新年温泉ざんまいキャラバン

はげの湯温泉 山翠旅館 仙人の湯

TAMの骨折した足の温泉治療もかねて、KHB病院の院長先生の指導のもと、新年の秘湯めぐりにKHB、SDK、SEI、TAMの4人で九州に行ってきました
今回はKHBさんのグローバルキャンピングカーのご厄介になりました
AWLのキャンピングカーに比べてかなりゴージャスな仕様で、少しリッチな秘湯めぐりとなりました

Continue reading

香住海岸温泉ざんまい キャンプと山陰温泉ざんまい

金曜日の夜から広島を出発です
どこに行こうか迷いましたが、温泉ということで 城崎 に行くことに決定して夜111時に出発

西粟倉の若杉天然林

西粟倉の若杉天然林

山陽道を姫路まで播但道に乗り和田山へここから国道9号線で八鹿まで、ここから312号線で豊岡、そして城崎へ朝4時に到着、
営業開始の7時までキャンピングカーの中で一寝入り、営業開始と同時に露天風呂で目を覚まし、とりあえず朝食
城崎の温泉街をゆっくりと移動しこれから日本海の海岸沿いに西に向かいます、断崖の続く道を上がり下がりして 竹野海岸へまたここから香住町へたくさん魚料理の看板につられて、温泉に入れてくれる旅館で昼の食事をすることに、威勢の良い女将につられて蟹とイカの料理を、また一風呂浴びてからいただきました

余部の鉄橋から吉備津神社へ

余部の鉄橋から吉備津神社へ

余部の鉄橋 を見て伊勢岬の御岬灯台(海面からの高さは日本一だそうです)しかしアップダウンと曲がりくねった断崖沿いの道を延々と走行してようやく浜坂に到着
ここから夢千代日記で有名な 湯村温泉 へ、そして鳥取を経由して53号線で智頭そして373号線で志戸坂峠の長いトンネルを越えて岡山県に、西粟倉 の黄金の湯に到着、ゆっくりと露天風呂を楽しみ 若杉天然林 でキャンプ
27日は智頭まで引き返し265号線で物見峠を越えて美作から香々美ダムから林道を走り笠管峠を越えて 奥津温泉 に到着また温泉です、花美人の湯を楽しみ中国道から岡山道に入り総社ICから 吉備津神社 をお参りして倉敷ICから山陽道で帰りました
いやいや温泉三昧の旅でしたSDKさんお疲れさんでした

四国 伊予長浜桜クルージング

伊予長浜の住吉公園に登ります

伊予長浜の住吉公園に登ります 昼食はここでお弁当

QPJさんのお誘いにより、まだ寒いのに四国長浜に花見に行くことになりました
行くときには岬での関アジ、関サバを期待していた人もいたそうですが残念でした
波が高く、今回は長浜どまりとなりました...また再挑戦しましょう

住吉公園から伊予長浜の街並み

住吉公園から伊予長浜の街並み

Continue reading

長崎ハウステンボスキャラバン

運河をボートで

長崎ハウステンボスにTAM家族とSDK夫妻そしてSEIと6人でロデオで行きました
金曜夜22時30分に出発して翌朝3時に武雄温泉に到着
仮眠をした後、朝風呂ですっきりとしてハウステンボスに、 まず頼んでおいたワッセナー(分譲別荘)には入ります
ミュージアム・アミューズメントで夜まで遊び、夕食にヒラメとイカの生き造り、 ソーセージそしてチーズを仕入れて豪華な夕食となりました
次の日はゆっくりとカナルクルーザーなどで見て歩き14時に出発、 19時に帰宅しました、皆さんお疲れ様でした

