千代田でなんちゃってキャンプ

久しぶりに連続で快晴が続く、ちょうど時間も取れるので久しぶりにジープでキャンプに
どこにしようかと思ったが、お手軽にVFKさんの裏山に、甲斐犬のキクをJeepに乗せて昼過ぎに到着、夕食は山菜の天ぷらを、裏山の東屋で・・おいしかったですね
夜は遅くまで話が弾み、楽しい時間でした

VFKさんの裏山でワンポールテントを張ってなんちゃってキャンプ
夕食は東屋で山菜の天ぷら
Continue reading

甲斐犬のキクと散歩

甲斐犬のキクと元宇品の散歩 キクはファニーだな

甲斐犬のキクを散歩に連れてゆく、元宇品の山を歩く
力が強いので引き倒されないように歩くのに力がいる
安物のUSBルーターを購入して放置していたが、シムを入れてセットアップするがAPNなどがセットできず、動かない・・・スマホのデザリングで良いか・・・

USBルーターをセットしてみたが
キクのおねだり
Continue reading

企業のイベントに出店

今日は3年ぶりに開始される企業さんのイベントに出店です・・カレーのオーダーは400食で、無料で提供します・・しかし、始まると同時に行列となり、早くも13時には400食が完売、追加で100食提供しますが、炊飯器の調子が悪くなり、大変なことになりましたが、何とか14時の終了時には500食を提供・・・腰が痛いし、疲れました

産業会館の東館駐車場にキッチンカーをセット 他にも3台のキッチンカー
朝の7時半からセットして10時から開始
会場では舞台などがテスト中
Continue reading

陸上自衛隊海田駐屯地第13旅団創立祭 早くも売り切れ

陸上自衛隊海田駐屯地第13旅団の創立祭は、3年ぶりに開催
天気のも恵まれて多くのお客さんが、駐屯地内に
10時からの開催だが、9時半ごろから忙しくなり、あっという間に持ってきたコメを全部炊き終わって・・・・お米は4.5升×3=13.5升を用意したが、13時で売り切れとなってしまった
皿の数からすると300食近くまで出たようだ、クタクタになり15時の終わりまで、ゆっくりと片づけたり、食事をしたり
TAMは腰が痛いし、膝も痛い・・・ボロボロですね
夕方からは鳥取に出張です

写真を撮る暇もなく13時には売り切れて閉店となった まだ人は多いが、もう炊飯するコメが無い
マルシェのHRIさんがご挨拶
三人でフル稼働

バタバタと雑用を片付ける

キクの散歩が終わると、溜まっていた書類を整理して、投函して、まずは膝の診察に、その後、買い物に、牛カツ用の牛モモ肉を購入して、カレー用の食材などを購入
その後は、完了した仕事のレポートと、来年の仕事の計画などをしていると、夕方になった

キャンプで使用し濡れているグランドシートを乾かす
カレー用の牛のモモ薄切り(4mm)を5㎏、購入してくる

ペグ用の収納バッグを購入

テントの組み立て解体時にペグを持ち歩くが、袋ではうまく取り出せない・・・特にテントやターフの解体時には、すぐ入れておかないとペグが紛失してしまうので、すぐ入れられるバッグを購入した
PWT ペグケース/ペグバッグ/ツールバッグ/B100 (ブラック)、サイズ:41cmx14cmx13cm 重量:480g 材質:帆布、ナイロン、PVCなど

キャンプで泥だらけとなったチタンペグを洗います
ペグとハンマーを収納するバックを購入
コンパクトにまとまります
Continue reading

信州城巡りキャラバン 四日目

昨日の雨は真夜中には上がり、風が強くなった・・・おかげで雨に濡れたテントはかなり乾いてくれた・・・ゆっくりと朝食後、テントの撤収をすると9:30頃となる・・・帰りは旅行費用を入れたバックが行方不明のハプニングがあるが、中央道、名神と走る・・・吹田で中国道に分岐せず、名神から神戸線、加古川バイパス、姫路バイパスと走り、山陽道の下りがトンネル火災で通行止めとなっているため、2号線を走り備前ICから山陽道に入る・・・また広島東ICを乗越し、広島ICから高陽町へ、NGIさんと別れて家に帰宅したのは19時過ぎだった

