SOTECのブックタイプの解体と改造

SOTEC VL2200CBを解体 MBはAMDを組み付け


不調となったSOTECのPC STATION VL2200CBを解体してみました
ケースはなかなかスタイリッシュですので、手持ちのM-ATXのマザーボードを組み付けて改造してみることにします
元の仕様はCPU:Intel Celeron2GHz MEMORY:256MB(DDR) HDD:60GB と一昔前の仕様で、かなり非力ですね
これにAMD Athronに載せ換えてみます

娘のパソコンのリプレース

ケースは昔、人気の高かったホシノ金属のWindyに組立

人からいただいたSOTECのブックタイプのパソコンを娘は使っていましたが、画面が固まる、音が出ないなど不具合が続出
SOTECのパソコンはネットの噂では最悪のパソコンのようで悪評が高い
部品などは同じはずですから、なぜSOTECだけがと思っていましたが、我が家のパソコンもその例にならって・・もう寿命
手持ちの部品を使って新しく組立ます

MotherBoard MSI 790GX-G65 AMD AM3 DDR3
VGA内蔵 RAID
Memory DDR3 1333 1G×2 pqi
CPU AMD PhenomⅡBlack Edition X2 550 まだ市場で売られて人気は高い
HDD 1TB 7200rpm S-ATA Seagate
Power Antec Neo HE430 430W
TVキャプチャーボード I-O DATA GV-MVP/VS 地上、BS、CSデジタル
HDCP対応

比治山の陸軍墓地を散策

墓標が階段状に積み上げてある
カイの散歩は久しぶりに比治山に行くことにします
山の斜面を藪こぎして陸軍墓地がある日出生台に登ります
天気の良い穏やかな日ですね
この陸軍墓地は日清戦争、日露戦争で戦死した各地の兵士が広島で火葬されて故郷に帰ったそうで、そのためにこの比治山に墓を建てたそうです
太平洋戦争後、比治山は原爆の調査をするABCC建設のため、墓地は占領軍により破壊され、1960年にようやくこのように階段状に積まれ整理されました

出島のコンテナヤードにカイを散歩

今日は快晴です

天気がよい年末ですね
カイの散歩に出島にある国際コンテナヤードに行きます
空のコンテナが空き地に積み上げてあります

カイは水溜まりをウロウロ

日本は各地にコンテナヤードを乱立させて、ハブとなるコンテナヤードがないために、国際競争でかなり韓国に後れをとっているという内容のTV放映を思い出しました・・・このコンテナヤードも閑散としてコンテナが活発に動いていません
クレーンもほとんど遊んだまま、件の運営ですが人件費などかなりの無駄遣いなような、国としての政策が無く、借金漬けとなってゆく日本の行く末が気になります
民主党には期待していたのですが・・・
まあ、この空き地はカイの散歩の場所として重宝していますが・・・・

元、同僚達と忘年会

料理がでる前に飲み過ぎ

白島のQガーデンの裏にある”なかしま”で4人が集合して忘年会
料理がでる前にお酒を飲み過ぎましたね
リタイヤ組がほとんどなので、その後の話題でワイワイと

写真を仲居さんにお願いしたが、やはりピントはだめだった
まあ、もう酔っぱらっていますのでちょうど良いか
»続きを読む・・

AMDのCPUでパソコン組立

790GX-G65 MSIのマザー AM3 DDR3 グラフィック内蔵 

追加購入したDDR3

娘用のパソコンを古いマザーを使って更新しようと組み立てていたが、性能の低さにやはり時代を感じる、もうP4はあきらめてAMDのデュアルコアで組んでみることにする
中古品をあさってみて、ついつい欲張って選んでマザーを購入したが、家で良く見るとDDR3仕様であった・・・まさか中古なのでDDR2だろうと勝手に考えていた
手持ちにはDDR2のメモリしかないので、DDR3のメモリを購入する羽目になってしまった
»続きを読む・・