Continue reading

阿蘇地獄温泉キャラバン

SDKさんが阿蘇の地獄温泉に行きました

SDKさんが阿蘇の地獄温泉に行きました


hironaka02
温泉三昧の旅でした。こんなに女房が温泉好きとは思いませんでした。
とにかく地獄温泉では3カ所、黒川温泉では温泉手形を利用して3カ所、 さらにはげの湯温泉くぬぎの湯まで入って、大満足でした
走行距離も丁度1000Kmぴったりでした
今度はみなさんと一緒に行きたいものです
地獄温泉とくぬぎの湯及び阿蘇山頂砂千里の写真を添付します・・・・・・・ 25万画素の古いデジカメですのではっきりは見えませんが、 雰囲気は解るのではないかと思います。
今回の旅行にあたりSEIさん、ご予定があったにも関わりませずキャンピングカーの使用を快く譲っていただき本当にありがとうございます。
そしてTAMさん、お嬢様のご結婚おめでとうございます

hironaka03

ボートで別府温泉でAWL忘年会

紺屋地獄の泥湯はすごい

紺屋地獄の泥湯はすごい

AWLの忘年会をQPJさんの新しい32フィートのボートで周防灘、伊予灘を越えて別府温泉で
宿泊は泥湯で有名な別府温泉保養ランド(紺屋地獄)で
真冬の外洋は波が高く32フィートのボートは木の葉のよう
全員(例外を除き)船酔い
無事に到着した武蔵マリーナからレンタカーを借りて、九酔渓温泉から鍋山温泉を巡って、へびん湯探しでは林道を走ってセレナはちょっとかわいそうに
そのご宿泊の紺屋地獄でゆっくりとお湯を堪能します
しかし、別府保養ランドのサービスや宿泊施設はちょっと期待はずれ、20時になったら露天風呂の電気は切られてしまいました
食事も冷たくちょっとね
お湯は素晴らしいのですが、いまいち生かし切っていないですね
帰りは波が少し収まり、四国を回って広島に無事に帰れました

桂茶屋 九酔渓温泉
鍋山温泉
紺屋地獄
Continue reading

白山、飛騨、北陸キャラバン

白山スーパー林道のあとは飛騨の白川郷で観光

赤穂城に寄る

千里浜でイタリアン

TAM,SEI,QPJ,NGI

で白山のスーパー林道から飛騨、そして奥能登へ、ランプの宿もGOOD、 その外で味わったタンシチュウと千里浜でのスパゲッティ、今回は料理が評判良くなんとなく満足、帰りは赤穂城によりました

Continue reading

白山スーパー林道・能登半島キャラバン

白山スーパー林道にある滝を見ながらの野湯

白山スーパー林道にある滝を見ながらの野湯

TAM,SEI,QPJ+α、NGIで白山のスーパー林道から飛騨、そして奥能登へ
10/8~10/10、ランプの宿も良かった(風呂だけだけど)
その外で味わったタンシチュウと千里浜でのスパゲッティ、今回は料理が評判良くなんとなく満足、帰りは赤穂城によりました
Continue reading

蒲刈の県民の浜にクルーザーで

県民の浜にクルーザーで

県民の浜にクルーザーで

クルーザーでご機嫌

クルーザーでご機嫌

蒲刈に行き、クラブ員のファミリーで県民の浜へ、温泉と、網と、釣りに行きました
あこうの大漁で、 島に渡り漁師による各種料理で、腹いっぱいとなり全員満足...QPJさんありがとうございます
Continue reading

開聞岳登山と球磨川下り

開聞岳の3D地図

開聞岳の3D地図

球磨川下り

球磨川下り

TAM,SDK,NGIで、九州キャラバン
朝、キャンピングカーで指宿の山川温泉に到着、まだ温泉は営業していませんでした
天気がいい海岸線をうろうろと、海岸線の道は開聞岳に突き当たりちょっと南のほうに回ってみましたが、行き止まりのようなのでUターンして国道266号線に出ます
そこは日本で一番南にある駅があります、ここから開聞岳に向かってちょっと登った場所に駐車場が、ここから登山口があり、支度をして登りはじめます
森林帯の中で風景はよく見えません、5合目辺りでちょっと開けますが、後はまた森の中です
やがて道が悪くなり、岩や石が多くなってきました、8合目から雲の中に入り蒸し暑くふうふう言いながら登ります、山頂近くは岩でロープで登る箇所が続き、ようやく頂上に
残念ながら頂上は雲の中で見晴らしは利きませんでした
カップラーメンとご飯を暖め鯖缶で昼食、下りはラーメンで水を使い果たし、カラカラの喉で転げるように車に到着
冷蔵庫から出したビールがおいしかった!!
その後、鰻温泉で汗を流し、霧島の新湯に向かいます・・・新湯では夜大雨でしたが、朝には回復します
翌日は球磨川下りを楽しんで広島に帰ります
Continue reading