雨の上がった、ながた自然公園キャンプ場の夜明け 風が強い 金曜日の夜はキャンパーは誰もいない
伊吹PAで昼食にとんかつ定食
エスティマでのんびり帰りましょう NGIさんと交代で運転

信州城巡りキャラバン 二日目(高遠城址、蓼科、小諸城址)

今日も素晴らしい秋晴れで気持ちが良い、まずは伊那の高遠城址にゆく、複雑な地形をした武田の城郭を巡るが、ほとんど遺構らしきものはない、当初はロマンチック街道から佐久に行く予定であったが、蓼科を抜けて温泉に入り、北八ヶ岳ロープウェイで展望を楽しみ、小諸城の懐古園に行く・・・まずは蕎麦屋で昼食をして、やはり武田氏が山本勘助に命じて築城させた複雑な城郭を巡るがあまり城壁や遺構が少なく物足りない・・浅間山を眺めるためにチェリーパークラインで高峰高原(標高2000m)まで登る・・・今夜はキャンプサイトには戻らず、上田の宿に、洋室で2食付き¥8300と安いが、中々よかった

今日も快晴、ながた自然公園キャンプ場から出かける
蓼科温泉 小斉の湯で朝湯 ここは昔、VFKさんと入った温泉

VFKさんと甲府にCJ3Bを運搬したとき小斎の湯に入る・・・もう13年前だ

小諸城址を巡る
Continue reading

信州城巡りキャラバン 一日目

NGIさんと一緒の信州キャラバンは、予定通り広島東IC6:30に山陽道に入り、新名神高速→名神高速→新名神→伊勢湾岸道→名古屋南JCTと走ったが名古屋第二環状線に変更できず仕方なく豊明ICで降りてガソリンを入れ、桶狭間の古戦場があったので寄ってから、有松ICから複雑な名古屋の環状線を走って中央道に、予定時間通りに伊北ICを降りて、長野県上伊那郡箕輪町ながた自然公園キャンプ場に到着する・・・薪と炭、そして近くの温泉の長田の湯の割引券を購入、オートサイトは林間ではない8番サイトに、少し道路に近い・・・テントを設営が終わることは、早くも夕闇が迫っている・・・あまり大きくないキャンプサイトには、他に5組ほどのキャンパーがいた・・・予約していたオートサイトは電源付きで三日で¥8,000と安い
みのわ温泉 ながたの湯の温泉に入って、キャンプサイトで夕食を作る

温泉にに入ってサイトに戻るとすっかり暗くなっている 料理をしてまずは一杯
ながた自然公園キャンプ場でテントを設営
夕食は豚肉たっぷりの豚汁を作る
Continue reading

信州城跡めぐりキャンプの旅

キャンプ道具のギアを整理します

信州へのキャラバンが、いよいよ来週に迫ってきました
今日はキャンプのギアを整理して、必要なものを手配して、小物品はホームセンターに購入へ
朝晩はかなり寒くなったので、テントでは防寒対策が必要ですね
テント内では薪ストーブを焚く予定ですが、念のために、一酸化炭素警報機を購入、食器やカトラリー類のためにバックを手配、その他、少し新しいギアも購入

