北海道 道南温泉キャラバン二日目

オフレロ峠からの景観 山は紅葉して峠から上の木々は枯れている

登別での朝は早い、本館に朝湯に、外に出ると間欠泉が大きな音を立てて噴き出していた
朝食をいただいて、出発のころには大雨になっていた
登別温泉の上にある大沼に行くが、すごい雨で撮影もままならない
カルスト温泉を経由して洞爺湖に向かう・・・・途中に標高930mのオロフレ峠を越える・・・・天候は風は強いが一気に晴れてきた・・・洞爺湖温泉に入るが入湯意欲が湧くようなお湯がない
ここには昭和新山のトレッキングコースがあるが入場料が高いのであきらめる
今日の宿は濁川温泉の新栄館が予約できた・・・・ナビをセットすると高速道路を選択するが、海沿いの国道を走る
豊浦町にあるしおさいの湯で昼食と温泉、お湯は褐色のいいお湯
長万部までの海岸沿いの国道は何キロもまっすぐで北海道らしい雰囲気、車を駐める場所が少ないのでなかなか撮影はできなかった・・・・海岸から離れてしばらく走り15:30に濁川温泉に到着、入口にあるにこりこの湯でひと風呂
新栄館には16時に到着、またひと風呂
新栄館の今日の泊まりはTAMだけ・・・貸切ですね
温泉宿の御主人のおじいさんと食事をしながら歓談

登別温泉 大沼 大雨でたいへん

第一滝本館で朝湯

講演にある間欠泉 3時間おきに轟音

昨晩のお泊り 滝本イン

大沼は大きな野湯ですね

大沼の駐車場では大雨で引き返す

オロフレ峠から山々を眺める

峠からは青空が回復してきた

オロフレ峠を下ると洞爺湖が見えてきた

豊浦しおさいの湯 褐色のお湯で一息

豊浦噴火湾展望公園のタワーから、走行する海岸線

濁川温泉のにこりこの湯

今晩のお宿である新栄館にあるお湯の成分表

2 comments to 北海道 道南温泉キャラバン二日目

Leave a Reply