1 / 212

白馬岳登山 白馬岳から栂池へ

白馬乗鞍から天狗原への下りにある雪渓

白馬乗鞍から天狗原への下りにある雪渓

白馬岳は天候の崩れが予想される
朝早く、雨具に身をか固めて出発する
白馬岳までは強風と濃いガスだった
白馬岳~三国境~小蓮華山~白馬大池~白馬乗鞍~天狗原~栂池と下る
TAMの腰痛は何とか誤魔化して、白馬大池までは予定時間を大幅に短縮して快調に下る
白馬大池からはNGIさんの足が痛くなり、栂池までは辛い下りとなった
»続きを読む・・

白馬岳登山 蓮華温泉から白馬岳

白馬大池から小蓮華山、白馬への登山道

白馬大池から小蓮華山、白馬への登山道

山小屋の朝は早い、5時には早くも食事が始まる
外は少し雲が多い、予報は晴れであったが、山頂には雲がかかっている
これから蓮華温泉を出発して、天狗の庭~白馬大池~小蓮華山~三国境~白馬岳と登る

14:52 白馬岳山頂

14:52 白馬岳山頂

小蓮華への稜線では雷鳥に出会います

小蓮華への稜線では雷鳥に出会います

»続きを読む・・

朝日旅館 姫川温泉 小谷温泉ざんまい

姫川温泉には源泉が溢れていた

姫川温泉には源泉が溢れていた 源泉は豊富

白馬岳登山で真夜中高速を走り、蓮華温泉への入口である平岩にある姫川温泉に到着、姫川温泉は鄙びた旅館がある
公園らしき場所に源泉の滝があり、その横に露天風呂があるが、入浴できるかどうか看板はない

朝日旅館の岩風呂

朝日旅館の岩風呂 川側は壁となっている

温泉 ★★★
姫川温泉の朝日旅館は朝8時から外来入浴ができる
この付近では朝早くから入浴できる場所はない、建物は古く少しくたびれている、温泉には階段を下って一番下まで降りる
大きな岩風呂があり、露天風呂のようだが透明な屋根があり、窓はなく見晴らしは良くない
温泉データ
泉質:ナトリウム、カルシウム、炭酸水素塩、塩化物温泉 お湯には特徴はない
営業時間:8:00~
入浴料金:¥600
場所
長野県北安曇郡小谷村北小谷9922-3
TEL 025-557-2301
訪問履歴
2014/08/04
関連リンク
公式ウエッブサイト
白馬登山(2014/08)

»続きを読む・・

白馬岳登山へ出発

安曇野で夜明け

安曇野で夜明け 5:20  天候は雲が多い 安曇野SAで朝食を

今回の白馬登山は台風の影響で天候が読めなくてかなり迷ったが、白馬の天気予報では8/5-6は良さそうなので計画通り出発に
TAMと孫のヒデそしてNGIさんと、8/3 21:30頃に広島を出発
真夜中を山陽道、新名神、中央道と走り、栂池高原には予定より2時間早い6:30に到着
栂池や白馬には温泉はあるが朝早くから営業はしていない、平岩の姫川温泉の朝日旅館が8時から入浴可能だった

白馬登山予定
8/3

8/4

広島東IC10:30→7:00糸魚川IC→8:30白馬温泉10:00→10:30栂池高原駅
栂池高原駅11:00—バスー—11:25南小谷11:49—JR—12:09平岩12:20—バス—13:20蓮華温泉
標高1470m 蓮華温泉ロッジ 蓮華温泉巡り
8/5 蓮華温泉7:00==天狗の庭==10:20白馬大池10:30==12:30小蓮華山13:00==13:30三国境13:30==14:30白馬岳(2932.2m)15:00==15:15白馬山荘
8/6 白馬山荘7:00==7:45三国境==7:30小蓮華山==10:00白馬大池==乗鞍岳==11:40天狗原==12:50栂池 標高1850m
自然園—ロープウエイ(5分)—-栂大門 栂の森—ゴンドラ(20分)—栂池公園14:00
白馬温泉→24:00広島

白馬岳登山計画


白馬岳への登山
山小屋の予約をしたがさすがに混雑、
最初の予定だった栂池での山小屋は二つとも満員
仕方なく、登山コースを変更する・・・蓮華温泉もかなり混雑

8/3

8/4

広島東IC10:30→7:00糸魚川IC 731.6km ¥10,430
糸魚川IC7:00→8:30白馬温泉10:00→10:30栂池高原駅 45.2km
栂池高原駅11:00—バスー—11:25南小谷11:49—JR—12:09平岩12:20—バス—13:20蓮華温泉
標高1470m 蓮華温泉ロッジ 蓮華温泉巡り
¥9500
8/5 7:00==8:20天狗原==乗鞍岳==
蓮華温泉7:00==天狗の庭==10:20白馬大池10:30==12:30小蓮華山
小蓮華山13:00==13:30三国境13:30==14:30白馬岳(2932.2m)15:00==15:15白馬山荘
白馬山荘 ¥9500
8/6 白馬山荘7:00==7:45三国境==7:30小蓮華山==10:00白馬大池==乗鞍岳==11:40天狗原==12:50栂池 標高1850m
自然園—ロープウエイ(5分)—-栂大門 栂の森—ゴンドラ(20分)—栂池公園14:00
信州 温泉
8/7 信州(未定)→24:00広島

