Jeep H-J58

北太平洋の断崖の上で朝が明ける 北海道で初めて晴れた


1976年9月購入 当時流行りだしていたワイドタイヤを装着

TAMがJeepを購入したのは1976年(昭和51年9月)で、シビックを下取りで購入、形式はH-J58で2000ccのアストロンエンジン(4G52)を搭載し、ボディはナローJeepの最終型だった
H-J58は薄い水色のカラーであったが、納車前にディーラーでダークグリーン(ギャランのアマゾングリーン)に塗装してもらい、流行りだしていたワイドタイヤ、ウォーン電動ウインチ、大型フォッグランプ(CIBE)とフル装備にして乗っていた

この時に知り合ったVFKさんとJeep Club AWL:All Wheel Lug)をつくり、なお現在に至っている
当初はオフロード専門に廃道などを探して走っていたが、やがて自然保護や林道の舗装化が進み走れる場所は限定されていった

1994/01/29 AWL雪中行軍 吉和のJSW山小屋の前で

AWLで吉和に山小屋を建設(1981年完成)したり、恒例の雪中行軍(1979~2001)、九州にJeep Offroad Caravan(1989~1994)とJeepの活動は活発だったが、AWLのメンバーもJeepを手放す人もあり、Jeepingからキャンピングカーへと興味の対象が変わってきた

H-J58は、乗用車としてボンゴを購入したため、数年雨ざらしをしたために、錆がひどくなりシャシーからボディを降ろして下地から再塗装の大改修を1990年に完成させる・・・この時に、所有していたJH4の部品を移設して、ワイドタイヤ仕様からラグタイヤに、ウインチ、自作のロールバー撤去して軽量化、燃料タンクを軍用タイプ、ストレートフェンダーに改装し、サイドカーテン、ドアも撤去、オープン専用とした
2001年頃までは雪中行軍などで活躍していたが、興味がキャンピングカーに移行して、しばらくは倉庫で惰眠をむさぼることが多くなり、やがて車検も切れていった

2016年10月車庫から出す 埃は多いが塗装は艶がある

2016年10月に再び車検を取り、保険にも再加入して、Jeepでのソロツーリングを始めた
テントを積んで、野営をメインにゆっくりと自然を楽しむ・・多くは計画できないが、年に1度は実施している

