阿蘇桜キャラバン

阿蘇 一心行の大桜

阿蘇 一心行の大桜

阿蘇の一心行桜の撮影と温泉ざんまいを兼ねてTAM、HEI、KTA、SEOの4人でキャラバンです
日曜の朝に宮島SAに集合して、山陽道を南下して豊前市の「才尾の一本桜」に寄って、大分から竹田市の岡城趾に
久住の七里田温泉下湯で炭酸泉を堪能して、夜になって阿蘇の白水に・・阿蘇の外輪山は雪が降っていました
翌日は阿蘇の「一心行の大桜」を阿蘇から撮影、天気が回復しないのでいまいちでした
阿蘇山の火口を見学して、地獄温泉で温泉に入り野鳥の炉端料理で昼食、やまなみハイウエイで湯布院でP泊
翌朝は銀鱗湖横の下ん湯で朝風呂、湯布院をそぞろ歩いて、別府の堀田温泉から安心院を抜けて広島に帰ります
九州はどこも桜が満開で、桜を満喫できました

山陽道から九州道、東九州道と抜けて苅田北九州空港ICを出ると料金は割引で¥1000!・・やはり、かなり得をした気分ですね
10号線を走り豊前の道の駅で食事・・・ここはゴボ天うどんが¥350と格安
豊前には「才尾の一本桜」が古賀牧場の丘の上にあり、29日、30日が一般開放戸の情報でいってみることにします
手前にある農協の敷地が臨時駐車場となっていて、牧場の入口までシャトルバスが運行されていました
桜は大きく立派ですが残念ながら、満開の盛りを過ぎて散り始めでした

才の大桜

豊前市 才尾の一本桜

多くの見学者やカメラマンがいましたが、花が散っていてちょっとピークは過ぎています

岡城趾の桜

岡城趾の桜

桜は満開です

桜は満開です

今日は滝廉太郎の”荒城の月”の歌で竹田市の岡城趾の桜を見に行きましょう・・・・宇佐から宇佐別府道路、大分自動車道と走り、大分光吉ICから442号線で竹田市へ入ります
到着した時は15:40頃でしたが駐車場も空いていてすぐ駐められたのはびっくり、岡城趾は思ったよりずーと敷地は広大で、立派な石垣に驚きました、ゆっくり廻っていすべてを見ると半日ぐらいかかりそうですね・・・・・石垣の上には多くの桜がちょうど満開でした
岡城趾がある山の上は広く、かなりの面積があり、尾根が長く続いています、城の全体像が細長く「臥牛城」と呼ばれていたそうです
山の上にこれだけの石垣を築いた当時の技術とその力に感激しますね

2009_03_29_asosakura036

岡城趾の石垣

岡城趾の石垣

七里田温泉 下湯

七里田温泉 下湯

夕闇が迫る竹田市をあとにして久住の七里田温泉下湯へ、温泉館で下湯の鍵を預かり少し歩きます
下湯も空いていました、いつもは狭い浴槽には入りきれないほどの入浴客がいる時が多いのですが。今回は貸し切り状態
少しぬるい炭酸泉に感動を新たにします・・・しばらく入っていないとぬくもらないのですが、まだこれから阿蘇まで走らなくてはならないので、惜しいですが適当な時間で切り上げて、阿蘇の白水に向かいます
外輪山に近づくと小雨は雪に変わります20時過ぎに白水に到着し、一心行の桜を探します
9時まではライトアップで多くの見学者がいて、ガードマンも多く誘導しています
ここの駐車場でP泊・・・お腹が空いているので、さっそく豊前の道の駅で購入したズズキの刺身とチーズ焼きでビールをいただきましょう

2009_03_30_asosakura034

桜の周囲には菜の花が植えてあります

夜遅くまで飲み過ぎ騒ぎすぎで、少し明るくなって目を覚まします
一心行桜のはまだカメラマンが少ないので早めに撮影に・・・ちょっと曇り空で光が不足ですね
背景の雪で白くなった阿蘇は良いのですが、桜も少し満開は過ぎていたようです
朝食まで何枚か写真を撮影しますが・・まあ、こんなものか
桜を眺めながら朝食をします
少しずつ見学者も増えて駐車場も車が多くなってきました
さて、朝湯に行きましょう
すぐ近くには白水温泉瑠璃があります

2009_03_30_asosakura003-1

一心行の大桜は芝の公園にあり、隣はグランドゴルフ場です

2009_03_30_asosakura044

かけぼしの湯では建屋の周囲が露天です

2009_03_30_asosakura047阿蘇白水温泉瑠璃は設備の整った温泉施設です、今回のお湯は「かけ干しの湯」でした
平日の朝でもあり、人も少ないですね・・・露天風呂には豊富にお湯が注がれていて気持ちがよい