山羊のいる片島にクルーザーで

片島に上陸します

片島に上陸します

QPJがキャプテンとなるAWLのクルーザーをGET
なにを狂ったか金食い虫のボートでマリンライフとなり、なんとなく全員が協賛会員となり、 クルージングを楽しむことに
さっそく瀬戸内海の無人島にクルーザーで海水浴に
帰りは大雨となり、 QPJの操縦では頼りないので必死でレーダーに頼って(?)帰りました
Continue reading

GW東北をキャンピングカーで温泉ざんまい 東北温泉ざんまい

ロデオキャンピングカーがやってきました、試乗もかねてSEI、TAM & Tと 3人で5月連休に東北旅行に出かけました、最初に着いたのが秋田県の鳥海山です
天気もよく最高です、 このあと河原毛温泉、蔵王温泉、磐梯朝日、那須温泉と温泉三昧のキャンピングでした.. 今回は徹底したケチケチ旅行、食事はすべて自炊、宿泊はすべてキャンピングカーでお金の要る観光地は行かない... てな具合で1週間の旅でしたが3人で10万で済みました

1999/05東北温泉キャラバン

雪が残っている一切経山

ロデオキャンピングカーがやってきました、試乗もかねてSEI、TAM、TANと 3人で5月連休に東北旅行に出かけました、最初に着いたのが秋田県の鳥海山です
天気もよく最高です、 このあと河原毛温泉、蔵王温泉、磐梯朝日、那須温泉と温泉三昧のキャンピングでした
今回は徹底したケチケチ旅行、食事はすべて自炊、宿泊はすべてキャンピングカーでお金の要る観光地は行かない... てな具合で1週間の旅でしたが3人で10万で済みました

日程
1999/04/28 広島20時出発
1999/04/29 山陽道-名神-北陸道-新潟 関川町→庄内 酒田→月山→鳥海山
1999/04/30 鳥海山→小安温泉大噴湯→川原毛湯滝泥湯温泉 奥山旅館→川原毛地獄→鬼首→蔵王
1999/05/01 蔵王→蔵王温泉→蔵王山→磐梯吾妻 一切経山→那須温泉郷
1999/05/02 那須 北温泉→富山 小川温泉
1999/05/03 小川温泉→福井 永平寺→兵庫 城之崎温泉
1999/05/04 城之崎温泉→広島

Continue reading

法華院温泉山荘 久住連山温泉ざんまい

このお風呂は今はもうありません

このお風呂は今はもうありません(1994/05)

AWL九州Jeepingの途中から山歩きに切り替えて、法華院温泉に行って温泉を楽しみます

温泉 ★★★★
1994年にはお風呂は左の宿泊棟の地下にあった
営業時間:10:00~21:30
入浴料金:¥500
温泉データ
泉質:単純硫化水素泉
場所
大分県竹田市久住町法華院
TEL:0974-77-2810
訪問履歴・関連リンク
1994/05/01
2001/06/16
2003/06/13
2006/11/17
2009/02/12
平治岳・大船山・久住山(2001/06)
大船山・三俣山(2003/06)
久住縦走(2006/11)
三俣山登山(2009/02)
公式サイト

