AMD Phenom ⅡX6 でパソコン組立

購入した部品 ケースをはじめMBとCPU&メモリ

北九州のKGA氏からPCが壊れたので、PC製作の依頼があり、モニター込みで1本の予算で、さっそく混雑するイブの夕方に部品を調達にでかける
今回は最新タイプであるAMDのX6(6コア)で作ってみる 

MotherBoard ASRock 890FX Deluxe3 SB850 Chipsets
USB3.0 SATA3 eSTA3
変態マザーと噂のASRock スペックが充実
CPU AMD phenom ⅡX6 1090T Black Edition 125W
倍率が解除されている人気の6コア
CPUクーラーが70×70で少しうるさい
Memory DDR3 1600G 4G×2=8G
メーカーはADATA メモリが最近安い
HDD Seagate ST31500541AS-BOX 1.5TB
キャッシュ:32MB 5900rpm SATA 3.0G
Power Life Power 450W
あまり高級品ではないがVIDEOが低電力なので
Video NVIDIA GeForce7600GS ファンレス仕様
FDD CD/DVD CASE ケースはAeroCool Vs-9
FDDは手持ちの新品、CD/DVDはシリアル
モニター LG LED E2240 1980×1080 フルHD

ASRock 890FX SB850 バックパネルにはUSB×8 eATA×1 1394×1

CPUはAMD phenom ⅡX6 1090T BEで倍率解除

CPUフアンにはヒートパイプが組み込み 熱伝導シートが貼ってある

マザーにCPUを組み付ける

AV-9のケース 全面に12cmファンを追加

電源はpeek 450W

ケースは高級品ではないが良い作りである
難点はやはりサイドパネルがチープであり剛性に乏しい
せかくの5inchの止め金具(赤い円形)がやはり確実性に乏しい・・・・3.5inchは専用のステーに固定して5インチベイに取り付けるが、せかっくの専用固定金物は使えず、ビスで固定する方式?
全面は防塵スポンジが組み込んだメッシュとなっていて、製品のマークは何となくフェラリーのような・・・・・しかし、値段の割には(¥5000)かなりの上物ではある

組立てテストも完了 この後CPUクーラーを高性能に交換 ケースにはメッシュが多用されて通気性は○ 騒音は×

ウイルス対応のフリーソフトAntiVir 変なポップアップやCMがなく軽快そう

CPUはCorei7-860と迷ったが、AMDのX6としてみた、やはり全体としてAMDが割安である・・・動きとしては特に遜色はない・・・これならばしばらくは最前線で使用できる
OSはWindow7 64Bitをインストールする・・・メモリの制限がほぼ無くなり快適性が増すはずである、最近は64bit対応のドライバーも充実している
KGA氏のプリンターはCANON PIXUS iP8100で2004年発売の旧式であったがWindow7(64bit)のドライバーは更新されていた
基本的なソフトをインストール(LZH / MS OFFICE2007 / Adobe CS4 / AntiVir)
液晶モニターはLG電気の最新型のLEDタイプが安い、24~21.5インチで迷ったが、設置場所も考慮して解像度(1920×1080 フルHD)は同じであるので、お値頃感のある21.5インチを購入、IPS液晶の23インチが2万弱でありかなり迷った(まあ一般的な使用では関係はないが)
購入したモニターをPCに接続してして画面をチェック、モニターの薄さと軽さに改めて驚かされる
すべて機材のテストが終わったので梱包して宅急便(12/28)で北九州のKGA氏へ送る

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。