新しいPCの組立(部品編)

マザーボード ASUS ROG STRIX B550-F GAMING 【 ATX 】 チップセットは最新のB550

久しぶりに新しいPCを組立てることにした・・・最近はAMDのCPUが熱いので、AMD Ryzen7 3700Xで組立てる・・CPUとしては中級クラスだが、一時期、最強と言われたIntel i9-9900Kの半分の値段で匹敵する性能をたたき出す・・今のメインPCの何倍も性能は高い・・・最高クラスの3950X(価格は倍)も考えたが、そんなに早くしてもTAMの使い道では恩恵は無い・・・マザーボードはいつも安いものにしているが、今回はハイエンドクラスをチョイス・・IOバックパネルが一体型が欲しかった

AMD Ryzen 7 3700X コスパの良いCPU

今回は電源、ビデオカード、PCケースはとりあえず古いものを流用して、マザーの形式はATXなので、テストが終わればミドルタワーPCケースは購入したいと思っている・・・今の環境でも大きな不満は無いけど、最新のPC環境に遅れないようにPC組立をすることに

AMD Ryzen 7 3700X 3.6GHz 8コア/16スレッド 36MB 65W

PCIe 4.0対応:2つのM.2スロット、そのうちの1つは最新のPCIe 4.0規格をサポート
電力設計:ProCool電源コネクター/合金チョーク&コンデサ 4.6層PCB
冷却設計:Xpert 4またはUEFI BIOSを介して設定可能/CPUファンヘッダー/AIOポンプファンヘッダー/M2 ヒートシンク/4-ピン PWM/DC/ファンヘッダー/VRMヒートシンク ・サーマルパッド

基本:3.6GHz 最大:4.4GHz

ASUSのマザーは久しぶり

Samsung 970 EVO Plus 500GB PCIe NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD

SSD M.2 NVMe (PCIe Gen 3.0 x 4)
Samsung 970 EVO Plus 500GB PCIe NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD
【転送速度(シーケンシャル)】読み出し3,500MB/s、書き込み3,200MB/s

今までのマザーはAsRockがほとんど

今までのマザーはAsRockがほとんどだった

インターフェース

ROG STRIX B550-F GAMING 概要

2 comments to 新しいPCの組立(部品編)

Leave a Reply