宮之浦岳縦走 4/19新高塚小屋から宮之浦岳へ

8:00 ヨッシーが宮之浦岳に到着

新高塚小屋を、朝4時頃に目を覚まし出発の準備を始めます
5時から暖かい卵スープの朝食をして目を覚まします
まだ外は暗く寒いですが、ヘッドランプを点灯させて、少し明るくなってきた登山道を登ります
第一展望所で朝日が昇り初め、翁岳、宮之浦岳が明るくなってきます
今日は快晴ですね
屋久笹と石楠花の中をアップダウンを繰り返しながら登っていき、8:00に宮之浦岳(1935m)に登頂

宮之浦岳は屋久笹の中に岩が点在

5:55 第一展望所で朝日が昇ってきました

新高塚小屋の水場で水を補給して、5:30に出発します
小屋からは登りが続きます
新高塚小屋から宮之浦岳までは3.5kmで高低差は約450mあります
しばらく歩くと第一展望所で朝日が昇ってきました

屋久島 宮之浦岳周辺MAP

正面に朝日を受けて宮之浦岳、左手に翁岳がはっきりと見えてきます
今日はすばらしい快晴になりそうです・・・・ここでしばらく日が昇るのを待って写真を撮ります
6:00頃から、展望所を下り、屋久笹と石楠花の尾根をアップダウンしながら登ります

第一展望台での夜明け

尾根をアップダウンしながら登ります

写真を撮って、すこしゆっくりします

6:19明るくなってきた空に立ち枯れた杉が乱立

石楠花の群生は蕾を膨らませてもうすぐ開花でしょう

6:22 更に登ると、坊主岩が右手に見えてきます

6:26 さて山頂までは2.1kmです

石楠花の中を歩きます

6:45 ここの場所はドウダン躑躅は満開です

岩をロープで登り、6:57平岩に到着します

新高塚小屋から1.9km歩いてきました
道標によると宮之浦岳までは1.6km、淀川小屋まで8.1kmとなっています
宮之浦岳の近くに群生する石楠花は葉の裏が羽毛のような毛で厚くなっていると、白谷雲水峡まで送っていただいたタクシーの運転手さんが話していました
たしかに高塚小屋付近の石楠花とは葉の裏が違います
もう蕾は大きくなっていますので、来月の5月には満開ですばらしいでしょう

平岩は大きな平らの岩があり、宮之浦岳がすぐ目の前に迫っています
ここから下ると水場が現れます、再び登ると焼野の分岐です

平岩で宮之浦岳が背景です

永田岳の分岐となる焼野へ7:28到着

永田岳は健脚で往復1時間半程度はかかるそうです

7:39 永田岳を見て歩きます

7:43 もうすぐ宮之浦岳山頂で、大きな岩が見えてきます

8:00に宮之浦岳に登頂、頂上は風が強い

すばらしい風景が広がります

ヨッシーも強い風で飛ばされそうです

ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。