1 / 812345678

岳沢小屋から上高地へ

岳沢小屋から上高地に沢に沿って降る・・・後ろを振る帰ると穂高の山々がキレイ

最終日は岳沢小屋から上高地に戻る・・・まだ天気は快晴を保っている
昨日の下りのダメージで、膝と足が痛い、リハビリも兼ねながら上高地まで2時間の下り

8:05 風穴 冷風は感じなかった

8:36 ようやく遊歩道に


穂高縦走登山計画

上高地の梓川から穂高連峰を望む

上高地からバスで平湯のアナカンダ駐車場へ、平湯の温泉で汗を流して車で飛騨高山に
高山で古い町並みを散策して、東海北陸道から中部自動車連絡道で福井に、北陸道から舞鶴若狭道、中国道、山陽道で帰る

平湯の温泉で

飛騨の高山で散策

»続きを読む・・

吊尾根から前穂高そして岳沢小屋に

吊尾根を通って前穂高に 登山道はかなり危険 途中で三人の転倒、滑落者に出会います

穂高山荘から奥穂高に登り吊尾根を経由して紀美子平までは、標準コースタイムより1時間程度早く、調子が良かったが・・・紀美子平から前穂高への往復は予想外に時間がかかった・・標準コース時間は登り30分、降り20分だが、リュックをデポして登ったがとても時間どおりには登れない

通過した吊尾根を背景に


穂高縦走登山計画

紀美子平からの重太郎新道は高低差が大きく、傾斜も厳しい 大幅に時間が超過

また、紀美子平からの重太郎新道は予想以上に厳しい下り坂で、足と膝が完全に笑ってしまって2時間の予定が4時間要してしまう

重太郎新道を降る

岳沢小屋で生ビール

»続きを読む・・

穂高山荘から奥穂岳、吊尾根を経由して前穂へ

吊尾根から遠くに槍岳を手前に北穂高を望む、右手は涸沢カール

三日目は穂高山荘から崖のような岩山を這い上がり奥穂高に、気の抜けない吊尾根を経由して紀美子平へ、荷物をデポして前穂高の往復に挑むが、かなりハードでコースタイムは登り30分だがとても時間内には無理、昼食後に重太郎新道を降るが、この登山道は今回の計画で一番の誤算、コースタイムは2時間だったが、あまりの厳しさと膝の痛みで倍の4時間を要した

吊尾根をトラバース中

穂高山荘から垂直に近い岩山を登り奥穂高に 二人の娘たちは必死で岩を掴む

穂高山荘(2996m)6:35-–8:40奥穂高(3190m)8:00–-吊尾根-—最低コル(2926m)–-10:13紀美子平(2910m)–-11:20前穂高(3090m)–-12:20紀美子平12:40-–-13:08雷鳥広場–13:54岳沢パノラマ–-15:00カモシカの立場–16:34岳沢小屋(2170m)
穂高縦走登山計画

奥穂の手前でちょっと一息

吊尾根で娘たちは休息

»続きを読む・・

快晴の涸沢を穂高山荘へ

素晴らしい快晴 涸沢ヒュッテのテラスから涸沢カールの穂高連峰を望む 中央は北穂高岳(3106m)

昨日の大雨が嘘のような快晴となった二日目
横尾山荘から涸沢を経由して穂高山荘まで登る、計画の標準コースタイムは5時間20分でかなりの余裕のはずだが・・・
穂高縦走登山計画

白出のコルから笠ヶ岳山の夕焼

穂高山荘での夕暮れ

ザイデングラードから中央の前穂高(3090m)と左に続く北尾根、右手に前穂高から奥穂高への吊尾根を望む

参った・・・!!

涸沢ヒュッテで昼食を取り、予定通りに出発したが、パノラマコースで30分余分な時間を過ごし、ザイデングラートでは50分の予定を大幅に超過する1:30もかかって穂高山荘に着いた頃はバテバテヨレヨレの状態、このコースはさすがにキツイ
»続きを読む・・

雨の上高地から横尾に

小雨の舞う上高地、河童橋 穂高連峰は雲で見えない

娘二人を連れて穂高連峰縦走を計画、難コースなので時間をたっぷりと取って3泊4日とし、今週は台風の影響もあり天気の予報は良くないので、温泉旅行に変わるかもしれないが、後半の回復に期待して、真夜中の1:30に広島を出発
穂高縦走登山計画

名神から東海北陸道を走る

広島=広島東1:40===飛騨清見==高山==R158==9:40平湯(アナカンダ駐車場)10:00=タクシー=10:28上高地
(1500m)上高地11:10-–14:10横尾(1615m) 予定より早く出発したので横尾には早く到着
»続きを読む・・

山ゆきの計画(穂高縦走)