角島の牧崎風の公園 師走の角島温泉キャラバン

牧岬の草原に朝日が昇ります 向こうに見えるのが角島灯台の岬

角島は本土からカーブを描きながら海峡を渡る角島大橋が有名で、この橋は良くコマーシャルなどので使われています
ちょっと日本離れしたような雰囲気もある橋を渡ると角島で先端にある角島灯台がある岬が観光スポットですが、無料の駐車場がなくなんとなくすっきりしません
あまり有名でない東端のある牧岬に・・・ここは無料駐車場があり草原が岬に向かって広がり、すぐ横には冬の日本海の大波が打ち寄せている絶景のポイントです
また、すぐ横には新しいトイレもありキャンピングカー泊としては最高の場所です
»続きを読む・・

津黄の竜宮の潮吹 師走の角島温泉キャラバン

断崖に沿って潮が吹き上がります

断崖に沿って潮が吹き上がります

角島から油谷湾を回り込み大きく半島のように張り出し、海岸が綺麗な油谷をキャンピングカーでウロウロと、国道よりかなり離れていますのであまり通ることのない場所ですが、この場所には津黄の竜宮の潮吹があります
日本海が荒れると波が断崖の亀裂に沿って潮吹きのように岩の上から吹き上げます
今回はまだ波がさほど荒れていなかったので断崖の上から数mほどでしたが、30mも吹き上がるそうです

断崖の上には元乃隅稲荷陣社があり鳥居が並んでいます

断崖の上には元乃隅稲荷陣社があり鳥居が並んでいます

竜宮の潮吹は国指定天然記念物に指定されていています
この地帯は海蝕地形で岩の間にある流紋岩が波で削れて洞ができ、その洞内に打ち寄せる波が突入することにより、圧縮された空気が狭い隙間から外に出て行こうとして海水を一気に吹き上げる現象が見られます
北東の風が吹き海が荒れるとその高さは30mにも達することがあります
この奇観は龍神のなせるわざとして、広く里人の間に進行を集めて、干ばつなどには雨乞いに多くの人が集まったと言われています

»続きを読む・・

恩湯 長門湯本温泉ざんまい

深い湯船に、ちょっとぬるいお湯が掛け流し

師走の角島温泉キャラバンの最後は長門湯本の共同湯に行きます
恩湯は浴槽は石造りで深くてお湯は加熱しない源泉が掛け流しですので、冬は長時間浸かっていないとちょっと寒い
もう、昼からかなり時間が過ぎてあまりゆっくり出来ないので、適当なところであがります
う~む・・ちょっと肌寒いがすぐポカポカしてきました

温泉 ★★★★
恩湯の浴室は浴槽が二つあり、お湯の温度は同じですが深さが違う
花崗岩の磨き石で作ってある深い浴槽はなかなか良いですね、気に入りました
温泉データ
泉質:アルカリ性単純泉 PH 9.59 27~46℃
源泉かけ流しの恩湯のお湯はすべすべして気持ちが良い、温度はちょっとぬるめ
営業時間:6:00~23:00
入浴料金:¥200に値上げしていました
場所
山口県長門市深川湯本2265
TEL:0837-25-4507
訪問履歴
2007/07/16
2009/12/21
関連リンク
山口俵山温泉キャラバン(2007/16)
師走の角島温泉キャラバン(2009/12)

»続きを読む・・

日置町の千畳敷 師走の角島温泉キャラバン

広い芝が続きます 風力発電の風車が回っています

旧日置町で今は長門市にある千畳敷は小高い丘の上から日本海を眺めることの出来る、広い芝生の広場が広がっています
標高も330mあり、先端付近からの見晴らしは抜群ですね
冬ですがあまり風が強くなく天気がよいので散策しやすい、しかしさすがに他には誰もいません
レストハウスがありますが開店休業でしょう
カイは喜んで駆け回っていました
»続きを読む・・