カトラリー類収納バッグ
11/8
(水)
広島東6:30→E2 山陽道 > E1A 新名神高速 > E1 名神高速 > E1 東名高速 > E19 中央道624㎞→15:00伊那IC キャンプ場でテント組立
ガソリン¥11000+高速料金¥13400=¥24400
ながた自然公園キャンプ場
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪2084番地20 ¥8000(3泊4日)オートサイトAC電源あり
11/9
(木)
伊那8:30→20km→9:00高遠城跡11:00→麦草峠89・8kmkm→13:30龍岡城跡(佐久市)14:30→25.3km→15:10小諸城址16:30→23.6km→17:00上田市
走行161km ガソリン¥2880
ツーリスト 美乃和
長野県 上田市武石沖565-2 ¥8200/人(洋室ツイン2室 朝夕、食事付き)
11/10
(金)
上田8:30→20.5km→9:00上田城11:00→34km→12:00松代城14:00→115km→15:30伊那
走行145km ガソリン¥2610
ながた自然公園キャンプ場
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪2084番地20
11/11
(土)
伊那9:00→ E19 中央道 > E1 東名高速 > E1 名神高速 > E88 京滋BP > E88 名神高速 > E1 名神高速 > E2A 中国道 > E74 広島道 > E2 山陽道680.5km→17:30 広島IC
山陽道は播磨のトンネル通行止めのため中国道を経由
ガソリン¥11000+高速料金¥9800=¥20800
ガソリン(1600km)¥27490+高速料金¥26800+キャンプ¥8000+宿泊¥16400
概算費用合計¥78690(¥39345/人)
Continue reading

美祢に仕事、その後、もろもろの用事を済ませる

フェアーハンドハリケーンランタンに灯をともす 芯の幅は12.5mmだが、13mmを購入

今日は朝は早起きして、美祢の秋吉に仕事、少し早く帰って保健所でキッチンカーの営業許可証(10月に更新検査)を受取、コピーを自衛隊に提出、これで11/26開催の自衛隊創立記念日への提出書類は終わった・・・帰りに皮膚科に寄って帯状疱疹の診察・・無事に完治の診断
帰ると、ハリケーンランタンの芯が届いていたので、交換する・・・前の芯は1年前にヨッシーが回しすぎて落としてしまった・・・その後、落とした芯は回収できず、使われていなかったが芯を購入・・遅まきながら復旧

陸上自衛隊 海田駐屯地
ランタンの芯を取り付け
Continue reading

テントの乾燥と車庫の整理

今日は秋晴れなので、先週使ったテントを乾かす
雨が降っていたので、完全に乾かせていなかった・・・特にグランドシートがまだ濡れていた
ようやく倉庫を片付けてJeepを中に入れる、まだ奥はキッチンカーの屋根の成型がほったらかしのままで置いてある

先週キャンプで使用したテントを乾かす
車庫を片付けてJeepが入れるようにする
ようやくJeepを車庫に入れることができた

三日間のキャンプが終わり撤収します

キャンプ最終日は雨が上がって、太陽が顔を出す・・・朝食は、余った食材を片付ける・・サツマイモとジャガイモは昨晩の油で揚げる・・キャベツを辛しマヨネーズでいただく
ゆっくりと帰り支度をしながら、小物を片付けてゆく、10:30頃、テントを畳んでキャンプ場から出発、焼き物里である三川内の里に行ってみるが焼き物はあまりなかった、ちょっとおしゃれな蕎麦屋で昼食をして、広島に帰ります

中瀬草原キャンプ場 草原のヤードからは海が広がる壮大な風景
ようやく雨も上がって太陽が見えだした
残り物の食材を片付けながら、朝の朝食を
Continue reading

夕食は海鮮とマトンで

朝に、平戸瀬戸市場で仕入れた海鮮を焼いたりバター炒めなのでいただきます・・・塩味、醬油は使いませんが十分おいしい・・・夜は少し肌寒いのでテントの中にセットした、ストーブを薪をくべて・・・一気にテント内が暑くなります

サザエを焼きます バターを入れてバジルソースで頂きます
鮑をバター焼き
鯵フライをします 平戸はアジフライ発祥の地
Continue reading

平戸島と生月島を巡る

朝から細かな雨が降っている・・朝の食事を作って、今日は平戸島、生月島を巡る・・・朝、平戸瀬戸市場によると海鮮が安い、アワビ、サザエ、サバフライ、マトンを購入、氷もあるので詰めてクーラーボックスに、平戸島の南端となる場所は日本の陸続きでの最西端らしい、しかし平戸島には見るものが無かった・・・平戸のかえってガソリンを入れて平戸市漁協 旬鮮館で昼食、かなり並んで待ったが、安くておいしい海鮮がいただけた、その後、松浦史料博物館にゆく・・・雨っ降っているが、生月島に・・・・ここは西側の海岸線は綺麗だった、最北端の大バエ灯台の付近も眺めがよいが、風と横殴りの雨、平戸海上ホテルで入浴するが、お湯がぬるい・・温まらなかった・・・キャンプ場に帰るとテントは風にも耐えてしっかりと健在だった・・・夕食は海鮮を料理して堪能