北アルプス穂高連峰 上高地から横尾、涸沢、奥穂高、前穂高、岳沢小屋、上高地と縦走

二日目 横尾から穂高山荘

三日目 穂高山荘から岳沢小屋

盆の後半に娘たちと山ゆきの計画をしていたが、お袋の入院で頓挫・・しかし、弟夫婦も帰広しているので出かけることに、体力にはかなり自信がないのでコース選定に迷った・・・エスケープする山小屋が多い、北アルプスの穂高に決定して、とりあえず山小屋の予約をする
夕方になって娘たちの登山用具を購入に出かける
»続きを読む・・

2018年元旦

長い間待たされて雲の上から2018年初日の出 ちょっと雲がありましたが瀬戸内が綺麗です

倉橋島の火山で初日の出を観るために、朝5時に出発

火山の山頂の大岩の上で待つ

雲のため1時間以上待たされました

駐車場から山頂までライトを忘れたので真っ暗闇を歩く・・・山頂には大岩があり、すでに数人の若者が、さすがに寒い・・水平線には雲が多く初日の出はかなり遅れるが、良いご来光で瀬戸内の島々が綺麗でしたね、下ると駐車場で振る舞いの豚汁とお汁粉・・・暖まって広島に帰ります
今年の元旦は天気が良く期待できそうな気分ですね

»続きを読む・・

深入山から三段滝へ

深入山で久しぶりの足慣らし

H-J58を足に使って

深入山は家族連れが多い

良い天気の祝日、久しぶりに光陽町のお兄さんと深入山と三段峡へJeepでゆきます
»続きを読む・・

右田ヶ岳登山

石船山(194m)から右田ヶ岳を望む ちょっと青空

石船山(194m)から右田ヶ岳(西ノ峯、中ノ峯)を望む ちょっと青空


天気が良くないが登山するころから雨は上がり、青空も時々見える
右田小学校の横に駐車して、天徳寺の登山口から登る
下ってから湯野温泉でひと風呂、すっきりして帰ります
右田山 山頂

右田山 山頂


右田山は標高426m

右田山は標高426m


»続きを読む・・

常盤公園から秋穂に

小雨の常盤公園をブラブラ

小雨の常盤公園をブラブラ


カモメがズラート並んでいる

カモメがズラート並んでいる


石炭記念館

石炭記念館


昼から秋穂に向かうが天気が悪い・・・防府の矢筈ヶ岳でも登ってでもと思っていたが、雨なので宇部の常盤公園に
石炭記念館を見学して、秋穂荘に向かう
明日は防府のNGIさんと右田ヶ岳に登山
»続きを読む・・

倉橋島の火山に登山

桂浜から火山、後火山へ 標高差は海岸からなのできっちり455m

桂浜から火山、後火山へ 標高差は海岸からなのできっちり455m

NGIさんと久しぶりに山歩き
倉橋島の火山(408m)後火山(455m)に登ってみます・・・しかし、あいにくと天気は悪い
到着すると小雨がパラパラ、少し止むのを待ってから登り始めます
スマホで雨雲の様子を確認しながら・・・おかげでカッパは不要でした・・・次は快晴の時に登りたい

火山の山頂 眺めは最高

火山の山頂 眺めは最高

しばらくのブランクも大丈夫

しばらくのブランクも大丈夫

»続きを読む・・

小笠原の父島から東京に

父島の観光船達が港の外まで送ってくれます 最後はダイビングして

父島の観光船達が港の外まで送ってくれます 最後はダイビングして

長い小笠原諸島でのキャラバンも終わりですね
15:30発のちちじま丸で東京の竹芝桟橋に
父島の二見港では見送りが盛大でした
小笠原太鼓の演奏、港に出ると島の観光船がすべて見送ってくれます
海は風が強まって波浪警報が出ていますが、大きなちちじま丸はあまり揺れることもなく航行します

港では小笠原太鼓で

港では小笠原太鼓で


ガジュマルの下で出航まで

ガジュマルの下で出航まで


»続きを読む・・

小笠原諸島 母島 乳房山登山

尖った先端が乳房山の片側 東側は急峻な断崖が続く

尖った先端が乳房山の片側 東側は急峻な断崖が続く 先端は石門岬

小笠原諸島の最高峰の乳房山(標高465m)に登る
朝から暑い、ちょっと動くと汗が噴き出る
しっかりと水をリュックに入れて登山開始、亜熱帯の森は木々が生い茂り昼でも暗い
おまけに、風が全くない・・・汗が止まらない、30分も歩くと体中、水をかぶったようにびしゃ濡れ
休み休み登るが汗が止まらない

