Jeepで北海道キャラバン 白糖から釧路湿原

北太平洋の断崖の上で海霧があがってくるとすっきりとした空が 北海道で初めて晴れた

北海道に来て天気がいまいちでなかったが、今日は快晴・・・気持ちが良い、北海道では初めてJeepをオープンにする

エゾカンゾウが群生

海だ

釧路湿原でソフト

今日は北太平洋の海岸に沿って東に走り、釧路湿原から霧多布へ
天気は快晴で海岸が気持ち良い、釧路湿原では遊歩道を6kmほど歩く
厚岸から霧多布に向かって野営地を探す

深い海霧のなか日が昇る

エゾカンゾウの群生が朝霧に濡れる

太陽は4:50にはあがる

朝は早く目が覚める・・・朝霧がまだ深いが、周囲を散策してみると、ニッコウキスゲに似た花(エゾカンゾウというらしい)が群生している
北太平洋の沿岸では、朝は海霧が深く、8時過ぎなくては晴れてこない

テントから起きるか

朝食はラーメンで

パンも食べて

夜が明ける

朝霧の中で朝食

テントをたたんで

野営地の撤去準備

準備完了

海霧も上がってきた

釧路湿原に向かって出発

海岸線も見えるように

フンプリムセ発祥地

北太平洋 恋問道の駅から

海岸が気持ち良い

釧路湿原から厚岸、霧多布へ

釧路に向かって海岸線を

広大な釧路湿原

北斗釧路湿原展望台

遊歩道で森の中を歩く

達古武湖畔を走る

厚岸の道の駅

愛冠岬では霧が出てきた

エゾシカがこちらを見ている

原生花園あやめ原に

やはり霧で視界が利かない

馬がいました

放牧されています

遊歩道も霧の中

白樺が綺麗

霧多布湿原まで行くが引き返す

道路横の草原で野営することに

早くも日も落ちる

Jeepの上にテントを張る

夕食はピリ辛のイカ炒めと野菜

今夜も似たような食事

Leave a Reply