長崎は今日も雨だった・・・ 二日目は朝から雨が降っています 朝のコーヒーを
平戸島の本州最西端に 途中は凄い道
夕食は購入した鮑を焼いて、味付けは胡椒とバター
Continue reading

長崎平戸でキャンプ 呼子でイカざんまい

出発は朝早くする予定だったが、少し遅れ、墓参りをした時はかなり遅れて広島を出発、途中は連休の初めなので車が多く、中国道で工事で渋滞、福岡を過ぎて唐津の手前で渋滞、呼子についたのは12:30頃、有名店は超満員なので、少し余裕のありそうなイカ料理店へ、イカの刺身や天麩羅はさほど変わらないと思ったが、なんとなくピリとしなかった
もう時間がないので、平戸に一直線、中瀬キャンプ場はロケーションが素晴らしい場所だった
できれば海の見える場所にテントを設営したかっったが、カーサイトからは海は見えない・・・次回からはフリーサイトでの予約が最適だな

平戸の中瀬草原キャンプ場 17時にテントを設営 素晴らしロケーションと草原が広がる
平戸にゆく途中で、呼子でイカを食べます
海の見える場所にテントを張りたかったな

テントを組み立て、買い物と温泉に、温泉は近くにあるサムソンホテル、お湯はかけ流しで露天もあり悪くはない・・雨は夕方から小雨が、夕食は豚汁を作ってキャベツといただきます・・・夜は早くから寝てしまった

Continue reading

ソロキャンプ

夜は早く寝たので朝は早い・・・夜はベッドに極寒用のシュラフでしたので暑かった・・・5時過ぎから明るくはなりますが、日の出は6時ごろ・・・珈琲を入れてのんびりとしましょう
10時半ごろから少しづつ片づけて、12時過ぎにテントとターフを梱包してJEEPに積み込み、鷹ノ巣山のオフロードを走り、鷹ノ巣山沿いに走って志和に出て、東広島バイパスに、市内に入る前に渋滞・・・日差しが暑い、焼けそうです・・・14時ごろに家に帰ります・・・良いキャンプ場ですが、近くに温泉が無いのは残念
久しぶりのジープの運転は乗用車と違ってかなり疲れる

朝が明けてきました 今日も快晴ですね 日の出が遅くなった
朝は少し肌寒い 火を起こして
県央キャンプ場の様子です 良いキャンプ場ですね、また来たくなります
Continue reading

県央キャンプ場にソロキャンプ

購入したストーブの初火入れ式を行う 中々良さそうです 次のキャンプで本格的に
県央キャンプ場の高台でテントを張る キャンプしている人数は少なかった

今週は久しぶりに仕事がない
前半に報告書などのデスクワークを片付けて、ソロキャンプに行く・・・荷物をソロキャンプ用にコンパクトにはするがストーブを積込むとH-J58では荷物が一杯になった
当初はVFKさんの裏山でもと思っていたが、稲刈りで忙しいそうなので、県央キャンプ場(鷹巣山)に行く
10時半に出発して、新しく出来た東広島バイパスで八本松に、ここから北上して福留町を過ぎて鷹ノ巣山を目指す・・・県央キャンプ場は無料ですが、奇麗に整備されています・・トイレは和式だが水栓で紙もあり良く清掃されています
11:40頃から設営を開始、大きな6人用のワンポールテントは30分で設営が完了し、ターフを設営します…完了後に福留町の道の駅湖畔の里に買い出しに
後は湯が落ちるまで静かな時間が流れてゆきます・・・林間を抜けて吹く風が心地よい
さて、夜になると肌寒いので、薪ストーブの初火入れをおこないます・・・一気の熱くなります・・・薪ストーブは、Soomloomペレット・薪兼用ストーブKK-STOVE・・・サイズ:使用時は(約)L620mmxW510mmxH475mm(煙突を含まず)、L620mmxW510mmxH2490mm(煙突の高さも含む)、煙突のサイズは(約)Φ63mm、高さ363mmx6本