角島大橋からの落日 師走の角島温泉キャラバンン

角島大橋ではまさに日没直前 左のチャペルの十字架が印象的

角島大橋ではまさに日没直前 左のチャペルの十字架が印象的


師走で皆忙しいのに、忙中閑あり・・・むりやり閑を作って、山口の角島大橋に夕日を見に行きます
連日の寒波で千代田や山陰は大雪、しかし山陽側は快晴、角島はそのちょうど中間で日が差したり、曇ったり
日本海の荒海を見ながら夕日を堪能しました
角島に渡り岬の先端でキャンピングカー泊ですが、風が強く一晩中揺れていました
»続きを読む・・

CEF白滝山ウインドファーム 師走の角島温泉キャラバン

直径は100m以上あると思われる風車

一ノ俣温泉から豊北、角島の特牛(Tokkoi)へ抜けるR435を下っていると右手に巨大な風車群が見えてきます
白滝山に建設中の CEF白滝山ウインドファームです
巨大な風車は全部で20基、山道を登って見に行ってみましょう、白滝山登山道の横を林道が続きます、山頂付近にはそこいら中に風車が乱立、林道も山の尾根を大きく削って縦横無尽に走っています
全部の道を走ってみてどこか抜ける道があるかと思いましたが、すべて行き止まり
また来た道を引き返すことになりました

角島方面には天使のはしごが

白滝山は北側には名前の由来の大きな滝のように見える岩肌が露出して、急な登山道が続く山ですが、頂上は緩やかな尾根が続き北側にかけては日本海への視界が広がる眺めの良い山ですが、この風車群で様子はすっかり変わって見る影もありません
一位ヶ岳から天井ヶ岳、白滝山へと続く尾根の最終地点です
林道をウロウロしていたらもう夕闇が迫ってきて、角島に夕日のスポットが落ちていた

»続きを読む・・

一ノ俣温泉で昼食 師走の角島温泉キャラバン

水辺までキャンピングカーが入れる場所です

広島から走ってきて一ノ俣温泉付近でお昼ですので、ちょっと景色の良い場所で昼食を作りましょう
ちょっとした貯水池がある場所ですが水辺まで入れて、雰囲気が信州のような場所です

カイも水辺で遊びます

»続きを読む・・

日野温泉 いこいの家 豊田町温泉ざんまい

家庭風呂のような小さな浴槽

家庭風呂のような小さな浴槽

豊田町には近くに一ノ俣温泉があり温泉が豊富のようだ
地図で表示された華山温泉を探したが見つからない
ナビが示した付近を大きなロデオキャンパーでうろうろとして、ようやく橋のたもとの細い枝道に日野温泉を見つけた
華山温泉は日野温泉に名前が変わってしまったのか??
地元専用湯のようで、市外の人は値段が高い
狭い浴室だが、お湯はぬめりが強くなかなかの湯である
お湯から上がってもポカポカと暖かい
ある意味ではお勧めかもしれない
多くの人が休憩室でくつろいでいたが、浴室は空いていた

温泉 ★★★★
建物は新しいが小さな施設
看板もなく非常にわかりにくい
あきらめかけたが執念で探し出した
温泉データ
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉
営業時間:10:00~17:00
入浴料金:¥500(市内¥300)
場所
山口県下関市豊田町大字日野14-2
TEL:083-766-0906
訪問履歴
2009/12/20
関連リンク
角島温泉キャラバン(2009/12)

»続きを読む・・

ヒデと元宇品の海岸を散歩

冬の瀬戸内海は少し波が高い

冬の瀬戸内海は少し波が高い


雪がちらつきますが天気は良く寒い日です
久しぶりにヒデとカイの散歩に行きます
いつものように元宇品の森を歩いて海岸に出ると、冷たい風で海は少し荒れていて海岸の遊歩道は波に洗われていたので、再び山道を歩いて帰ります
少し歩いて汗をかいたので昨晩のワインが抜けてきました
遊歩道の標識

遊歩道の標識

»続きを読む・・