栂池から白馬岳、蓮華温泉への計画

8月の上旬に白馬岳と温泉を楽しみましょう
ちょっと軟弱コースですが、ロートルには最適
7/4 コース修正

白馬大池の絶景

白馬大池の絶景

8/4 広島東IC3:30→12:00糸魚川IC 731.6km ¥10,430
糸魚川IC12:00→13:30栂池公園 45.2km
栂池公園—ゴンドラ(20分)—栂の森 栂大門—-ロープウエイ(5分)—-15:00自然園 ¥1920
標高1835m 栂池山荘 栂池ヒュッテ 栂池自然園散策 ¥9800
8/5 栂池7:00==8:20天狗原==乗鞍岳==10:20白馬大池10:30==12:30小蓮華山
小蓮華山13:00==13:30三国境13:30==14:30白馬岳(2932.2m)15:00==15:15白馬山荘
白馬山荘 ¥9500
8/6 白馬山荘8:00==8:45三国境==9:30小蓮華山==11:00白馬大池==12:00天狗の庭==13:00蓮華温泉
標高1470m 蓮華温泉ロッジ 蓮華温泉巡り ¥9500
8/7 蓮華温泉7:35–バス–8:35平岩駅 平岩駅8:53~JR~9:18南小谷—タクシー栂池高原駅 ¥1210
¥360
栂池公園→信州(未定)→24:00広島

穂高登山計画

穂高登山行程マップ

10/03 広島IC 4:20==一宮JCT==11:30 飛騨清見→飛騨高山→13:00 平湯=バス=14:00 上高地——17:00 横尾山荘 http://www.yokoo-sanso.co.jp/


10/04 横尾山荘1619m 6:30———9:30涸沢2309m10:00————12:30穂高岳山荘2983m http://www.hotakadakesanso.com/


10/05 穂高岳山荘2893m 6:00——-7:00奥穂高岳3190m7:20———9:20前穂高岳3090.2m9:30——-12:00岳沢ヒュッテ2175m——-14:00上高地1507=バス=平湯 ひらゆの森 http://www.hirayunomori.co.jp/


10/06 平湯→飛騨高山→九頭竜湖→福井==広島


準備 備品
雨具、着替え下着(速乾タイプ2枚以上)、防寒用(フリース、インナージャケット)、ヘッドランプ、救急セット(TAM用意)、スパッツ、手袋、帽子、靴下(2枚以上)、ビニール袋
リュック35l以上、リュックレインカバー、地図(TAM持参)、タオル(2枚以上)
非常食、水筒(1l、0.5L)

北アルプス散策 太郎平から折立へ

朝露に濡れるニッコウキスゲ

朝露に濡れるニッコウキスゲ

新穂高温泉から折立までの長い4日間の縦走も最終日となった
まだ、雲ノ平も回りたいし、薬師岳も登りたいが、体がもう限界である
朝の4時間ぐらいは良いが、それを過ぎると腰が重くなりめっきり足が遅くなる
まだ予備日はあったが、もう一日歩き気力もなく
今日は下って帰ることにする

太郎平から折立までのMAP

太郎平から折立までのMAP

今日の工程は太郎平小屋から折立まで3時間10分の下りのコースで、折立からバスと電車で富山に出て、広島に帰る
朝は調子がよいので、一気に下ることにする

»続きを読む・・

北アルプス散策 黒部五郎岳から太郎平に

10:00 赤木岳にガスがかかってきます

10:00 赤木岳にガスがかかってきます

黒部五郎岳の山頂で素晴らしい眺めを満喫した後、8:39に山頂から下り、太郎平に向きます
太郎平までの尾根は比較的緩やかで見晴らしの良い尾根が続きき、途中には高山植物の花々や雷鳥が迎えてくれます

黒部五郎岳から太郎平MAP

黒部五郎岳から太郎平MAP

楽な尾根道のはずですが、連日の疲れもたまりTAMはお疲れモード、ゆっくりとしたペースで尾根を歩きます
北ノ俣岳で昼食の弁当を食べて、太郎小屋に到着したのは14:00で地図のコースタイムは4時間ですが、5時間20分もかかってしまいました

雷鳥の親子がお出迎え

雷鳥の親子がお出迎え

»続きを読む・・

北アルプス散策 黒部五郎岳のカールを越えて

黒部五郎のカールから黒部源流が流れる

黒部五郎のカールから黒部源流が流れる

黒部五郎小屋からグロ部五郎のカールを登り、山頂から北ノ俣岳を経由して太郎平に向かう
天候は快晴、真っ青な空が広がる
豊富な黒部の源流はカールの至る所から流れ出し、登山者の喉を潤す