夕食にはホッケを焼く
牛肉で焼肉 タレ無し、塩なし、胡椒のみ
始めはターフを無しと思ったが、やはりターフを張る
Continue reading

虹別から阿寒湖を経由して十勝の池田に

二日間雨が降ったりやんだりだが、今朝は珍しく太陽がぼんやりと見える・・昨日の夜から雨が降っていないので、少しテントが乾いて来たが、テント内は湿ている・・予報では昼から雨模様なので、テントを畳むこととにする・・まずは今日の宿を予約、8時から撤収開始、10時前に片づけが終わり、虹別オートキャンプ場を後にする、昨日までの走行距離は1490.7km
阿寒湖にゆきたいが同じ道は嫌なので、南下してにR274に入り、途中から山越の林道で阿寒湖にゆく、11時ごろになると予報通り雨が降り出し、一時は本降りとなるがやがて小雨となる・・・撤収のタイミングが良かった、雨の中の撤収は考えただけでゾッとする
長い林道をラリーカーのように駆け抜けて、ようやく阿寒湖に到着
阿寒湖の正面は観光地化している・・無料駐車場に車を置いて、阿寒湖のボッケに遊歩道を歩いて巡ってみる、その後、BAR DE PANで昼食にハンバーグステーキを注文するが、かなり量が多かった・・・腹一杯となった
阿寒湖の中心部はホテルと土産物やで湖は見えない、アイヌコタンも寄ってみたが、土産屋ばかり、阿寒湖の共同湯に寄ってみたが外来は禁止だった・・・あまり見る場所はなかったがボッケの探索コースがよかったかな
十勝に向かう途中で、野中温泉で硫黄泉を堪能して、オンネトーを経由して、またダートを長い間走って国道に、ようやく十勝の池田にある、十勝まきばの家に
今日の7時ごろに予約したのだが、宿の人に言わすと間違えてアップしたらしい・・・本来は泊まれることのできない値段で食事付き  今日の走行距離は139.3km

野中温泉の硫黄泉 素晴らしい 洗い場にお湯が溢れている
阿寒湖への山越えの林道を走る
遊歩道から阿寒湖
十勝まきばの家 ガゼボで食事をする
Continue reading

西春別温泉、硫黄岳、屈斜路湖を巡る

虹別オートキャンプ場では小雨が降っている・・昨日までの走行距離は1273.4km、美幌で入れた燃料は26.1L
11時ごろまでテントでのんびりとする、それから近くの西春別温泉(ペンションクローバーハウス)¥480 、お湯はナトリウムー塩化物ー炭素水素塩泉 源泉43℃で北海道独特の黒いモール泉だ
ミラミラカフェに行ったが休みだった・・虹別にあるキラリでお勧めの角煮定食を食べるが味が濃いのでもたれる(シバレル冬ならばよいかも)・・道の駅摩周湖温泉から摩周湖に行くが、流石に霧の摩周湖、霧でなのも見えないが、駐車場はしっかりと¥500徴収、仕方がない川湯温泉に降ろう・・・下に降ると、少し霧が晴れて来た、硫黄山にゆく、凄い噴煙と硫黄の臭い・・・さすがに山が生きている、その後、屈斜路湖の砂湯で少し休憩して第二硫黄山の林道を走る・・第二硫黄山のボッケは大したことはなかった・・・買い物をしてキャンプ場に帰る、洗濯して夕食にカルビクッパを作るがいまいち、雨は止んで曇り空だ
またも、スマホを探してバタバタ、寝袋の中にあった 今日の走行距離217.3km

