初冬の九州キャラバン 臼杵に

誰もいない、瀬の本高原オートキャンプ場で野営 今日は少し早めに到着して設営 夜は満天の星が素晴らしかった

二日目は志高湖から大分に抜けて、温泉で一息して臼杵へ、臼杵城は大友義鎮が翌永禄5年(1562年)に臼杵湾に浮かぶ丹生島に築城、その後福原直高、明治維新まで稲葉家

雪が積もった由布岳

大門櫓から二の丸へ

上級武士の平井邸

臼杵城で散策すると14時を回ってしまった・・・竹田を経由して久住高原に向かい、キャンプ地を探す・・・2か所は休みで、瀬の本オートキャンプ場に、実はこのオートキャンプ場もすでにシーズンオフだったが、無料で使用させて頂いた・・・でも、水も電気もトイレも止めてあり使えない、おまけにCB缶が凍りガス不足で調理が満足にできなかった
»続きを読む・・

初冬の九州キャラバン 杵築へ

山香温泉 風の郷 含硫黄、二酸化炭素、ナトリウム-塩化物、炭酸水素塩泉

爺さん二人で初冬に、2泊3日で車中泊での九州キャラバン、初日は朝7時半に出発して、杵築の城下町を散策して別府の志高湖で野営・・・気温は2℃以下、寒かった

北台武家屋敷に登る坂道

家老だった大原邸

杵築城

杵築を散策して、竹瓦温泉に入って志高湖のキャンプ場では18時となり、真っ暗での設営となった
気温が下がり寒い中、サーロインステーキをダッチオーブンで焼きウイスキーボトルを二人で半分以上開ける
»続きを読む・・

九州キャラバン用にエスティマをベット化

エスティマの3列目椅子は床下に収容できる

エスティマで来週は九州キャラバン予定、宿は取らず車中泊で計画、エスティマの後部を広くして

エスティマの後部にキャンピングカーで使っていたマットレスを敷く

キャンピングカーで使っていたマットを敷く、ホイールハウスが少し干渉しているが実情では問題はない、これで大人二人が悠々と寝ることができる
»続きを読む・・

エスティマの後部スペース

第2列目の片側シートを外してみた

第2列目の片側シートを外してみた

エスティマの第三列目のシートは床下に格納されてフラットに、第2列のシートを外すと、床がフラットな広い空間ができる
このスペースにはちょうどロデオキャンパーから外したベットがちょうどぴったり、二人は楽に寝ることができる

ハーバーライトの明かりの中

ハーバーライトの明かりの中

これならば二人で温泉巡りのキャラバンができそうだ・・後部には1.5kwのコンセントもある

ナイトウォークは今日も宇品をぐるりと周遊
暖かくなったのでカップルが何組か・・
»続きを読む・・