大きなシダが南国らしい

大きなシダが南国らしい

ガシュマルの林

ガシュマルの林

»続きを読む・・

ケーブルカーが運休でしたので歩いて皿倉山へ

皿倉山からの展望 夜景は素晴らしいらしい

皿倉山からの展望 夜景は素晴らしいらしい 黒崎のホテルからは標高差は630mあった

仕事は順調に終わったので、ホテルで着替えると皿倉山に
昨年も登るつもりだったが、ケーブルカーの最終が終わっていた
今回は歩いて行っても間に合いそうだ、一生懸命に5kmを歩いて、帆柱のケーブルカーの駅に・・・なんと、今日から暫くの間は定時修理でお休み、がっくりですね
仕方ない、歩いて登るか・・・皿倉山は標高622m、今は17時、帆柱から落差は500mほど、頑張れば18時頃には登れそう

山頂にはTV塔が乱立

山頂にはTV塔が乱立

山頂には花が咲いている

山頂には花が咲いている

»続きを読む・・

比婆山縦走

山頂はガスがかかっている 比婆山はブナ林が良い感じ

山頂はガスがかかっている 比婆山はブナ林が良い感じ

久しぶりの山歩きは、県民の森に宿泊して比婆山縦走に
今回のルートは比婆山から吾妻山を往復して毛無山を抜けるコース
朝はガスの中で小雨が降っている、比婆山に登ってもガスは晴れない

大膳原で

大膳原で

高陽町のお兄さんと

高陽町のお兄さんと

»続きを読む・・

久住山 周遊登山

扇ヶ鼻の岩の間から久住山を 良く歩いたな

扇ヶ鼻の岩の間から久住山を 良く歩いたな

久住山を赤川温泉の登山口から登るコース、二人とも山歩きは久しぶり、ロートルは少し自信はないが、かなりの強行軍

箱庭のような久住山 中岳から

中岳から御池を中心に箱庭のような眺め 左から久住山、扇ヶ鼻、天狗ヶ城

久住山を巡る 天気が良くて気持ちが良い

久住山を巡る 天気が良くて気持ちが良い 正面は中岳

朝は、素晴らしい天気、朝湯を楽しんでから8時に登山開始・・・赤川からのコースは久住の中でも特に辛い
久住山から中岳、天狗ヶ城、扇ヶ鼻とまわり赤川温泉に
»続きを読む・・

久住登山計画

2001/06/17 久住 中岳分岐で

2001/06/17 久住山が正面 中岳分岐で 法華院から登る

8月が終わる頃は秋雨前線停滞で雨模様
9/3~4は晴れそうなので、高陽町のお兄さんと温泉と久住登山を

9/3 (木) 広島8:00—12:20湯布院(小鳥のたより)14:00—15:00長湯15:30–15:50七里田温泉16:30–17:00久住高原 国民宿舎
久住荘
9/4(金) 赤川登山口8:00(7:56)==1:30==9:30(10:35)久住山10:00==10:30中岳分岐==(11:43)中岳==(12:11)天狗ヶ城==11:45(12:51)久住別れ==(12:15星生山13:00 中止)==13:45(13:53)扇ヶ鼻==15:00(15:45)赤川登山口 赤川荘
16:00(17:00)久住—-6H—-22:00(22:00)広島  ( )実績

雨の立山縦走

雨の立山縦走 雄山から下ると雨は上がった雪渓を越えると室堂はすぐ

雨の立山縦走 雄山から下ると雨は上がった雪渓を越えると室堂はすぐ

予想通り雨となった立山縦走、雨の中での登りは辛い
雷鳥が出てきて慰めてくれた

雷鳥が出てきて慰めてくれる

雷鳥が出てきて慰めてくれる

雨の中ヒデも頑張りました

雨の中ヒデも頑張りました

一ノ越から室堂までは石畳

一ノ越から室堂までは石畳

予定通りに縦走は終えたが、一の越での宿泊は諦めて、室堂に下り一気に金沢まで移動
»続きを読む・・

立山に

室堂のミドリガ池から立山連山を望む

室堂のミドリガ池から立山連山を望む

朝、3時に起きて広島を出発
京都から大津まで渋滞、立山駅駅には1時間遅れ
ケーブルカー、高原バスと乗り継いで天狗平で降りてから室堂まで歩く、室堂を散策して地獄谷の横にある雷鳥荘に到着
今日はまだ天気はもっている

天狗平から室堂まで歩く

天狗平から室堂まで歩く

室堂に到着

室堂に到着

»続きを読む・・

立山三山をゆく(計画)

雷鳥坂から雷鳥荘、ロッジ立山連峰を見る

雷鳥坂から雷鳥荘、ロッジ立山連峰を見る 2013/09 劔山登山の写真から

極暑の街を離れて、3000mの清涼の高原に
今年の夏山は盆に時間が取れそう、娘のヨッシーと孫を連れて立山縦走を計画
ギリギリになって山小屋も予約完了だが、山小屋は雑魚寝、よほどの事がない限り泊まれる
これから準備をしなくては
最近は少し登っていないので、余裕を持った計画に