虹別オートキャンプ場 朝は小雨が降っている
西春別温泉 ペンションクローバーハウス
硫黄山の噴煙はすごい
屈斜路湖の砂湯
Continue reading

幌加温泉から高原温泉、北見、虹別キャンプ場へ

幌加温泉鹿の谷で宿泊、北海道の夜明けは早い・・3:30頃から明るくなる、目が覚めたので温泉に入りにゆく・・・まだ薄暗いがお湯が気持ち良い 
日の出前で山の端が赤くなっている、今日も良い天気のようだ
娘たちが来る明日からは予報では雨になっていた 降らなければ良いが・・・さて風呂も入ったし、もう一寝入りするかな、外気温は暑くもなく寒くもなく丁度良い・・・4:10ごろには陽が上がる
幌加温泉鹿の谷は、かなり良心的な良い宿、いや山小屋か、販売している飲み物も安い、以外と思うが、泊まり客は多い
ここでは携帯は繋がらないし、WiFiも無い 公衆電話が唯一の連絡手段・・宿の手作りのパンフレットが素朴で良い、しかしゴミは自分で持ち帰る必要がある
いつもはお湯に入ると脚が痒くなるのだが、このキャラバンではあまり痒く無い
幌加温泉から三国峠、途中に高原温泉によって、北見に行く
北見から美幌を経由して美幌峠を抜けて、虹別オートキャンプ場でテントを設営する・・・朝から素晴らしい快晴だったが、虹別に到着するごろに小雨が降ってきた・・・明日からは天気予報では当分、雨が続く 今日の走行距離は255.4km

幌加温泉 鹿の谷 混浴露天風呂 眺めは最高 お湯もよい
内湯は三種類のお湯
夜明け前の朝湯
美幌峠 屈斜路湖が雄大 揚げイモを昼食に
Continue reading

晩成温泉から幌加温泉鹿の湯

晩成温泉で朝湯をして、のんびりしていたら、霧が出ている・・さて出かけるか、生花苗沼にゆく、使っていないようなB&Gの建屋がある、ここから大回りして湧洞沼にここには砂州に伸びる長い直線道路があるが最後は行き止まり、沼では多くの人が沼に入ってシジミを取っていた
帯広にゆき燃料を入れて(885.8km 34.46/L)埃だらけのエスティマを洗車して、駅前のスーパーで買い物、少し寂れている・・帯広の郊外で昼食はぶっかけウドンを食べたが、うどんに単に醤油を掛けるだけだった・・然別湖に行こうとして、間違えて然別温泉カノンの湯に、然別湖で湖底線路を見て山越えで糠平湖に、途中でキタキツネに出会う・・糠平湖でヒグマ珈琲
を飲み、士幌線の名残を訪ねてタウンシュベツ橋梁を遠くから見る
今日の宿は、幌加温泉鹿の谷、手前に廃墟の宿があり少しびっくりしたが、その少し上に新しい(?)宿があった 宿は年季の入った建物、若い夫婦で運営している・・夜の9時ごろまではいるそうだ・・ここの宿は食事は提供しない、各々自炊をすることになる、鍋、フライパン、皿や調味料は揃っているので、食材だけを用意すれば良い・・・ここの温泉は素晴らしい、内湯には三つの湯船があり三種類のお湯が注がれている、ナトリウム泉、鉄鉱泉、カルシュウム泉で、カルシウム泉が少し熱い、外に出て少し登った場所に露天風呂がある・・ロケーションも良く、久しぶりに良い湯に入れた・・・温泉は全て混浴だった・・温泉はかなり温もる、中々火照りが収まらない、チョット持ってきたウイスキーで一杯、肉と野菜を焼いて夕食
今日の走行距離は1018km-794km=224km走行

晩成温泉で朝湯 高濃度ヨード泉はアンモニア臭がする
生花苗沼 晴れていたが霧が出てきた
士幌線の線路跡 1987年(昭和62年)に廃線
Continue reading

