薬師湯(震湯) 温泉津温泉ざんまい

丸いロビーが張り出しているのがユニーク


温泉津の共同湯は三つありそのうちの一つです
とてもレトロな雰囲気の感じの良いお湯で、震湯とも言うそうです
浴室は中央に浴槽があるタイプです
大きさは元湯と同じくらいですが、此処にはカランのついた洗い場があります
お湯の温度はちょうど適温でしょうか
此処にはWCはあります
浴槽はちょっと深めで周囲は温泉の成分でゴツゴツに変形している
お湯の温度は元湯ほど熱くない

温泉 ★★★★★
明治五年の浜田地震の時に湧き出したことから「震湯」とも「なまず湯」とも呼ばれる薬師湯は、昔の映画館を思わせるような外観が特徴でこの湯は各旅館に分けられる
温泉データ
泉質:ナトリウム・カルシウム一塩化物泉(等張性中性高温泉)  46℃ PH6.0
営業時間:5:00~21:00
入浴料金:¥300
場所
島根県大田市温泉津町温泉津
TEL:0855-65-4894
訪問履歴
2006/01/29
2006/08/13
2009/01/04
関連リンク
温泉津 元湯
温泉津 才市の湯
新年温泉津キャラバン(2009/01)
公式ウェッブサイト

入口にはお湯の賞賛が

外観もレトロでかなり時代を感じる

元湯 薬師湯はちょっとレトロな建物

元湯 薬師湯はちょっとレトロな建物

震災のあとに湯がでたようです

温泉津温泉は外湯がメインの温泉町で、昔は石見銀山の積み出し港として栄えたため神社やお寺も多く、古く鄙びた雰囲気が残されていて、昔の栄華が忍ばされる場所です
またここは漁港でもあり魚釣りのベース基地としても有名です
温泉津は焼物の里でもあり巨大なのぼり窯が有名で、石州瓦の産地でもあり、町並みの屋根は独特の赤瓦と渋い光沢の黒瓦で葺かれています
外湯は元湯と薬師湯が道路を隔ててあり、温泉は約50℃の”含石膏弱アルカリ泉”で、源泉がそのままかけ流しで注がれて、床や浴槽は温泉成分の結晶で茶色く変色し鍾乳石のようで、熱いお湯とともにとても魅力的です
ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。