天気予報では下り坂

8/12 晴れ曇り曇か霧時々晴
21-10℃
4:00広島東IC==660km==立山IC11:00=23km=11:40立山駅12:20<<ケーブルカー>>12:27美女平12:40<<バス>>13:20天狗平
天狗平13:20—–14:10室堂—15:00雷鳥荘
らいちょう温泉 雷鳥荘
076-463-1664
 8/13 曇り曇か霧
16-8℃
雷鳥荘6:30—7:00雷鳥平—9:00別山乗り越し9:10—9:40別山南峰—10:40真砂岳10:50—-11:00大走り分岐—-11:40富士ノ折立–11:55-大汝山—12:30雄山13:00—13:40一ノ越14:00—-14:40浄土山南峰—14:50北峰—15:30一ノ越  一ノ越山荘
090-1632-4629
 8/14 曇り雨曇か霧一時雨
16-10℃
 一ノ越6:30—–7:30室堂8:00<<>>8:50美女平9:00<<>>9:07立山駅
立山9:20=======17:00広島
 グリーンパーク吉峰
花の湯館

剣山登山二日目

下りは二の森の分岐から行者コースを通る 険しい道が

下りは二の森の分岐から行者コースを通る 険しい道が

剣山ヒュッテは昨日がオープンで宿泊者は3人、ウエッブサイトでは28日オープンとなっているので知らない人が多いのかも
部屋の窓からは朝日が正面に見える
早く寝たので、朝食が終わると一の森への尾根を歩く

二の森への尾根を歩く

二の森への尾根を歩く

奥かずら橋に寄ってみる

奥かずら橋に寄ってみる

二の森から行者コースは通行止めとなって、よく見るとお花畑コースが崩壊らしい
太刀掛の松までは大丈夫のようなので行者コースを歩く
»続きを読む・・

剣山登山

剣山から次郎笈への稜線 熊笹が広がる

剣山から次郎笈への稜線 熊笹が広がる

高松で高陽町のお兄さんと落ち合って、翌日は剣山へ
さぬき空港からR193からR438へ県道で移動し、つるぎ町(美馬)に出る、再びR438は剣山登山口である見ノ越まで急坂とカーブの道が続く、約2時間で登山口に到着して、9:00に剣山に登山開始
素晴らしい快晴で夏空の広がる四国山脈を楽しんだ
コースは見ノ越→西島→剣山トラバース路→次郎笈峠→次郎笈(昼食)→丸石→次郎圾トラバース路→剣山
この日は剣山ヒュッテで宿泊、翌日に下山

剣山 登山マップ

剣山 登山マップ

剣山 登山地図

剣山 登山地図

»続きを読む・・

五剣山に登る

中腹から五剣山の山頂を望む かなり険しい

中腹から五剣山の山頂を望む かなり険しい

仕事が終わるとホテルで着替えて五剣山に
八栗寺から登る、かなり険しい、さすがにこの時間には誰もいない、梯子とロープで急な岩山の山頂に
落日を山頂で見たかったが帰りが怖いので日のあるうちに下る

八栗寺から五剣山を望む

八栗寺から五剣山を望む

五剣山山頂

五剣山山頂

»続きを読む・・

秋穂の勘十郎岳から大海山を周遊

大海山(亀尾山)標高324.6m 秋穂湾の先に周防灘が広がる

大海山(亀尾山)標高324.6m 秋穂湾の先に周防灘が広がる

久しぶりの山歩きは足慣らしで景色の良い大海山へ
標高は324.6mと低いが海に近いのでしっかりと高低差はある
千坊川公園に駐車→砂防堰堤→沢分岐→Aコース→勘十郎岳(西峰)→東峰→鞍部→白岩展望所→中岳→大海山(昼食)→立岩→30番札所→第一大正池→展望尾根→東展望所→東登山口→千防公園

天気に恵まれましたね

天気に恵まれましたね

NGIさんも久しぶりです

NGIさんも久しぶりです

»続きを読む・・

向原の大土山ハイキング

大土山の物見ヶ丸でカイと すっかり昔と様子が変わっていた

大土山の物見ヶ丸でカイと すっかり昔と様子が変わっていた

天気が良く変わる、土曜日も心配であったが
久しぶりに高陽町のNGIさんと大土山ハイキングで足慣らし

大土山の登山マップ 

大土山の登山マップ

論山提の先にある憩いの森キャンプ場に車を停めて登る
高天原も大きな鳥居が出来ていて昔とすっかり違う
山の尾根をぐるりと回って大土山に、ここには無線中継基地ができていて、物見ヶ丸も広場の面影はなく標識だけが変わっていない
なにもかも違っている大土山だった
»続きを読む・・

1 / 812345678