日高町から襟裳岬を経由して晩成温泉

日高町の富川のビジネスホテルから出発、周辺をうろうろしながら襟裳岬に向かう・・・なんと途中でAWLが所有していたサファリとカシータとすれ違った、懐かしいまだ健在とは
今日は累計走行距離は794kmで昨日が480kmなので、314km走る

R336様似町の手前のトンネルの横にあるローソク岩と親子岩 岩にはウミネコがいっぱい
襟裳岬 久しぶり 最初は2013年 10年前か
日高町のサラブレッド
Continue reading

新日本海フェリー

ネットもほとんどつながらず、外の世界と隔離された一日、しっかりと何もしない孤独な時間を過ごすが、あっという間に苫小牧東に20:30に到着、今日は日高町のビジネスホテルに泊まる

新日本海フェリーのハマナス 新潟沖では青空
ブリッジ下のラウンジ
日本海沖を北上する
Continue reading

北海道キャラバンに出発

今日から北海道にキャンプを含めるキャラバンに、5月は少し体調が不調だが、何とか予定通り出発できた
キャンプ道具を積込み、ガソリンを満タンにして洗車、昼食をしてから14時過ぎに出発、敦賀には20時前に到着、走行距離は480kmでガソリンを入れると35lで13.7km/L
新日本海フェリーは敦賀フェリーターミナルを23:50に出発して、苫小牧東に24日の20:30に到着する
少し早く着きすぎたが、余裕があることは良いことだ

今回はエスティマで出発します iPadを縦にセットしてテスラ風に
舞鶴道を敦賀に 途中で大雨
出かける前にトンカツで昼食
Continue reading

2023年北海道キャラバン計画

昨年の北海道キャラバンは、出発の前日に長女がコロナに感染しキャンセルとなった・・・TAMも濃厚接触者で自宅待機、高いキャンセル料で散々だったので、今年は再びリベンジ
どうやら北海道キャラバンの予約が終わったので、キャラバンの工程が決まった・・今回は三人となるので、Jeepではなく、エスティマで行くことにする・・・かなりの荷物が詰めるので、半分はキャンプ場で過ごすことにする・・・娘たちは途中で合流して、メインは虹別オートキャンプ場を中心に、周囲を周遊する計画
甲斐犬のキクは連れてゆけないので、弟に世話を依頼

摩周湖
Continue reading

キャンプギアを整理して

首の痛みが少し楽になったんで、朝はキクを連れて京橋川の土手まで歩き、1時間ほど散歩・・・今は、元宇品はG’サミットの警備で森を歩くことができない
キャンプのギアを整理するために百金ショップにゆき、小物入れのボックスなどを購入・・帰りに昼食を購入して家で食べたが、あまりうまくなかった

キャンプギアを整理 百金から小物入れを購入
朝はキクを連れて京橋川を散歩
昼食はディオでトンカツを購入¥300と安かったが、イマイチ

九州キャンプ最終日

今日はキャンプ三日目、朝はゆっくりしてから片付けを開始・・・大きなテントは中の掃除が少し大変だが、解体は思ったより簡単、しかし風があるときは畳むのはたいへんだろうな
小国から日田に抜けて日田で昼食をと思ったが、どこも行列であきらめて原鶴温泉のあたりで鰻を食べる
やはりGWですので、高速では車が多いが、渋滞は無かった
18時過ぎに無事に帰着する

今日も天気が良い 阿蘇レインボーバレーでキャンプ三日目
レインボーバレーの敷地はよく整備されている
昼は筑後川の横で鰻の蒸籠蒸を頂く
Continue reading

九州キャンプ 阿蘇を巡ります

阿蘇の九酔渓から高岳を望む ミヤマキリシマが咲き始め

九州の小国にある阿蘇レインボーバレーでのキャンプ
昨晩はかなり冷え込んだ、朝は日が上がる前に焚火をして暖をとる・・・キクを散歩に遊水峡に行くと川から朝靄が立っている
今日は阿蘇方面を周遊

朝は寒い 焚火をします
朝靄が立ち込めるレインボーバレー
Continue reading
  • 2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930