Continue reading

ブレーザーとカシータでスキー

ブレーザーでカシータを牽引

ブレーザーでカシータを牽引

ブレーザーでカシータを牽引して島根のミズホハイランドにスキーーに行きます
前の日からスキー場に到着、朝ゆっくりと起床してスキーが楽しめます
ブレーザーの大口径のタイヤにチェーンを巻くのはちょっとやっかいですが、4WDなので雪道は牽引してもちょっと余裕があります

祖母谷温泉 黒部渓谷温泉ざんまい

お風呂は真四角でプールのようです、モルタル塗りで何の変哲もありません

お風呂は真四角でプールのようです、モルタル塗りで何の変哲もありません

温泉 ★★★★
山小屋の素朴な露天風呂にお湯がたっぷり注がれていました
ここまでくれば観光客も少なく静かにお湯が楽しめます
温泉データ
泉質:単純硫黄泉・・・お湯は無色透明です
営業時間:
入浴料金:¥500
場所
富山県下新川郡宇奈月町黒部奥山
欅平から徒歩で約1時間、唐松岳、白馬岳の登山口に山小屋祖母谷温泉があります
TEL:
訪問履歴
1994/07/24
関連リンク
黒部渓谷キャラバン

Continue reading

ブレーザーで九州キャラバン

桜島の古里観光ホテル龍神の湯を見学

桜島の古里観光ホテル龍神の湯を見学 大きな象徴が後ろにあります

VFKとTAMの二人で、ブレーザーで九州キャラバン(1992/11/20~23)
九州の霧島にゆき、妙見温泉きらく旅館で宿泊
鹿児島の桜島にゆき、天草五島を走って、雲仙の山で車中泊
雲仙普賢岳、嬉野温泉でより湯をして帰ります

元祖忍者村 嬉野温泉 肥前夢街道

元祖忍者村 嬉野温泉 肥前夢街道

Continue reading

素泊りの宿 きらく温泉 妙見温泉ざんまい

きらく温泉ウエッブサイトより

裏山にある露天風呂 きらく温泉ウエッブサイトより

施設は鉄筋の古い建屋ですが、自炊も出来る湯治の宿ですがビジネスユースもOKだそうです
山の斜面に大きな露天風呂があります、お風呂は眺めも良く混浴でなかなか良い感じでした
VFKさんと九州旅行のときに予約なしで宿泊、コタツのある小さな湯治部屋に案内され食事はコタツの上で
値段は安いし、意外と料理もおいしかった
山の中腹にある露天風呂は側面が鉄の結晶でギザギザ・・良いお湯でした

温泉 ★★★★
妙見温泉郷の中心部でで国道に面しています 1Fが駐車場になっています
温泉データ
泉質:炭酸水素塩泉で特にカルシウム、ナトリウムカリウムイオン・マグネシウム・アルミニウム含有量多し
お湯は鉄分を含んだ硫黄泉で露天風呂は鉄分の結晶で出来ています
営業時間:10:00~16:00
入浴料金:¥500(露天風呂) 素泊り¥3880 自炊¥2685
場所
鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4385
TEL:0995-77-2337/dd>
訪問履歴
1992/11/21
関連リンク
ブレーザーで九州キャラバン

急に思いつき四国キャラバン(1989)

面河渓で ちょっと散策 日付は2/2になっているが服装からすると夏のよう

AWLのクラブを設立当時に、なんとなく高須のVFK宅で、急に話がまとまり四国にドライブに行くことになった

TAMのボンゴで四国の高松に渡り、とりあえず1泊・・・良く覚えていないが.松山の堀江から山に入った権現温泉ではなかったかと思う
次の日は松山は通り過ぎ、砥部によって石鎚山の登山口となる面河渓にゆく
ここから南下して、四国カルストにあるバンガローで1泊
翌日は四万十川を延々と南下して宇和島に.海岸に沿って松山に帰りフェリーで広島に

お袋が昔の写真がいるというので、写真を整理すると懐かしい写真が出てきた
1989/02/02と日付があるが、服装からすると冬ではなく5月頃のようだ、バンガローで泊まったときもあまり寒くはなかった
Continue reading