阿蘇白水温泉瑠璃

阿蘇白水温泉瑠璃

キャラバンの足 ロデオキャンパー

キャラバンの足 ロデオキャンパー

阿蘇の火口

阿蘇の火口

ロデオキャンパーも久しぶりの活躍です
もう、我々と同じようにくたびれている年代ですが、まだまだ現役で使えますね・・・多少燃費が落ちて、パワーが不足し、後部の足回りが与太っていますが・・・・
阿蘇の火口に登ってみましょう
今日は噴煙が多く、到着した時は火口は立ち入り禁止ですが、運良く解除されて火口まで行くことができました
火口にはエメラルドブルーの温泉(?)から湯気を噴き上げています

地獄温泉の野湯

地獄温泉の野湯

下る途中から地獄温泉、清風荘に寄ってみます
地獄温泉の野湯阿蘇から白水へ下る道の途中から地獄温泉へ抜ける林道がありますが、災害のため通行止めで復旧工事中でした林道の分岐にロデオを駐めてあと2kmを歩いて下ります途中に地獄温泉の噴煙が上がる場所があり、入れそうな湯溜まりがありますちょうど良い温度ですね阿蘇の地獄温泉清風荘も1年ぶりですねすずめの湯の熱い源泉がそこから湧いているお湯はかなり強烈、いつもは熱めの湯に入るのですが、今回は少し熱すぎ・・・・・横の少し体に優しいお湯でゆっくりとしかしこのお湯も熱い、まだぬるいお湯は多くあります

すずめの湯 あつめの湯

すずめの湯 あつめの湯

温泉のあとは野鳥の炭火焼き、皆はビールでTAMはキリンレモン

温泉のあとは野鳥の炭火焼き、皆はビールでTAMはキリンレモン

清風荘には曲水庵という食事処があります・・・民芸風の建物でここの野鳥炭火焼きはなかなか美味しい
炭をおこして焼いてじっくり時間をかけて昼食をします

石畳の坂道

湯平温泉 石畳の坂道

これから再び北上して石畳で有名な湯布院の湯平温泉へ、寅さんの映画のロケもあった風情のある温泉です
石畳の坂道をそぞろ歩き、ちょうど真ん中付近にある中央湯(砂湯)に入浴します
外湯で共同湯は湯平には5つあります
あまり大きくない浴室は4人でちょうどですね、外には渓流が流れて火照った体に気持ちがよい

中央湯(砂湯)

中央湯(砂湯)

湯布院 下ん湯

湯布院 下ん湯

湯平温泉から湯布院はあまり遠くはありません
湯布院のいつも利用する公園の駐車場に、ここはトイレもあり、水もあり、すぐ近くには温泉もあり、歩いて10分ほどで湯布院の繁華街にも行けます
ロデオキャンパーを駐めて、まだ明るいので湯布院の町をウロウロしますが、閉まっている店が多い、夕方は早いようです
夕食は皆で餃子を造り、餃子でビールがうまい
次の朝は、食事をしてから金鱗湖の横にある下ん湯
平日でまだ9時頃というのに多くの観光客で賑わっています、下ん湯の周りにも観光客が一杯、でも入浴するような人はいませんね
下ん湯に入浴していると観光客が丸見え、ちょっと落ち着きませんが銀鱗湖を見ながら朝湯です

銀鱗湖の湖畔にある下ん湯の前は桜が満開

銀鱗湖の湖畔にある下ん湯の前は桜が満開

坊主地獄の噴煙の前で

坊主地獄の噴煙の前で

2009_03_31_asosakura024

坊主地獄 説明文

湯布院でお土産を買い物して由布岳の横を登って別府に行きましょう
鶴見岳ロープウエイ乗り場付近の桜も満開で華やかですね・・・・・別府に下ってくると、天気は回復して快晴になってきました
坂を下った場所にある、堀田温泉でちょっと一風呂・・・
明礬温泉の入る口にある坊主地獄を見学して、食事をして帰ることにします
坊主地獄は昔に見学しましたがあまり覚えていませんでした

坊主地獄

坊主地獄

別府ではやせうまが団子汁を食べようと市内を探しますが、ロデオキャンパーが駐められそうな場所がない
安心院に向かって帰る途中に、茶屋がありここで食べることができました
団子汁定食 鶏飯もついて¥850なかなか値打ちものでしたね・・・団子汁も美味しかった
4時間かかって広島の宮島SAに到着、ここで解散します
2泊3日のキャラバンでしたが、ゆっくりできて楽しい旅でした

15 comments to 阿蘇桜キャラバン

Leave a Reply