2019/07 北海道キャラバン Jeepの荷台の上にテントを張って2週間のキャラバン

H-J58計器盤


  • H-J58車検H-J58車検
    H-J58の車検予約をしていたので、昼から持ち込む、一日車検で特に修理箇所は無かった・・・まあ、北海道への4000kmしか走っていないから¥47,134でPayPay払いで5%還元
  • H-J58で高齢者講習にH-J58で高齢者講習に
    免許の更新だが、高齢者講習が必要となる・・・1ヵ月前に予約をと思ったが、近くの教習所はすべて満員、仕方なく熊野町まで足を延ばす しかし、今日は雨だがエスティマが無い・・・H-J58に幌をかけて出かける H-J58はショックを交換してから初めての走り、走行が安定している
  • H-J58ショックアブゾーバ交換H-J58ショックアブゾーバ交換
    少し前に購入していたショックアブゾーバを交換します 多分、新車の時以来、交換していないはず、新しいProCOMP ES1000もそんなにハードなものではないよう、ノーマルより少し強い程度では
  • H-J58のタイヤ
    パンクしていたH-J58の右前輪タイヤが無事に修理が終わりました このジープのラグタイヤも造っていないために替りは無い・・・USAのファイアストーンが作っているらしく、輸入すると4万以上/1本らしい
  • H-J58で買物とカード発券器の修理
    キッチンカーにセットしているカード発券機が良く詰まるようになった 原因はカードを繰り返し使っているので汚れがローラに付着、又はカードが汚れで密着してしまう ピンチローラーを清掃することに
  • H-J58でLPGの充填に
    エスティマは板金塗装に出したので、用事はH-J58で出かける ガスステーションの女性がJeepを見てびっくりしていた H-J58にオーバードライブを組み込むためには、変速機のトランスファーでのギア数を確認する必要がある、変速機を開けないでもデフとプロペラシャフトの接続でも確認できるようだ
  • H-J58のパンク
    北広島の千代田で開催される収穫祭にH-J58に牛スジカリーを積んで出発、会場の目の前で釘を踏んで右前輪のタイヤがパンク、そのまま強引に会場の裏山まで登って荷物を降ろす・・・しかし、無理がたたってチューブのバルブがホイールの中に入り込んでしまい、パンク修理材が注入できない、スペアは積んでいないので、VFKさんのスペアを借りて帰宅する
  • H-J58のショックアブゾーバ
    H-J58用のショックアブゾーバ4本を購入、PRO COMP ES1000 さほど強力ではなさそうだが、びっくりするぐらい安かった さっそく三菱Jeepの弱ったショックと交換してみよう サルーション除去、メンテナンス充電ができる大型バッテリー対応の充電器(MAX 8A)を購入・・・やはり中華製は安いね
  • H-J58ラジエターホース部品H-J58ラジエターホース部品
    H-J58も1976年(昭和51年)に購入して、もう43年も経過しています ラジエターキャップが破損したことを機会に、ラジエターホースも交換しようと思いましたが、すでに部品は無いようです FBのつながりで三菱ジープ互助会を紹介していただきました 互助会では独自にラジエターホースを部品メーカーに発注して製作しているとのことなので領布していただきことができました FBのジープ愛好家の皆さんにいろいろと情報を頂き連絡まで取ってもらい、大変お世話になりました 話の中で、昔から憧れだったオーバードライブ用のギアがまだ販売していることが分かりました かなり部品代は値が張りますが、長距離には絶対欲しい部品ですね 何とか取り付けるように計画します
  • H-J58の荷物を降ろす
    H-J58は北海道から帰ったままで荷物も降ろしていない、3か月ぶりにエンジンをかけて外に出し、荷物を降ろす キャラバンから帰ってからそのままでしたね ずぼらも年季が入っています  
  • H-J58のラジエータキャップを交換
    ラジエターキャップの部品を入手するのにかなり手間取った 三菱のパーツセンターは広島から撤退している・・最近のラジエターカップはかなり形状が小さくなっている
  • Jeepで北海道キャラバン 最終日Jeepで北海道キャラバン 最終日
    6/29に出発した北海道キャラバンは計画通りに今日帰宅、朝はゆっくり目に9時過ぎに舞鶴のホテルを出発、真夏の暑い天気でした Jeepで長距離は厳しい、春日ICから相生ICまでは一般道を走行、相生から山陽道で80km/hで巡航・・眠気を必死で抑えて無事に帰ることができました 最終のキャンプでTAMは虫に刺されて痒い・・帰るとすぐ皮膚科に 北海道キャラバンの詳細なまとめは、多量の写真とビデオゆっくりと編集して、ブログを再更新します
  • Jeepで北海道キャラバン 苫前から小樽・舞鶴・広島に
  • Jeepで北海道キャラバン 雨竜から幌加内、苫前
  • Jeepで北海道キャラバン 紋別から富良野、雨竜に
  • Jeepで北海道キャラバン 開陽台から網走Jeepで北海道キャラバン 開陽台から網走
    開陽台の無料キャンプ場から、出発する・・・今日の13時には女満別空港でヨッシーと合流予定 友人の娘さんが経営するカフェミラミラに寄って、裏摩周湖、神の子池と巡る ヨッシーと一緒に屈斜路湖、川湯温泉と巡り、夕方にはワニの家に 開陽台の無料キャンプ場は眺めも良く、駐車場も近い・・・注意しなくてはならないのは17時から朝8時までは、この場所に入るゲートが閉ざされている・・・トイレも建屋の中で施錠されているので使えない
  • Jeep で北海道キャラバン 別海から野付半島、川北温泉、中標津Jeep で北海道キャラバン 別海から野付半島、川北温泉、中標津
     
  • 北海道キャラバン 霧多布から納沙布岬を経由して別海北海道キャラバン 霧多布から納沙布岬を経由して別海
    浜中町の境となる道路横で野営していました 朝は海からの霧で真っ白です・・・ゆっくりと食事でもしてと思って今のですが、小虫が多く早々に出かけることに、霧多布の温泉で朝ぶろですっきりして、納沙布岬から別海に行きます
  • Jeepで北海道キャラバン 白糖から釧路湿原Jeepで北海道キャラバン 白糖から釧路湿原
    北海道に来て天気がいまいちでなかったが、今日は快晴・・・気持ちが良い、北海道では初めてJeepをオープンにする 今日は北太平洋の海岸に沿って東に走り、釧路湿原から霧多布へ 天気は快晴で海岸が気持ち良い、釧路湿原では遊歩道を6kmほど歩く 厚岸から霧多布に向かって野営地を探す 朝は早く目が覚める・・・朝霧がまだ深いが、周囲を散策してみると、ニッコウキスゲに似た花(エゾカンゾウというらしい)が群生している 北太平洋の沿岸では、朝は海霧が深く、8時過ぎなくては晴れてこない
  • Jeepで北海道キャラバン 金山湖からフンプリムセJeepで北海道キャラバン 金山湖からフンプリムセ
    朝はかなやま湖畔は少し青空も見えましたが、帯広に行くにしたがって雨足は強くなります 十勝川温泉で入浴と思いましたが、外来は昼からなので足湯で我慢、うらほろの留真温泉に向かいます・・・温まった後には北太平洋に南下して、海岸線に沿って釧路方面に  

コメントは受け付けていません。