黒部五郎岳MAP

黒部五郎岳MAP

縦走三日目に入ると疲労もかなりたまる
朝から3時間は元気であるが、その後は足と腰が痛くヘロヘロと景色を眺めながら歩く
赤木岳付近からガスが出てくる、今まで雲ひとつ無い空は一気に視界が無くなる
北ノ俣岳に到着するとガスは再び晴れて青空が広がった

»続きを読む・・

北アルプス散策 双六小屋から三俣蓮華岳へ

双六岳の尾根から三俣蓮華手前の丸山

双六岳の尾根から三俣蓮華手前の丸山

双六小屋からは双六岳のカールを通過する中道で三俣蓮華岳へ、途中の丸山が三俣蓮華より標高が高い
三俣蓮華岳から黒部五郎小屋までは500mの標高差を下るが、途中から石が多く歩きにくい

三俣蓮華岳から黒部五郎岳

三俣蓮華岳から黒部五郎岳

»続きを読む・・

北アルプス散策 鏡平から双六小屋へ

尾根を下ると双六小屋

尾根を下ると双六小屋

鏡平から黒部五郎小屋までのMAP

鏡平から黒部五郎小屋までのMAP

鏡平山荘から双六小屋を経由して三俣蓮華岳に、少し休んで黒部五郎小屋に下ります
鏡平山荘から弓折岳の分岐までは標高差310m、ここから緩やかな尾根を経由して下ると双六小屋までは楽なコース

»続きを読む・・

北アルプス散策 上高地は雨だった

増水している左俣谷

増水している左俣谷

東京を出発した夜行バスはトイレもないので、夜中にはたいへんである。ふと目が醒めたらサービスエリアで停車をしたのでとりあえず用足しに、上高地には5時半に到着した
上高地は雨だった
さて、どうするかと上高地のビジターセンターで思案したが、C案はあきらめてプランBを実行することにする
B案は新穂高温泉に移動して、新穂高からワサビ平小屋を経由して鏡平小屋で宿泊、次の日は双六岳、三俣蓮華岳を経由して黒部五郎小屋宿泊する
翌日は黒部五郎岳、北ノ俣岳を経由して太郎平小屋で泊り、次の日は折立へ下山するコースである
岐阜側から富山に抜ける縦走コースで、TAMは初めてのチャレンジであるが、つい先週も北海道で大量遭難事故もあり、慎重にゆくことにする

新穂高から鏡平へのMAP

新穂高から鏡平へのMAP

今回計画した中では一番楽そうなコースで、このところ精進不足でメタボ気味となり体力が弱っているTAMにはちょうど良いかもしれない
新調したOSPREYの50Lのザックは、ほぼ満杯で重く腰にずしりと利いてくる
新しいカメラのK-7と14mmのレンズとの組み合わせも2kgはあり、すこし自信が無いが無理な時は引き返すつもりで行くことにする

»続きを読む・・

北アルプス散策計画

北アルプス縦走MAP

北アルプス縦走MAP

来週の東京の帰りには、北アルプスを散策予定
まだ梅雨が完全に明けていないようなので、少し天候は心配
体調を考えながら山小屋を渡り歩く予定・・・・天候が悪いようだとエスケープの予定
できれば富山の折立まで縦走したいのですが
今回は新しく購入したPENTAX K-7の撮影も兼ねてぼちぼちと行きましょう
»続きを読む・・

槍ヶ岳から大キレットを超えて北穂高に

中岳から槍ヶ岳

南岳から槍ヶ岳 快晴ですばらしい尾根歩きでした

何回も計画倒れになっていた、北アルプス槍ヶ岳、北穂高縦走に出かけました
今回の縦走はHHMとTAMの二人です
台風も無く、天気が続きすばらしい縦走でした涸沢カールはちょうど紅葉が始まっています
大キレットの縦走は危険度はさほどは感じませんでしたが、次々と危険なヶ所が続き休めません
三点支持を守って登ったり、下ったり・・・四つんばいと尻を着きながら・・・・
■1日目(9/27-水)
4:30広島発→11:50平湯→12:50上高地 →15:20横尾山荘
■2日目(9/28-木)
横尾山荘→槍ヶ岳→槍岳山荘 宿泊
■3日目(9/29-金)
槍岳山荘→大喰岳→中岳→南岳
キレットから北穂
南岳→大キレット→北穂高岳
北穂から涸沢
北穂高岳→涸沢ヒュッテ 宿泊
■4日目(9/30-土)
涸沢ヒュッテ→パノラマコース→屏風ノ耳→徳沢→上高地 →15:30平湯→23:00広島
■登山計画  | 以前の計画
blogram投票ボタン

»続きを読む・・

1 / 212