌を小さくして放射線で治療する複合で行くことにする

 

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。